熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

07_R+house ss

  • 建築家と建てる家を身近に手軽に
  • R+house ZERO ゼロエネルギーハウス

アールプラスハウス SS

ちっちゃいからとあきらめる前に、構造やアイディアと豊かなひらめきで実現する3階建ての未来型注文住宅。

R+house ss

1つ目のSは、small・スモール(小さい)のS。
2つ目のSは、特殊構造体、SG-FrameのS。

R+house ssは木造でありながら、限られた空間の中で、余計な柱や 壁で邪魔されない自由な空間設計を可能にします。
また、私たちはこの 2つのSを同時にSmartスマート(かしこい)という考えてでとらえています。

"あきらめない"という思想から生まれる。
時代を先取りしたR+house ssのテーマ。

少しでも広く見せたい、少しでも潤いのある スペースを作りたい、少しでも経費を抑えた いというのは家づくりをスタートする時の共 通の願いです。私達は良質でオリジナル性に 富んだ注文住宅をお届けするために小さな敷 地だからこそ独自の工夫や テーマを持つアイテムを多 数用意しています。

R+house ssは狭小間口等の敷地にも、対応できます。

敷地条件に縛られないR+house ssの可能性
親から譲り受けた小さな土地、昔から暮らしているお気に入りの町。
住んでみたい憧れの町、やっとの思いで手にした都市の一角・・・。
敷地が小さいから仕方がないと、ゆとりと住み心地のいい家づくりをはじめからあきらめていませんか?
R+house ssは、狭い敷地に様々なアイディアを取り入れ、住み心地を追求する未来志向の注文住宅です。
ちっちゃなおウチの空間設計
狭小地に建つ住宅設計は、住まい手の要望や予算の他に、敷地や法規制等、様々な規制の中での複雑なプランニングと なります。ただ単純に、大きな家を縮小しただけでは成り立ちません。限られた空間の中に、家族がのびのびと、居心 地よく過ごせるようなおウチにするには、美しいデザインと機能性のバランスがとれた、高度な設計力が求められます。 そこで、R+house ssでは、そんな設計の達人である「アトリエ建築家」と一緒に、あなたにぴったりな家づくりをし ていきます。
メニューのないレストラン!?
「さっぱりしたもの」というようなイメージを伝えると、一流料理家がとっておきの素材とテクニックを使って、見た目 も美しいあなた好みのお料理が目の前に出てきました。
「お、おいしい!」感激の一瞬です。次から次に出される料理に大満足ですが・・・・

メニューのない店では価格表示もありません。だんだん不安になってきました。確かにすばらしいお料理で全てが自分に ぴったり。けれども「一体いくらになっちゃうのかな。」そう思うとせっかくのご馳走も味わえなくなってきます。
アトリエ建築家との家づくりも、なんだか似ているような気がしませんか?
R+house ssでは、建築ボリュームと価格とのバランスの「ものさし」を用いて、価格をあなたと共有しながらプラン ニングしていきます。だから、不安を抱かずに"おいしい"空間を堪能できるのです。


一般的な木造の基準寸法(=モジュール)である、910mm(=半間)を利用して、910mm×910mmのマスを 1グリッド(=1G)という「ものさし」の目盛に見立て限られた敷地・資金計画の中で最大限の提案をいたします。

丈夫な家にしますか?開放的な家にしますか?

「構造」というとなんだか難しい話に思われますが、基本的には「木箱」と同じ。壁がヨコ方向にだけあって、 タテ方向になかったら?外からの力が加わった時、簡単に崩れてしまいます。
特に、間口が狭い建物の場合、短手方向の壁がなければ外観も室内もすっきりするだろうけど、 安全には替えられない・・・。そんな葛藤をR+house ssは解決します。







一般的な工法
開口幅、位置共に限定

開口幅、位置共に限定

SG-Frame構法
広々開口

広々開口

壁が必要となり駐車スペースを確保するのが難しい。

壁が必要となり駐車スペースを確保するのが難しい。

駐車スペースを楽々確保。車の出し入れもスムーズ

駐車スペースを楽々確保。車の出し入れもスムーズ

壁が必要となり、空間が仕切られてしまいます。

壁が必要となり、空間が仕切られてしまいます。

壁に邪魔されないので、ワンルームも可能です。

壁に邪魔されないので、ワンルームも可能です。

木を活かしてワイドスパンを実現する工期・コスト・
精度・強さ、すべてのクオリティが高い構造システム

CASE STUDY

4×9グリッド 建坪が9坪のR+houseをのぞいてみよう!





R+house ssのワイドスパンを支える構造システム

狭小・変形敷地や法規制のかかる厳しい条件の土地であっても、従来の木造住宅で必要な耐力壁を、木造門型フレーム であるSG-Frameに替えることで、間口いっぱいの大開口や、大空間のダイナミックなひろがりのあるプランニングが 可能となります。長く住み続ける住宅として、臨機応変に家族の個性やライフスタイルの変化に対応できるオリジナル 構造システムです。

※4m スパンに1mの壁を設けた場合の壁倍率

安心と安全の約束

SG-Frameは、剛性、許容耐力共に、フレーム接合部試験結果を用いた解析と、実大試験結果を用いて、高い強度であ ることの評価を受けています。 また、すべての物件を許容応力度計算を用いて安全を確認し、耐震等級最高の等級3(※)、または長期優良住宅必要性 能の等級2(※)の確保が可能です。

SG-Frameの強度を支える専用部材

柱脚接合部分

柱脚接合部分

強度の高い集成材で構成されたSG-Frameと基礎をつなぎます。

柱脚接合プレート

柱脚接合プレート

大地震時には、エネルギーを吸収し崩壊を防ぎます。

柱脚接合(拡大)

柱脚接合(拡大)

独自の技術の接合部でクオリティを 高めます。

現場施工

現場施工

シンプルな施工は、気候や作り手の条件の差によるばらつきが出ません。

柱頭と梁の接合部分

柱頭と梁の接合部分

専用金物で確実に固定。高品質の施工が可能です。

建方施工

建方施工

部材は全て工場加工。精度の高い仕上がりを短工期でつくり上げていきます。



R+house ssの性能

R+house ss=エコロジー&エコノミーそのお得方程式とは?
例えば、薄手でおしゃれな服に響かない下着やスリムでスタイリッシュな魔法瓶など機能性の高いものが誰でも簡単に 手に入る時代。「衣」「食」そして「住」・・・、住宅は?

確かに、夏涼しく冬暖かい家、高気密・高断熱なんてよく聞きます。
それでは、断熱材などの優秀な建材を使えば、快適な室内空間となるのでしょうか?

正しい素材を、正しい位置に、正しい方法で施工して初めて性能が発揮されます。
R+house ssは、強さを保ちながらワイドスパンを可能にするSG-Frameに加えオリジナルの高性能断熱パネル (R+パネル)を使用します。
より安心で快適な外皮で「住まい」を覆うからこそ、プランニングの自由度が上がるのです。
SG-Frame
断熱材
同じ性能をだそうとすると種類により厚さが増します。断熱材の厚さが増すとそれに合わせ柱の太さも太くなるのでコストアップとなる可能性があります。
断熱指数で見るR+house ssの標準的な性能
家の中が、どの季節・どこの場所でも、エアコンなどの機械ばかりに頼らない、快適なおウチに暮らせたら、
身体も気持ちも軽やかになるでしょう。確かに、R+house ssはちっちゃいかもしれない。
けれども、だからこそ得られる最大のメリットがあります!
おウチの容積の小ささは、エネルギーを使いすぎません。
ついでに、お掃除も楽ちん。そう!ランニングコストとストレスからも解放される賢いおウチです。
R+house ss=エコロジー&エコノミー
これは、高性能外皮+ちっちゃい=おそうじ&光熱費が効率的というお得方程式のもとに成り立っているのです。

R+house ss外観デザインの可能性

お問い合わせ・資料請求
余計な壁がでない、ワイドスパンの構造体SG-Frameのおかげで建物の外観デザインの自由度も広がりました。
目一杯窓にするのもよし、隅っこにおしゃれな窓をもってくるのもよし。
間口が狭い敷地でも、こだわりの「顔」がつくれます。



こんな注文住宅が、つくりたかった。建築家とつくるお家 R + house

お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP