熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00.3_スタッフブログ

アドバイザーブログ 津川 あずさ / 郡山 俊介 / 武谷 英伸 / 増井 昭浩 / 荒木 宏孝

文豪と建築

こんにちは!

 

BAUHAUS.の西宮です!

 

工事を担当してますので

 

宜しく御願い致します!

 

 

昭和の文豪『谷崎潤一郎』の作品のひとつに

 

【陰翳礼讃】があります。

 

463.jpg


西洋建築と日本建築の違いを

 

事細かい描写で書いています。

 

文豪の思う建築の考え方が気になって

 

つい買ってしまいました!

(フォトブックなので素敵な日本建築が見れて良かったです!)

 

 

西洋建築の代表的な使い方としては

 

部屋の隅々まで照らして

 

白い食器に銀のスプーンの綺羅びやかな豪華さ。

 

その中で賑やかに食事って感じですよね。

 

日本建築の場合だと

 

薄くらい部屋から障子を開けて

 

外の光を室内にいれて

 

照らされた漆器に付けられた金箔や図柄を楽しむ。

 

深い色をした漆器の中の吸い物は

 

飲むまでわからない。

 

 

トイレに対しても違っており

 

日本の昔の厠(トイレ)は家の外にありました。

 

家を出て、飛び石を歩きながら、緑の木々の中に厠がある。

 

用を足す時でも楽しめたのが

 

日本建築と谷崎潤一郎は思っていたようです。

 

 

現代では、さすがにトイレを外に持っていくのは

 

冬場だと大変なのでしょうが

 

その楽しむ感覚が家創りに大事なように思えます。

 



帰ってくる道路から見上げる住まいに

 

木を使った外壁が玄関付近に貼ってあります。

 

木は、貼ってすぐの時よりも

 

しばらく置いた方が良い。

 

なぜなら色の変化が現れるからです。

 

日に焼け色が落ちた部分や落ちなかった部分

 

塗料を使った形成された外壁とは違う

 

生きていた息吹を感じられます。

 

R.jpg


そして、その付近に植物を置いてください。

 

植物の緑と木の色は最高の組み合わせなので

 

より木を使った外壁が映えると思います。

 

家の中だと

 

無垢フローリングは十年を過ぎたあたりから色合いに変化が現れます。

 

少しずつ飴色に近づいていくのです。

 

柔らかいレースの日差しを受けながら

 

無垢フローリングに置いた観葉植物を愛でましょう。

 

新しい無垢材も飴色になった無垢材も

 

観葉植物との相性も最高です。

 

_DSC1750.jpg


 

建築家の考えた住まいは

 

引き渡しをして完成ではありません。

 

建築家が住まいの基本を考え

 

そこに住む人の感性を加えて完成に近づくと思います。

 

家具・家電以外にも、観葉植物や洒落た小物など

 

住まいをより良くするのは

 

建築家の感性に調和するような

 

全体的な組み合わせが必要だと思います。

 

絶妙なカラーバランスに長けたコーディネーション。

 

難しくはありません。

 

なぜなら、私達のバウハウス.は色んな相談に乗れるからです。

 

 

去年から、住まい方に変化が訪れたような気がします。

 

家時間を楽しむ。

 

家が一番心地いい。

 

そんな我家になるために相談があると嬉しいと思います。

 

文豪は、家で仕事をしている時間が長かったと思います。

 

その家の中で、四季の訪れや経年変化を楽しむ。

 

創造力を働かせてみませんか?

 

陰翳礼讃のように

 

物に陰影をつけると別の見方が現れます。

 

明るい光ではなく

 

柔らかな光が創る陰影の世界。

 

家時間を楽しむのに最高の提案が待っています。

 

建築家

 

インテリアコーディネーター

 

貴方の住まいを良くするために日々考えています。

 

私達も、そんな提案を見ることを楽しみにしています。

 

今日はここまで!

 

でわ、次のブログでお会いしましょう!

公開日: 2021年8月29日 07:23

お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP