熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

アドバイザーブログ 津川 あずさ / 郡山 俊介 / 武谷 英伸 / 増井 昭浩 / 荒木 宏孝

間取りが重要な理由があるからこそ、建築家がいる

こんにちは!

 

BAUHAUS.の西宮です!

 

工事を担当してますので

 

宜しく御願い致します!

 


家は3回造らないと理想の家が出来ない!

 

昔から言われている話ですよね。

 

私の長~~~~い経験でも

 

お一人だけ3回建てた人がいました。

 


1回目は、自分の気に入るように間取りを作ったそうです。

 

ヒノキの風呂を畳3畳分の大きさで作って

 

浴室が6畳あったとのことでした。

 

当然、寒いし、ヒノキのぬめりが酷くて

 

しかも広いから掃除が大変だったと言われてましたっ!

 

 

2回目は、マンションを購入して買ってすぐにリフォーム!

 

しかし、マンションの管理組合の煩わしさや

 

駐車場が1台しか停めれないなどで断念!

 

そして、やっと希望の間取りの住宅を建てるようになりました。

 

しかし、要望はシンプル!

 

『一番いい間取りを持ってきて!』

 

非常にシンプル!

 

その時の建築家も

 

希望を聞いた内容をヒントに

 

インタビューを中心にして

 

自分の引き出しを最大限に広げて提案をしてました。

 


就寝前にお風呂に入りますか?


それとも帰ってきたらすぐにお風呂ですか?

 


普段の休みは、午前中からどこかに行きますか?


朝はユックリとして、午後からお買い物ですか?



希望とは違う。

 

インタビューから普段生活のスタイルを考えて

 

お客様の要望(本当に必要な希望)を叶える。

 

希望だけを合わせて


くっつけた間取りではないのです。

 

しかし、それが将来の住む家に合うのか?

 

 

家を3回という話は、

 

私の私見ではあるのですが

 

結婚した当時は二人きりですよね。

 

狭くても大丈夫だったのですが

 

子供が産まれると

 

子育てが出来る周辺環境なのか?

 

子育てに良い家なのか?

 

暑い・寒いといったストレスを感じにくい性能なのか?

 

などなど、家族と家の関係性が変わります。

 

そして、終の棲家へ

 

子供が巣立っていき、

 

また、二人きりになるのです。

 

使い勝手の良い間取りが必要だったり

 

趣味の部屋があったりと

 

二人になっても楽しめる間取りが必要になります。

 

このように住宅の間取りは、生活スタイルとの結びつきが


とても重要になってきます。


どの年代を中心に考えるのか?


それともバランス良く


各年代と生活スタイルを考えた間取りを造るのかが重要です。



 

バウハウス.の建築家たちは

 

沢山のお客様と打合せをしています。

 

職業や年代も様々です。

 

ですが、お客様との打合せの中で

 

優先事項や要望の強い間取り等に

 

建築家というシェフがデザインという調味料を


アイデアというテクニックでプラスワンの提案をします。

 

 

もしかすると建築家は

 

『今、話をしているお二人(御客様)には

 

現在の希望を叶えることも大事だけど

 

この間取りで快適に過ごし

 

そして、今後の実り豊な人生を歩んで欲しい』と思って

 

本当に必要な希望を考えた

 

要望という最後の隠し味で提案しているのかもしれません。

 

料理と同じように

 

間取りも描けば描くほど

 

今までに見たことのないような間取りが生まれます。

 

 

そして、その間取りは

 

家族に寄り添うような間取りへと変化します。

 


将来の住む家の想像は難しいのかもしれません。

 

ですが、経験(沢山間取りを描いた)という一番の強みが

 

建築家の魅力の一つのような気がします。

 

 

お客様の引き出しを開けるために

 

建築家は、建築の勉強以外にも

 

話し方や提案のディスカッションがあります。

 

営業マンが描くのではなく

 

経験値の低い建築士が描くのでもない

 

沢山描いて住んだ人たちに喜んでもらったという自信が

 

建築家がいる理由なのかもしれません。



次の、新しい間取りが見れる事を楽しみにしつつ

 

今日はここまで!

 

でわ、次のブログでお会いしましょう!

公開日: 2021年2月13日 21:42

お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP