熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00.3_スタッフブログ

アドバイザーブログ 津川 あずさ / 郡山 俊介 / 武谷 英伸 / 増井 昭浩 / 荒木 宏孝

建築家の頭の中

こんにちは★

広報の水洗です!!

先日、「建築家説明会~2021春の座談会~」という研修を受講しました。


210527blog.jpg

R+houseの加盟店も含め、約250人超えの参加。
これだけ、建築家の先生が並んで、話を聞けることは、まず無いので感動でした。
(映っていないだけで、もっといらっしゃいます)



設計のプロ「建築家」!!


私たちも、建築家の設計に、いつも驚かされたり、感動させられたりしてるのですが
「建築家の先生たちって、どんな頭の中してるんだ??」と、いつも疑問に思っています。


そんな建築家たちの考えが聞ける貴重な時間でした。
しかし、建築家としての熱い想いがあふれ出だして、予定の時間押しまくり・・。笑


とにかく、有意義な時間でした。


難しい話は無しにして、簡単に私が建築家の話を聞いて、「あ!なるほど!!」と思ったことをご紹介したいと思います。



まず①

日射遮蔽VS眺望

日射遮蔽とは「日差しを遮ること、特に真夏の暑い日差しを入れないことが重要」

眺望とは「眺め、見晴らし」です。

この二つというのは相反しているんですよね。
例えば、ここは見晴らしがよいから大きい窓をつけよう!とつけたところ、直射日光が当たりすぎる・・!!となると、ちょっと辛いですよね。
※もちろん窓の性能や、家の性能で暑さ、寒さの感じ方は異なります。


「家からの眺めも大事」
「日射、日当たりも大事」
「でも、外から家の中が丸見えは避けたい」

窓ひとつにおいても、このような問題があります。


「南側に窓があるので、明るいですよ!!」では、ダメなのです。


●ここ(家の中)からどういった景色が見たいのか
●夏と冬では、どういった日の入り方をするか
●室内からだけでなく外(隣家や、人の通り)からの視線と被らないか

諸々、考え抜いたうえでの窓の配置なのです。




私の中で、「眺望が良い=絶対大きい窓!」と思っていて、日射遮蔽のことなど頭にもありませんでした。

このように、物事の「メリット」、「デメリット」を理解し、そのうえで設計をするというところが
やはりプロだ・・・!!と感動しました。

建築家の先生は「やっぱり、眺望は活かしたいよね~」と話されてました^^
家から海や、山、桜など見えると最高ですよね♪♪

やっぱり設計は、設計のプロ「建築家」に頼みたいな、と思う私でした^^



210605blog.jpg


そんな建築家のアイデア満載の

「建築家住宅完成見学会」
6月26日(土)27日(日)
熊本市南区(※詳細の場所はお問合せください)にて行います。

完成見学会のご予約はコチラをクリック☆

ご来場お待ちしております!


potal0626.jpg





公開日: 2021年6月 5日 14:06

お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP