熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00.5_イベント

アドバイザーブログ 津川 あずさ / 郡山 俊介 / 武谷 英伸 / 増井 昭浩 / 荒木 宏孝

高耐久とは!?

こんにちは郡山です(^^

 

本日は家の耐久性に関わる話になります!!

 

木造の住宅で家の寿命を短くするのは何だと思いますか?

 

大きな原因は白蟻と結露になります!!

 

前回白蟻についてお話しましたので

 

今回は結露について

 

なぜ結露が起きるかといいますと

 

温度差があるからです!!!!

 

室内と室外の温度差が生じる部分に空気中の水蒸気が水滴になります。

 

多くの方は窓回りで経験がないでしょうか??

 

冬の寒い日に室内でファンヒーターを使い、窓に大粒の水滴が・・・・

 

それが窓だけなら、まだいいですが

 

窓で結露する場合壁の中でもおきています!!

 

壁の中で結露をおこしますと

 

断熱材にもよりますが保水性が高い場合

 

水分を含み、カビの原因になります!

 

またその水分が木材に移ることで腐り出すのが

 

木造住宅の寿命が短い原因になります!!

 

ですので壁の中に結露をおこさないことが

 

寿命を大きく延ばすことにつながります!!


家の寿命が長くなることが高耐久に結びつきます!! 


そのためには、正しく断熱材を工事して

 

隙間をなくすことで、外気と内気がぶつからないようにし、

 

極端な温度差が生じる部分をなくすことが重要です!!

 

他にも室内側と室外側の両方に水分が壁の中に伝わらないように

 

水分を遮断する部分が必要となります!!

 

断熱材の気泡がある部分ではなく、シート状のもので

 

水分を遮断し、且つ湿度は抜けることが重要です!

 

ぜひ住宅会社を回られる際は

 

断熱材の施工方法と家の隙間が少ない事をご確認されることで

 

家の寿命や後々にかかってきますメンテナンスコストが大幅に変わってきます

 

何かありましたらお気軽にご相談下さい!!

 

 

 

 

公開日: 2022年9月 1日 14:00

お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP