熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00_お知らせ

建築家のヒアリング

こんにちは☆


広報の水洗です!


家を建てる中で、おそらく1番楽しいであろう時間!


「建築家打合せ」

190305_blog3.jpg


R+houseが誇る、マイスターズクラブの選ばれし建築家が
お客様の生活スタイル、要望、夢などなどをヒアリングしカタチにしていきます。


その"ヒアリング"の中で、記憶に残っている場面があります。


それは、お客様と建築家が「トイレ」の話をしていた時です。


建築家:「トイレのスイッチは、トイレの外につけますか?中につけますか?」

お客様:「外で良いかな~」

建築家:「以前、設計を担当した、お客様の話なんですけど、トイレに入っている時に、お子さん(5歳くらい)が悪戯で電気を消しちゃうって言われてたので、その方はトイレの中に電気をつけたんですよ。そうゆうことは無いですか?」

お客様:「あ~、今はまだ小さいから無いけど、結構やんちゃだからあり得ますね~」

建築家:「でしたら、トイレの中にスイッチをつけていたほうが良いかもしれないですね。」

お客様:「そうですね~!そうしてください。」



という場面がありました。


「建築家」って、お高い(失礼)イメージありませんか?笑
レベルが高すぎて、庶民的な私には敷居が高いかも・・・・とか思っちゃいますよね。

でも実際、マイスターズクラブの建築家たちは、全然そんなことなくて
お高くもないですし、結構庶民的な話で盛り上がったりするので私はそんなイメージ払拭されていました。


ですが、↑のトイレのスイッチの話を聞いていて

「こんな細かいところまでフォローしてくれるの?!」と、私は改めて感激しました。


190305_blog.jpg


建築家の設計は、もちろん「わっ!カッコいい!!」「おしゃれ!!」という大きく驚くプランを設計します。


でも実は、トイレのスイッチのような細かい細かいところもフォローしていて
その「小さいフォロー」の積み重ねが「住んでから分かる快適」に繋がっていると思います。

お客様の生活に寄り添った設計をしよう、という気持ちがなければ
こんなヒアリングはできないですよね。


建築家の思いやりに心打たれた瞬間でした☆

190305_blog2.jpg


最新イベント情報はコチラ






公開日: 2019年3月 5日 11:50

お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP