熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00.41_郡山俊介

アドバイザーブログ 津川 あずさ / 郡山 俊介 / 武谷 英伸 / 増井 昭浩 / 荒木 宏孝

金利のお話

こんにちは郡山です(^^

今回は金利のお話しです!!!


住宅をご検討する際に、ほとんどの方は住宅ローンをご検討されると思います。

住宅ローンは数百種類もあり、何がお得なのかが、なかなわかりづらいですよね。

今回は耳にされたことがある方も多いと思います「フラット35」について

一例をご紹介いたします。


下記は金利の推移になります。


2725757.JPG


よく、現在は金利が低いと言われますが、その通りで数年前の2~3%でも底と

言われた時代から、35年間固定の金利は現在

85466266.JPG

1%台で推移しています。

35年間固定の金利ということは金利が確定してしまえば、

金利の上昇は一切ありませんので、今後の返済総額が確認でき

今後の支払が視える化することで、ご安心できるポイントになります。

また、現在は住宅性能が高い場合に金利の優遇があります。



下記は少し前の金利を使用していますが

ご参考になるかと思います。

5464995.JPG
5774747.JPG

住宅をご検討の際に住宅会社選びで迷われる方は多いと思います。

検討される際に、その会社がお金の話しが出来るかどうかで

同じ金額のお借入でも返済の総額は数百万変わることもあります!!

住宅の性能で支払金額は大きく変わります!!


3659414989.JPG





今回はほんの一例になりますので

ご家族ごとの条件によりお得な金融機関は変わります。

また「フラット35」とは住宅金融支援機構(独立行政法人)が扱っており

直接、お施主様とは打ち合わせを行いませんので、同じ「フラット35」でも

扱う金融機関で、金利等中身が変わるのが現状になります!!

ですので、お金の話しが出来る会社も住宅選びの際に重要な点の一つと

思います!!

他にも住宅の性能(気密・断熱)や構造等

家づくりで重要な事はたくさんありますので

ご興味ある方は一度ご相談下さい。

家づくりにおいて後悔する方が一人でも減るように

お手伝いしていきたいと思っています!!!!!






                        

公開日時: 2021年10月12日 14:09

サッシについて(窓)

こんにちは郡山です(^^

今回は住宅の断熱性能に関係する「窓」について



日本は世界から見て、「物の品質が高い」というイメージがあると思います!


例えば、車や腕時計等、品質は世界最高レベルながら、コストは他の高級ブランドよりもはるかに

安価でコストパフォーマンスが高いことが多いと思います。

しかし、住宅の窓は全く逆で、日本の工業製品の中で唯一といっていいほど

レベルの低い状態が続いるのが実状です。


下記は国(日本)が定める窓の性能等級になります。

WS000003.JPG

ちなみに住宅先進国とよばれるドイツの基準で窓のU値は 0.95W/m2K以下に定めています。


窓の断熱性能は、「熱貫流率」という指標で確認できます。

単位はW/m2(平方メートル)・Kです。1m2当たり、かつ1時間当たりに通す熱量を表し、小さいほど

熱の出入りが少なく高断熱であることを意味します。


日本は、いまだに最低基準が存在せず。よく金属製(アルミニウム製)の枠に

一重のガラスを使った窓、U値が6.5W/m2・K程と

諸外国では考えられない数値のサッシが多く使用されています。

また、販売することが許可されており、5700万戸あるといわれる住宅の8割以上は

U値が6.5W/m2・Kという低い水準の家があるのが現状です。

WS000004.JPG


そして、次世代省エネ基準とよばれるものが基準になりますが1999年制定の基準で


約16年前に制定されたものが一般的な基準とされ、新築住宅に使用されています。


新築の窓の約7割が現在も4.65W/m2・Kという低いレベルにとどまっています。


国内では窓の性能は星の数で表しており、その評価は上記のようになっています。

うそのような話ですが、次世代省エネ基準という1999年(平成11年)に定められた基準が


いまだ住宅業界では最新の基準であり、クリアしていれば販売可能され使用されています。

基準値は地域によって異なり、東京や大阪など大半の地域(熊本含む)エリア(旧・IV地域)

については

あろうことか、窓性能の目安として4.65W/m2・K以下と書かれているのです。


WS000002.JPG


経済産業省が定めた窓の等級。最高レベルでも熱貫流率は2.33W/m2・K以下と

諸外国に比べて求められる性能が先進国のなかでも群をぬいて低いのが実状となり

義務化も現時点でされていません。

断熱性能を表すうえで住宅はUa値で確認できます。

サッシも熱貫流率を気にされることで


快適な家づくりの一つの指標となります。


気になりましたら、住宅会社に行かれる際に、サッシや断熱(他にも気密や換気)について


根拠のある数値で確認を行うことで、住みだしたときの快適性や光熱費の低減に


大きく影響を及ぼします!!!


皆様の家づくりが後悔がないようにという想いで住宅を提供しています!!!


公開日時: 2021年9月28日 23:28

そもそも基礎とは!!

こんにちは郡山です(^^

皆様新築住宅の工事中をご覧になったことございますか??

住宅の基礎には鉄筋が入っています! その量を気にされたことはございますでしょうか?

この量はどのように決められてると思いますか? 20170626174629_00001.jpg20170626174638_00001.jpg 


こちらは実際に詳細な構造計算を行った施工現場になります❕

住宅業界では、耐震に安心な配筋の量にするために、配筋の量を

根拠ある計算を行わずに施工している住宅会社が

木造に関して約9割の工務店がやっていないのが実状になります!

では何を行えば根拠のある計算になるかといいますと専門用語で、「許容応力度計算」

と呼ばれる詳細な構造計算を元に施工されていることが根拠になります!!!

ちなみに簡易的な計算書(壁量計算書)を構造計算書と言われている

住宅会社もございますので、お気を付けください!

実際に住宅会社に行った際にみせてもらい、全棟行っているかを

聞かれることで確認ができます。 家一棟分で約7cm程の厚みになる

計算書が詳細な構造計算書になります!!

ご興味ある方はぜひ一度お聞きにこられて下さい‼


公開日時: 2021年9月14日 19:17

家を長持ちさせるには①

 

こんにちは郡山です(^^

 

本日は防蟻処理について

 

皆様住宅をご検討の際に白蟻について考えられたことはありますか?

 

木造住宅にとって一番問題なのが2点あります!

 

水分(壁の中の結露等)と白蟻です!!

 

ですので、新築住宅を建てる際に防蟻処理はとても重要になります。

 

まずは防蟻処理として大きく分けて2種類あります!

 

殺虫剤系で寄せ付けない方法と天然のホウ酸系で寄せ付けない方法に分かれます。

 

それぞれのメリットについて

 

殺虫剤系は価格が安く抑えられるのが大きなメリットとなります。

 

デメリットは効果の持続が短いことが多い点になります。

 

どうしても揮発性をもったものが多く、23年で効果がなくなってしまうものも

 

あります。

 

また、人体への影響も少なからず可能性としてあり、鼻炎や喘息等が悪化する

 

場合があるのも大きなデメリットではないかと思います。

 

ホウ酸系のメリットとして水に流されなければ半永久的な効果が望める点

 

目薬等に使用されるほど人体への影響が少ない点になります。

 

デメリットとしては、価格が高くなってしまう点と水に弱い点になります。

 

長く安心して住んで頂くにあたりホウ酸系の防蟻処理が正しく施工されることで

 

より快適な家につながっていきます。

 

他にも保証がどのくらいつくのか、そもそも木材にも防蟻の処理が施されているかで

 

より安心な家につながります!!

 

デザインや価格等も非常にじゅうようですが

 

防蟻処理にも目を向けて頂く事を強くおすすめします!!!

公開日時: 2021年8月24日 23:51

建築家とは!!

こんにちは、郡山です(^^

 

今回は数回前の続き


建築家との打ち合わせについて

 

前回は社内設計士と設計事務所の設計士の違いについてと

 

家の間取りを考えるにあたり、敷地の図面の違いについて

 

お話しましたので、

 

打ち合わせの流れについてに今回はなります!!!

 

図面や敷地の法規調査がおわりましたら

 

いよいよ

 

土地を見に行きます!!

 

下記写真のように

 IMG_20200229_115651_1.jpg

現地に出向き

 

周辺の状況を確認します!

 

例えば、気象庁のデータで風配図があります。

 

その地域に年間を通して、どの方角から風がふくのかを

 

データでまとめたものになります。

 

そのデータを基に敷地にいきますが

 

土地の特性として

 

周辺に高層ビルや森があり

 

さえぎられていたり

 

風の吹く向きが変わっていたりしますので

 

そういった土地の特性をみるために

 

実際の土地にたつことは非常に重要になります!

 

次回に続きます(^^)/

 

公開日時: 2021年8月10日 20:26

快適な家にするために

こんにちは(^^

アドバイザーの郡山です!


最近、住宅業界では、高気密・高断熱という言葉を耳にする機会が増えました。


高気密高断熱とは実際にはどのような家なのかご存じでしょうか。


簡単に言えば、「夏涼しく・冬暖かく・結露がおきにくい家」です。


どちらも数値で確認できる時代になりました。


まず、高断熱とは「熱が伝わりにくい」ことを表し、UA値:0.5以下、高気密とは


「家の隙間が少ない」ことを表しC値:0.5以下という数値で確認できます。


断熱性能が高く家の隙間が少ないことで「魔法瓶」のような室内空間になり


一定の温度を保つことで冷暖房の効果も上がり、光熱費が抑えられます。


また、C値が0.5以下であれば、空気が正常に循環します。


それは、2時間に1回室内の空気をすべて入れ替える


24時間換気システムを設置していても


隙間が多いと排気付近の隙間から空気が流入し、室内の奥は


換気が出来ない状態になります。


断熱と気密には密接な関係があり、どちらが欠けても高性能で


快適な家になりません❕


最後にUA値(断熱)はどんな断熱材をどのくらい使用するのか


設計の段階で計算すれば出てくる値です。当初の断熱性能を


維持するためにも高品質な部材と施工が重要です。


C値は(気密)は気密測定を実施した時にだけ得られる実測の値です。


住宅会社をまわられる際は、まず気密測定を全棟実施しているか


その上でUAC値がどちらも標準仕様で0.5以下かを確認されることを


お勧めします。


 私達は、常に後悔のない家づくりをして頂きたいという想いから


 本当の意味での高気密・高断熱の家をご提供しています❕

公開日時: 2021年7月13日 11:15

家の大敵は!?

 

こんにちは郡山です(^^

 

本日は防蟻処理について

 

皆様住宅をご検討の際に白蟻について考えられたことはありますか?

 

木造住宅にとって一番問題なのが2点あります!

 

水分(壁の中の結露等)と白蟻です!!

 

ですので、新築住宅を建てる際に防蟻処理はとても重要になります。

 

まずは防蟻処理として大きく分けて2種類あります!

 

殺虫剤系で寄せ付けない方法と天然のホウ酸系で寄せ付けない方法に分かれます。

 

それぞれのメリットについて

 

殺虫剤系は価格が安く抑えられるのが大きなメリットとなります。

 

デメリットは効果の持続が短いことが多い点になります。

 

どうしても揮発性をもったものが多く、23年で効果がなくなってしまうものも

 

あります。

 

また、人体への影響も少なからず可能性としてあり、鼻炎や喘息等が悪化する

 

場合があるのも大きなデメリットではないかと思います。

 

ホウ酸系のメリットとして水に流されなければ半永久的な効果が望める点

 

目薬等に使用されるほど人体への影響が少ない点になります。

 

デメリットとしては、価格が高くなってしまう点と水に弱い点になります。

 

長く安心して住んで頂くにあたりホウ酸系の防蟻処理が正しく施工されることで

 

より快適な家につながっていきます。

 

他にも保証がどのくらいつくのか、そもそも木材にも防蟻の処理が施されているかで

 

より安心な家につながります!!

 

デザインや価格等も非常に重要ですが

 

防蟻処理にも目を向けて頂く事を強くおすすめします!!!

公開日時: 2020年8月22日 19:45

1 2 3 4  
お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP