熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00.3_スタッフブログ

地鎮祭のお供え

こんにちは、総務課(経理・人事)の福嶋です。

 

先日、お客様の地鎮祭に同行してきました^^


191104_0045.jpg

 

こちらのお客様は荒木のお友達ということで、荒木もいつも以上に

 

ニヤニヤ、、、いや、ニコニコで地鎮祭を進めていました!

 

地鎮祭の流れなどは、私や他のスタッフのブログでもご紹介したのですが

 

今回は地鎮祭の時にお供えするものについてです!

 

まず、地鎮祭で用意するお供え物のことを神饌(しんせん)と言います。

 

神様へお供えするものなので"良いもの"を選びます。ここでいう"良いもの"とは

 

値段が高いという意味ではなく、旬のものだったり、新鮮なものという意味です。

 

では次に用意するお供え物は

 

ますお酒です。

お酒は清酒であれば大丈夫です。お神酒用のとっくりなどに入れてお供えする場合は

 

ワンカップなどで大丈夫ですが、熨斗を付けて整えてお供えしたい方は一升瓶でお供えします。

 

次にお米。洗米が指定される場合もあるそうです。

 

塩、水。お水は水道水でも飲料水でもどちらでもいいようです。

 

餅、海の幸、山の幸、乾物となります。

 

海の幸ですと、尾頭付きの魚で一般的には鯛を用いられます。

 

山の幸ですと野菜や果物になります。

 

新鮮なものであればいいですが、その時の旬なものを用意したりします。

 

また、地下にできる根菜や芋類と、地上に実る野菜の両方を用意するのが

 

ベターとされるようです。

 

お供えする台に乗り切れないような大きな野菜は、供えにくいため避けた方がいいかもしれません。

 

夏季など生の魚であると傷んでしまいそうな場合は、するめで代用することもあるそうですよ!

 

乾物は、スルメやワカメ、昆布・椎茸・干瓢など何でも構わないそうです。

 

お供えしたものは、地鎮祭の間に神様に食べて頂くので、地鎮祭後にこのお供え物を

 

食べることはOKです!ただ神社によっては食べ方もあるようです。

 

例えば、先月同行した地鎮祭では、お供え物の鯛を食べるときは刺身か煮つけで

 

と宮司さんが仰っていました。焼くということは、火を連想させるからかもしれません。

 

今回お供え物などご紹介しましたが、その地域や神社によっては追加で必要だったり

 

要らないものもあると思いますので、ご自身のお家で決められた宮司さんが

 

いらっしゃれば確認されてみてくださいね(⌒∇⌒)

公開日: 2019年11月 5日 18:22

お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP