熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00.3_スタッフブログ

自分は大丈夫

こんにちは☆

広報の水洗です。


今朝、こんなニュースがありました。

ある都内の焼肉屋さんで火災発生。
しかし煙があがり、小さな火があがっても誰もすぐ逃げようとしなかったのです。
店員が消火器で消火活動をして、一旦火は消えます。
しかし、煙と消火器の粉で店全体が真っ白。
そして店員の「避難してください」の一言で、ようやくみんな腰を上げます。

全員が外に避難し終わった後、瞬く間に店内は火に包まれます。
けが人がいなかったのが不幸中の幸いですが
店内に居合わせた人はこう言いました。

「まさか、こんな大ごとになるとは思わなかった。自分は大丈夫だろうと思っていた。」


19021_blog.jpg


実は、こう思ってしまう背景には
異常事態を「正常のことだ」と思うことで自分を守ろうとする心理が働くそうです。

そして、去年1年の火災事故で「逃げれる状態にあったのにも関わらず死亡してしまった人」は
全体の約10%。。

10人に1人、100人に10人の人が「自分は大丈夫」という気持ちから
逃げ遅れた、または忘れ物等で現場に戻ったことにより死亡に繋がってしまったのです。



前振りが長くなってしまいましたが

家づくりをする際にも同じようなことが起こりうるのではないかと思いました。

例えば「耐震等級について」


「自分の家は大丈夫だろう。」
「今の家の耐震性なら、どこも変わりはないだろう」


そう、思っているならば

もしも大きな地震が起こった時に「あぁ、家を建てるときにもっと考えておくべきだった・・・」と後悔するでしょう。


「住宅会社なんだから大丈夫」

残念ながら、そうではありません。
耐震等級でいうならば耐震等級1(建築基準法レベル)~耐震等級3(建築基準レベルの1.5倍)、さらには木造住宅には実施する決まりがない「構造計算」。

ひとことで「耐震」といっても、選択肢は1つではありません。


だからこそ、家を建てる人には「勉強」が必要なのです。

土地、家の間取り、インテリアなどのことは少し後にして
家づくりの"基本"となることを学んでください。



「危機感」


一生、住む家です。
人に流されることなく、自身で楽しい家づくりの道を開いてほしいなと思います。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最新イベント情報



公開日: 2019年2月12日 09:24

お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP