2.高気密高断熱

~高気密・高断熱どちらも必要~
気密性だけが高くても意味がなく、断熱性だけが高くても意味がない。
どちらもなければ省エネルギー、高耐久な住宅にはなりません。

高断熱は生命を守るため~高断熱は生命を守るため~
かつて日本の家づくりでは、各部屋を空調する考えが主流でした。しかしこの方法では、部屋から部屋に移動する際に急激な温度変化によって心肺停止などの状 態になる「ヒートショック」が起きやすい環境となります。家づくりにおいて断熱を疎かにするということは、「生命」を疎かにするということ。
高断熱は家づくりの最低条件だと考えます。

換気のための高気密~換気のための高気密~
しっかりとした気密化を行い、任意の空気の出入口を定めることで、どの全室、そして基礎の内部まで淀まず換気することが可能になります。

そして正しく気密・換気された家は壁体内結露を防ぎ、躯体を湿気やカビ・白蟻から守り、住宅の寿命を延ばすことができます。


トップへ > お家の標準仕様・品質 > 2.高気密高断熱
official blog ハウスコンシェルジュ facebook

ご相談・お問い合せ
TOP▲