熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00.3_スタッフブログ

アドバイザーブログ 津川 あずさ / 郡山 俊介 / 武谷 英伸 / 増井 昭浩 / 荒木 宏孝

未来の君に残せる、ボクたちからの贈り物

こんにちは!

 

BAUHAUS.の西宮です!

 

工事を担当してますので

 

宜しく御願い致します!



今日は・・・


『脱炭素社会に向けた住宅・建築物の省エネ対策等のあり方検討会』


についてのお話です!



いよいよ話が決まってきました!


建築業界の高断熱化への動きです!



この検討会というのは、


国土交通省・経済産業省・環境省の皆さんと


有名な大学の教授さんや


知事や有名人などが参加している会議です!



前回の5月19日の検討会では


2030年目標として


ZEHやZEBの実現を目指すことと


省エネで快適に暮らせる高断熱住宅という話で終わってます。


次の6月3日の検討会の中で


骨子案(だいたいの目安の法律)が決まります。



ただ、準備期間を設けるようになるので


実際に高断熱住宅が絶対条件になるのは


もう少しあとになりそうですが


優遇処置も検討されます。



税金や融資も優遇できそうなので


高断熱住宅を作っている建築会社としては


良いことになりそうですね!




こういった動きって


実は、今の人達には省エネで暮らせるメリットがありますが


将来の子供さんやお孫さんにも関係します。



去年、世界中で車の移動などが減ると


気温が少し下がりました。



高断熱住宅の良い点は


省エネで暮らせるので


温室効果ガスを減らせる=次世代の子供達の環境を守る


といったこともあります。



年々、熱くなっているのは


温室効果ガスの影響が大きのは間違いありません。



そして、その影響は未来の子どもたちがツケを払います。



今、僕等が頑張っていることによって


未来の子どもたちの世界が住みやすい世界になります。



高断熱住宅、そして気密を高めた住宅



こういった住まいに住むことにより


地球の環境を守ったり


未来の子どもたちへ豊かな世界を贈ることが出来ます。


高気密高断熱住宅に住む人って


ある意味


地球環境保全に参加している!


と言っても、過言ではありませんね。



6月3日の骨子案が楽しみですが


良い未来を創り


未来の子どもたちに贈れるようになれたらなー!


ということで、今日はここまで!

 

でわ、次のブログでお会いしましょう!


そして、今回のブログから日曜日当番になりましたので


宜しくお願い致します(`・ω・´)ゞ

公開日: 2021年5月30日 09:26

お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP