2011年11月17日

ゆとりある生活、賢い家づくり勉強会

資金計画をきちんとしないと、返済総額で、500万円以上も違う!?
「いつかは欲しいけれど自分にはまだまだ...」

「おしゃれな高性能住宅は手が届かないから建て売りの方が...」

資金計画はライフプランを考えることからマイホームを建てようと思い描き始めるといろいろ不安が出てきます。

その中で、多くの家族が一番悩むのが資金のこと。それは、お家を購入する際に、ちょっとした知識を知っているか知っていないかで何百万円もの差が生まれるからです。

今の世の中は、知らないと損するし、知っていると得する。でも、正しい情報を知らないと損する。そんな時代です。だから、私たちの資金計画では、あなたの人生がゆとりある生活になるためのライフプランを考えることから始めます。

1.資金計画は、ライフプランを考えることから始めよう!

住宅の予算を考えるとき、単純に年収や現在の家賃から計算して、いくらなら払える、といった返済計画をたてる人がいます。しかし、ローンの金利が上がると返済額も当然上がってきます。さらに、毎月の家計の支出もご家族が年齢を重ねるごとに変化していきます。つまり、一生涯の家計の収支、つまりライフプラン全体を見つめ直すことが絶対に必要になります。

ステキなマイホームを建てることが家づくりのゴールではありません。
私たちが、家づくりで最初に大切にしていることは、ベストな資金計画を考えること。そのために、老後まで見据えたライフプランを考えるのです。

では、あなたのライフプランである人生の支出についてお話をしますね。
人生には、「住居費」「教育費」「老後費」と呼ばれる三大支出があります。

このことを知らないで、安易な資金計画を立て、お子様の教育費や定年後の生活に影響してしまうといったことは、絶対にあってはなりません。そう、家づくりは、これまでの家計をきちんと見直し、お客様の人生を根本から見直すのにもいい機会だと私たちは考えます。

家計の見直しで最初にすることは、無駄な出費や保険はないだろうか?ということを知ることです。そして、お子様の教育費や定年後の家計への備えは十分にできるだろうか?

お節介かもしれませんが、私たちは、家づくりを通して、大切なお客様の人生設計までご一緒に考えていきたいと思っています。

2.ご検討段階からお引っ越しまで、すべての費用の目安を知る!

ハイアーFPバナー広告お家づくりにおいて、すべての費用を知っているご家族は、全体の1割もいないのが現実です。
だから、私たちは、国土交通省など信頼できるデータを基準に算出したライフシミュレーションを利用して、一つ一つのご家族に適した安全な予算をもとに、家づくりにかかる費用の総額を算出しています。

実際に家づくりを始めると、建築費以外にも思いがけない出費が出てくるものです。引っ越して入居されるまでにかかる必要な費用などの総額を知ることで、安心して家づくりをすすめることができます。

また、後々別途請求が発生しないように、綿密な現地調査も行います。

ハイアーFPホームーページ

3.あなたにとってベストな住宅ローンを知る!

あなたは、住宅ローンの商品数がどれくらいあるか知っていますか?

答えは、住宅ローンの商品数はおよそ4800種類!

そして、この膨大な商品数の中から、あなたにとって一番メリットのある住宅ローンを選ばなければいけないのです。もちろん、どれを選ぶかによって返済額は大きく上下します。

そこで私たちは、高性能住宅の受けられるメリットを最大限に活かすことのできる住宅ローンを中心に、それぞれのお客様にとって最適なローンのご提案やアドバイスを行なっています。

どうして家づくりの会社が、住宅ローンのアドバイスをするのか不思議に思われるかもしれません。その一番大きな理由は、家づくりであなたに後悔をして欲しくないからです。

国の調査によれば、住宅を購入する7割以上のご家族が住宅ローンを組むそうです。しかしながら、多くの場合、どの住宅ローンがあなたにとって最適なのかは、あなたの判断に任せられます。

あなたにとってベストな住宅ローンを知る!多くのご家族が一生に一度の家づくりで、住宅ローンの知識もないのに、です。だから、私たちは、あなたが家づくりをして幸せになれたよ!家を建てて、ゆとりある生活ができたよ!そう笑顔で話をして頂けるように住宅ローンのアドバイスもするのです。

もし、あなたが「資金計画で失敗したくない!」とお考えであれば、随時開催している「賢い家づくりの勉強会」にご参加下さい!

必ずあなたの家づくりに役立つ情報をお伝えします。

「賢い家づくりの勉強会」のお申込みついては、下記のフォームへご入力をお願い致します。

賢い家族のいい土地を見つけるコツ

あの場所は、良いんだけど、土地の値段がなぁ~

土地の価格は良いんだけど、場所がなぁ~

賢い家族のいい土地を見つけるコツ私たち、どうしていい土地が見つからないんだろう?
あっ、先にあの土地を買われた・・・!!!

こんな経験をしたことはありませんか?

あなたに知って欲しいことは、土地は二つとして同じものはない!ということです。そして、一つ一つの土地は、すべて条件が違います。だから、それぞれの土地形状や特性を活かした家づくりが必要になります。

また、土地をお持ちでない方が家を建てるためには、必ず土地探しが必要になります。だけど、良い土地をみつけるというのは、いい家を建てるのと同じくらい本当に難しいのです。

失敗例として多いのは、土地にこだわりすぎるあまりに、無駄に広い土地や、建てたい家が納まらないような土地を購入してしまって、肝心な家づくりに影響が出たり・・・

家族と住む夢のあるお家が建てたくて始めた家づくりが、土地が見つからないために、大切な家づくりを置き去りにして、土地、土地、土地。。。

いい土地さえ見つかれば、いい家が建つという考えになってしまうのです。だから、土地探しでつまずくと、いつの間にか家づくりでもつまずいてしまうのです。だから・・・


家づくりのプロの視点から土地選びのお手伝い1.私たちは、家づくりのプロの視点から土地選びのお手伝いをします!

私たちは、物件概要等による土地のみに頼らず、お客様からヒアリングした内容をもとに候補地情報を入手すると、必ず現地に出向き調査し、周辺環境、ライフライン、法規上の性格までしっかりと確かめます。

そして、建物を造るプロの目で厳選した土地情報をお届けします。


「土地を購入される方のスケジュール」

土地案内プロセスとポイント
① 土地購入スケジュールの共有
 ■条件設定→候補選定→絞り込み→買付→契約→決済(土地所有権移転手続き)

② 土地購入の注意点共有と「物件評価シート」による希望条件のヒアリング及び優先順位の設定
 ■条件設定で重視することは、
 【「総予算」-「建物価格(+諸経費)」=「土地購入予算」】という考え方です。
 土地購入予算が確定したら土地条件の選定へ移行します。
 なぜ、先に予算取りが必要になるのかと申しますと、お客様の住宅ローン借入限度額や毎月無理なく返済できる額を考慮した総予算を基準にしておかなくては、土地選定を先に行っても、土地を選んだはいいが土地に予算をとられて、ご希望されている住宅が実現しない可能性があるためです。そのケースの場合最悪は、選んだ土地を断念するか、建物予算を削る必要がでてきます。

③ 物件の検索及び物件のご提案と土地購入予算とのバランス考慮
 ■エリア条件相場から見ての条件調整

④ 物件の絞り込み及び物件同行案内

⑤ 土地決定及び建物イメージ仮プラン
 ■詳細資金計画による予算共有と建物・外構工事等も含めた概算見積もり
 ■住宅ローン仮審査申請(ケースによってはこの段階より前になることもあります。)
 ■住宅ローン仮審査返答

⑥ 土地買付証明提出

⑦ 土地売買契約(手付・住宅ローン条件付売買契約)

⑧ 住宅ローン本審査

⑨ 住宅ローン本審査返答及び土地残金決済(所有権移転登記手続き)


2.建築家の設計で、どんな土地でも最大限に活かします!
建築家の設計で、どんな土地でも最大限に活かします!さらに、私たちは、建物のプロである建築家と手を組んで設計することにより、最大限に土地を活かします。一見狭すぎるように見える土地や、地形が悪そうな形状の土地であっても、実はいい家を安く建てられる土地であることが意外と多いことも事実なのです。

限られた予算の中で良い家を建てるためには、空間を活かす達人「建築家」の力を活用して、土地のネガティブな要素を打ち消します。そうすることで土地と建物を含めた、いい家を手の届く価格で提供することが実現できるのです。

将来を見据えた土地選び

将来を見据えた土地選び多くのご家族がいい土地の条件や土地選びの際、人気エリアや人気校区かどうかを気にされます。しかし、考えてみて下さい。

小学校区を限定し、子供本位に考えたつもりでも、10年後、20年後、子どもは成長し、親は歳を重ねていくはずです。

だからこそ、家を建てる場合、かたくなにエリアの条件を絞ってしまうより、例えば、森林や公園が充実しているかどうか、将来夫婦二人が快適に暮らせるかどうかと将来のライフプランまでしっかりと考えて選ぶ必要があります。

まずは、限定された狭いエリアにとらわれることなく、広いエリアから土地探しを一緒にしませんか?そのお手伝いを私たちはさせて頂きます。

もし、あなたが「土地選びで失敗したくない!」とお考えであれば、随時開催している「個別相談会」にご参加ください!

必ずあなたの家づくりに役立つ情報をお伝えします。

個別相談会のお申込みについては、
下記のフォームへご入力をお願い致します。


official blog ハウスコンシェルジュ facebook

ご相談・お問い合せ
TOP▲