熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00_お知らせ

アドバイザーブログ 津川 あずさ / 郡山 俊介 / 武谷 英伸 / 増井 昭浩 / 荒木 宏孝

手間をかけ、完成に至るのがオーダー住宅

こんにちは!


BAUHAUS.の西宮です!


工事を担当してますので


宜しく御願い致します!



今日は、モルタルの床についてお話します。


morutaruDSC1689.jpg


モルタルは


セメントと水と砂を使って作ります。

 


その日の調合


その日の水の配分


そして、その日の練り方で


毎回違うものになります。


似てはいても、同じものとは言えません。


morutaruDSC_0028.JPG


工業製品のように大量に作るのではないので


同じものという訳では無いのです。


morutaruDSC_00272.jpg


左官さんたちが、精一杯練ります。


玄関床に広げて


均一に仕上げると


微妙に色合いが違ってる部分があります。



工業製品のような同一ものとは違い


どうしても濃さに違いが出来ます。


タイルとは違い、しばらくすると


意図しない模様のようなものが入ったりします。



その模様は、人の手が作るのではなく


自然というのか


偶然とでもいうのか


意図しない出来事なのです。



どんな一流の左官であっても


予想をしない部分です。


そういった偶然の出来事を選ぶお客様も多いのです。


morutaruDSC1736.jpg


無垢の床材も同じようなものです。


一枚一枚、貼りあげます。


通常の合板フローリングの3倍程度の時間がかかります。


そして、その床材は


同じ模様、同じ年輪の無垢フローリングとはなりません。



年輪も、濃い色もあれば、薄い色もあります。


床材やモルタルには表情があり


その表情に自然の息吹を感じる事が出来ます。



手仕事だからこそ出来る風合いを愉しむ。


オーダー住宅ならではの産物です。



人が造るからこそ価値がある。


なぜなら、良い家に住んで欲しいという思いがあるからです。



私達が提案したいのは、たった一つの住まいです。


他人と同じものが良いと思う方もいますが


たった一つの自分の家を持ちたいというお客様もいます。



私達は、たった一つの家を持ちたい人を応援したいと思います。


お子さまと同じ愛情を、住まいにあげられるように


たった一つの我が家を作りましょう。



ここ最近、ブログの文章が硬いので


次からは柔らかめにしたいと思いますので


今日はここまで!


でわ、次のブログでお会いしましょう!

公開日: 2020年11月 7日 06:18

お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP