熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

02.3_モデルハウス宿泊体験

住宅ローン減税の期間延長

皆さんこんばんは。

武谷です。

消費税率10%への引き上げが2019年10月から開始されますね。

消費税の対象となるのは建物部分だけで、土地には課税されませんが、

住宅購入予定者には、額が額なだけにとても気になるところです。

ただ、住宅の建築については、消費税の増税に伴う経過措置

取られることが決まっており、増税開始時の半年前の契約であれば

引き渡し時が増税後でも消費税は増税前の額で課税されることになります。

つまり、2019年3月31日までに住宅会社と工事請負契約を結べば、

引き渡しが2019年10月1日以降になったとしても消費税は8%となります。

schedule2.jpgのサムネール画像

ここまでは既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、

先日、新たな消費増税の対策が決まりました。

住宅ローン減税の期間延長です。

そもそも住宅ローン減税とは何ぞや?という方の為に簡単にご説明しますと、

住宅ローンを利用している方で、一定の基準を満たしている方を対象に、

所得税の一部を還元するといった制度で、10年間にわたって、

年末時のローン残高の1%が、確定申告で戻ってくるというものです。

今回の増税対策では、この住宅ローン減税が、

来年の10月1日から2020年12月末までに入居する住宅に限り、

3年延長され、13年間にわたって控除が受けられます。

11年目以降の3年間については、建物の購入価格の2%分を

3等分した額と、年末の住宅ローン残高の1%分の額とを比べて、

少ない方の額を所得税や住民税から控除するというものです。

20181204-00000030-kyodonews-000-2-view.jpgのサムネール画像
画像:共同通信より

住宅ローン減税自体が、本来納めるべき税金からの控除になるので、

人によって納税額が異なる以上は『控除可能額』と

『実際に戻ってくる額』は必ずしもイコールではなく、

また、実際に恩恵を受けるのは13年後の話です。

そもそも論ですが、2%増税になるということは、その分借入可能額が

圧迫されるという考え方もあります。今回の住宅ローン減税に関する

増税対策が本当の意味でどれだけのメリットがあるのかや、

また、その感じ方については人によってそれぞれではないでしょうか。

こういったお金の話は住宅購入を検討する上でとても重要で、

住宅購入後の暮らしにも大きく影響してきます。

住宅を購入する際、毎月の支払額にとらわれがちに

なったりもしますが、家計から出ていくお金は住宅ローン以外にもあります。

住宅を購入するということは、その後も掛かってくる

電気代や保険料、メンテナンス費用も同時に購入することを意味します。

このように、どんな家を建てるかで変わってくる費用もあるので、

家を建てるときの費用だけではなく、長く住み続けた場合の

トータルの費用まで考えてくれる住宅会社と家づくりを

検討されることをお勧めいたします。

では。





公開日: 2018年12月16日 23:41

お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP