熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00.3_スタッフブログ

アドバイザーブログ 津川 あずさ / 郡山 俊介 / 武谷 英伸 / 増井 昭浩 / 荒木 宏孝

工務の仕事は、監理以外にもある

こんにちは!

 

BAUHAUS.の西宮です!

 

工事を担当してますので

 

宜しく御願い致します!

 

 

毎週木曜日の朝礼前に社用車の掃除をしてます。

 

普段使っている社用車をキレイキレイにします!

 

工務で使ったり


アドバイザーや広報も使ったりしていますが

 

工務で使うと

 

現場のホコリや木くずなどが車に散乱します。

 


乗るたびに清掃はしていますが

 

それでもホコリなどが残っていたりするので

 

改めて掃除をしてます。

 

掃除が終わって


みんなの様子を確認していると

 

宇野君と社内大工の島田君が道具の清掃をしてました。

 

 

souziDSC_0001.JPG

 

現場清掃用の掃除の中身のフィルターを洗って

 

外部のホコリを落としてました。

 

最近、道具の大切さを覚えた宇野君

 

清掃道具をキレイにして

 

その道具を各お客様の現場で使います。

 

もし、お客様が見て


かなり汚れている掃除機と

 

汚れが少ない掃除機では

 

見た目の印象も違ってくると思います。

 

ここ最近の宇野君の成長のスピードに驚いてます!

 


社内大工の島田君!

 

前現場が終わって

 

社内での作業や

 

他の現場の応援など

 

沢山の仕事が待っています。

 

でも、今日は、社内で社用車の清掃と

 

道具の清掃もしてました。

 

souziDSC_0002.JPG


島田君は大工でもあるので

 

道具の大切さは十分にわかっています。

 

しかし、いつも使う高価な道具と

 

いつも使うけど安価な道具では

 

清掃の頻度が違っており

 

とくに電源コード、通称ドラムの

 

清掃までしている大工さんは初めて見ました。

 

大工さんって

 

職人さんの中でも

 

こだわっている人が多いです。

 

道具を大事にしている大工さんがいると思うと

 

なんか嬉しいですね。

 


昭和の頃の大工さんは

 

釘を曲げたとしても

 

叩いて、真っすぐにして使ってました。

 

ドライバーでネジを締めて

 

ノコギリで木を切って

 

金槌で叩いてました。

 


さすがに最近は


電動ドリルでネジを締めて


電動のこぎりでジャーンと切って


機械で釘を打ちます。

 

それでも

 

若い人たちが道具を大事にしている姿は嬉しいですね♪

 


買えばすぐに新しいモノが使えます。

 

でも、モノを大事にする心は

 

造っている建物を大事にする気持ちに繋がります。

 

 

現場監理以外にも

 

工務の仕事は沢山あります。

 

その中でも基本の掃除!

 

その作業を大事にする気持ちを

 

これから入ってくるスタッフにも教えたいと思った

 

爺ぃの言葉です。

 

今日はここまで!

 

でわ、次のブログでお会いしましょう!

公開日: 2021年5月14日 18:52

お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP