熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

test

アドバイザーブログ 津川 あずさ / 郡山 俊介 / 武谷 英伸 / 増井 昭浩 / 荒木 宏孝

エアコンの性能からの断熱・気密性が大事だと分かる説明

こんにちは!

 

BAUHAUS.の西宮です!

 

工事を担当してますので

 

宜しく御願い致します!

 

 

今日の説明は、エアコンです!

 

普段、使っていても、詳しくは分からないのがエアコン!

 

どうして??冷房も暖房も出来るのか?

 

謎ですよね。

 

ちなみにガス式エアコンというのもあり

 

ガス燃やしたら、熱いのに

 

涼しくなるエアコンって、どーいう事?!

 

ますます謎です!

 

 

でわ、基本原理からですが

 

『気化熱』を利用しています。

 

夏場の熱いアスファルトに

 

水をまくと、涼しくなりますよね。

 

その原理が、エアコンの基本原理になります。

 

夏場のエアコンの室外機って

 

外に、熱い熱風が出ています。

 

この室外機の機能を反転させると

 

冬場は、暖かくなります。

 

ちなみに、エコキュートも同じ原理でお湯を作っています。

 

なので、ガス式エアコンも、

 

燃やした熱を利用して暖かくしたり

 

その機能を反転させて、涼しくしたりが出来ます。

 

 

 

夏場は、エアコンの室内機から水がポタポタと流れていますが

 

冬場は、逆に室外機からポタポタしています。

 

 

 

次に、エアコンの説明です。

 

eakon04.jpg 



このエアコンカタログを貰うと

 

このような資料を見たことがあると思います。

 

この赤の矢印の部分が必要な畳数となっていますが

 

じゃ、6畳用タイプのエアコンだと

 

12畳の部屋だと2台必要なの?と思われますが

 

この畳数の元になったデータは

 

40年前の低気密・低断熱の時の住宅のデータになります。

 

なので、今の基準の家からすると参考にはなりません。

 

 

この目安の畳数を

 

今でも使っているのは

 

高断熱の仕様の家を基準にすると

 

低断熱の家の推奨が分かりにくいからになります。

 

そこで、最近の住まいの性能を数値化し、

 

必要なエアコンを求める計算式があるので見てみましょう。

 

 eakon03.jpg

 

 

1番目がバウハウス仕様です。

 

2番目が、高断熱だが気密がいまいち

 

3番目が、これからの標準的な住まいのZEH住宅

 

最後に、今の断熱等級4に届いているが、

 

超えてはいない住宅になります。

 

 

この表は、参考にしている計算式を元に

 

エアコン説明の時に使っているものです。

 

私達のバウハウス仕様だと100㎡の大きさの住まいに

 

必要なエアコン容量が3.06Kwとなり12畳用エアコンで十分になります。

 

 

 

④の断熱等級4程度の家だと

 

6.7KWとなり、23畳用のエアコンが必要になります。

 

 

また、②の高断熱仕様の住まいだけど

 

気密性能が悪い住宅でも

 

必要なエアコンが4.07Kwとなり

 

18畳用エアコンが必要になります。

 

ずいぶん違いますよね。

 

 

 

この計算式は、平屋で壁のない住まいになるので

 

2階建てや壁が多場合には

 

いろいろと検討をしないといけませんが

 

住まいの性能が高い方が良い理由というのが

 

このエアコンの性能から分かると思います。

 

小さなエアコンで家中を快適にするには

 

性能を妥協すること無く

 

高い方に持っていった方が良いのです。

 

 

 

また、計算に出来ない感じ方というモノサシがあります。

 

私の住んでいるアパートでは、エアコンを22℃に設定していても

 

床付近の温度は、15℃以下になっています。

 

なので、テーブルに座るときには

 

足元にヒーターを置いて生活をしています。

 

この7℃いう温度差は、危険な温度差になります。

 

世界保健機構も、室内の18℃温度の推奨と

 

国際規格ISO7730でも

 

上下の温度差を3℃以下にするように言われてます。

 

上下の温度差が発生しやすい原因が

 

気密性能が低く

 

床下から隙間風が入っているのが原因です。

 

さずがに、私の住んでいるアパートの気密性能を改良させたくても

 

お借りしているので改良出来ないのが残念です!

 

今週末に、3棟同時の見学会があります。

 

温度差や感じ方をいった部分を参考に見て欲しいと思います。

 

今後も、完成して、お借りしたお客様の住まいの見学会があります。

 

実際の住まいの感じ方も見ることが出来るので

 

ぜひ!参加して下さい!

 

今日はここまで!

 

でわ、次のブログでお会いしましょう!

公開日: 2022年1月15日 06:56

お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP