安心の保証と メンテナンス

保証とメンテナンスについてお話
地元の中小工務店や住宅会社に家づくりをお願いする時に不安になるのが、保証とメンテナンスについてだと思います。

そこで、保証とメンテナンスについてお話をしたいと思います。

少し難しい話ですが、大切なことなので、知っておいてください。

平成19年に、第166回通常国会において、「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(平成19年法律第66号)(住宅瑕疵担保履行法)」が成立・公布されました。

これは、どんな法律かというと、新築住宅の売主等は、住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づき、住宅の主要構造部分の瑕疵について、10年間の瑕疵担保責任を負うということです。

この法律が制定された理由として、残念なことですが、構造計算書を偽装した建築家がいたからです。その結果、売主等が瑕疵担保責任を十分に果たすことができない場合、住宅購入者等が極めて不安定な状態におかれることが明らかになりました。私には信じられませんが、ヒドイ話です。このため、国が重い腰を上げ、住宅購入者等の利益の保護を図るために制定されたというわけです。

では、実際にどのような保証なのかをお話しましょう。


トップへ > 安心の保証とメンテナンス > 安心の保証と メンテナンス
official blog ハウスコンシェルジュ facebook

ご相談・お問い合せ
TOP▲