熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00_お知らせ

霜月のはじまり

こんにちは(^^)/

広報の冨田です。

 

11月になりました。

霜月とも呼ばれる、秋と冬の境目の季節。

『雲海ラッシュ』のシーズンです(^^)/

ご存知の方も多いとは思いますが、

雲海(うんかい)とは、航空機など高度の高い位置から見下ろしたとき、に譬える表現。山で見られる雲海は、山間部などでの放射冷却によって層雲が広域に発生する自然現象による。

雲の海に山々がのように浮かんでいるように見えることから雲海と呼ばれる。(Wikipediaより引用)

 

私自身、写真では見たことはあるのですが、実際の景色を見たことが無かったので

カメラ片手に先日雲海チャレンジを遂行してきました。

 

前日チェックした天気予報では、湿度が高く風も弱い、朝方冷え込み日中との温度差が大きいという好条件でした。ただ、条件がそろったからといって100%見れるとは限らないのが雲海。とりあえず午前2時に起床して、車を走らせいざ阿蘇へ・・・

 

有名な雲海スポットが何ヶ所かあるのですが、今回はビギナー向けの大観峰へ向かいました。

真っ暗な道中、前方や後方に車を見つけると『この人たちも絶対雲海ですわ』なんて話をしながら大観峰へ到着。

夜明け前の薄闇のなか、展望所付近まで三脚を抱えて坂を上ります。

朝っぱらからいい運動になった、と感じるくらいには体が温まりました。

 

到着してしばらくすると、山々の向こう側から少しずつ夜明けが訪れます。

このタイミング~朝8時くらいまでが雲海タイム。

ドキドキしながらカメラの設定をしてシャッターを切りました。

すると・・・

 

S__200384515.jpg

 

大雲海~!とまでは行きませんが、阿蘇市内上空に雲の海が広がっていました

阿蘇市内の光が雲を彩り、幻想的に輝いています。

S__200384517.jpg

 

完全に夜が明けてしばらくすると雲海は消えてしまいましたが、朝日を浴びた山陵の美しさたるや。来て良かったなと心から思える時間を過ごすことが出来ました。

 

ところで、雲海の発生に湿度や風、温度変化が関係しているように、

『結露』にも温度と湿度が関係していることはご存知ですか?

 

寒い冬などに窓につく水滴をよく見かけるという方も多いのではないでしょうか?

結露のメカニズムを簡単に言うと、梅雨のじめじめして暑い時期にキンキンに冷えたジョッキに水滴がつく現象と同じです。

 

窓の結露は、目に見えるので、都度拭くなり結露防止シートを張るなりある程度対応することが出来ます。しかし、結露ができるのは目に見える窓だけではありません・・・!

 

お家の壁には、外の熱が家の中に伝わるのを防ぐ役割を持つ断熱材が用いられています。

しかしこの断熱材、正しく施工されていないと、壁の中に結露を招く原因になってしまいます。

 

壁の中となると、窓のようにこまめに拭いたりすることが出来ませんよね。

木造住宅にとって、結露は木を腐らせてしまう大きな原因となります。

木が腐ってしまうと、その匂いに誘われて白アリ達が寄ってきて、腐った箇所から食べてしまうのです。

 

そうなるとお家はボロボロに。補修工事で済めばまだいいかもしれませんが、

ひどい場合は建て直し・・なんてことにはなりたくないですよね。

一生に一度の大きな買い物であるマイホームの購入。

せっかく買うのであれば、60年、100年と住み継ぐことが出来るようにしたいものです。

 

では、長く住み継ぐことが出来る丈夫で快適な家を創る際、

いったいどのようなことに気を付ければいいのでしょうか?

この続きは、今月開催される『後悔しない為の賢い家づくりセミナー』にて

ぜひお確かめください!

 

沢山ある住宅会社を選ぶ判断基準、家の性能の見方、土地を選ぶ際の注意点やポイントetc....知って得する情報満載でお届けしております。

 

ご予約・お問い合わせは

本社℡【096-346-0230】玉名店【0968-72-8111】まで、お気軽にお電話お待ちしております!

 

 

公開日: 2019年11月 1日 13:16

お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP