熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00.3_スタッフブログ

見習い片岡です。

こんにちは。バウハウス見習いの片岡です。


入社して3週間がたちました。


毎日がわからないことだらけなので、ついていくだけで精一杯ですが


遅れをとらないよう日々勉強してます。

 

先日、社長からメモを見返す習慣を!!


と言われたので仕事終わりにメモを見返す癖をつけていきたいです。

 

仕事も基本が大事ですが、家づくりも基本が大事だと思います。

 

まず、大半の家族が足を運ぶのは展示場。始めは最新の住宅を見て楽しい、面白いと思うかもしれません。


しかし何件も何十件も見ていると、次第に「一体なにを基準にえらべばいいのか?」迷ってしまうのです。


どこも素敵ではあるけれど・・本当に私たちにとって良い家ってどんな家?


こうなってしまうと出口の見えない迷路に迷い込んだ気持ち・・そう「楽しくない家づくり」となってしまいます。


だからこそ展示場に行く前に「家づくりの判断基準」を学び、家族にとって本当に良い家とはどんな家なのか?


見極める力を付けていただきたいのです。

 

 

と、いうことでこちらが6/30(日)開催する勉強会になります!!

ここでお話を聞いていただき、"後悔しない家づくり"には


何が必要かを知っていただければ、これからいろんな住宅会社を


回られるときの"判断基準"になると思います。


建てた後に後悔してからでは遅いです!!



一生後悔して住み続けていくのか、



いまのうちに知識を得て、納得して購入し


楽しく暮らしていくのか。



いろんな人に自慢できる家をつくっていきましょう!!

               


以上、片岡でしたm(__)m

公開日時: 2019年6月23日 15:00

人生で一番摂取するもの

こんにちは★
アドバイザー津川です(^^)

最近本当に暑くなりましたね~
私は毎日ビールを飲むのですが、この時期のビールは最高です(^^)(笑)



さて、タイトルを見て「家づくりと関係するのか?」なんて思った方!!!
下のグラフをご覧ください。



WS000152.JPG


人が1日に摂取する量=人生で一番摂取するもの



WS000153.JPG

私たちが、こんなにも空気を摂取しているとは驚きませんか?


ダイキン工業(大阪市)は、共働き世帯の男女400人を対象に行った

「住宅内空気の困りごとと部屋干しに関する実態調査」の結果を発表した。住宅内の空気に関する

困りごととして最も多く挙げられたのは「結露」(24.8%)だった。

「温度差」(17.0%)、「乾燥」(15.5%)、

「湿気がたまりやすい」(14.0%)

「カビ」(11.3%)と続いた。


WS000151.JPG
一日に20㌔も空気を摂取しているというのに、結露が発生し、カビが生え空気中に浮遊しているような家だとしたら。。。。
考えるだけでゾッとしませんか?(><)

111111.png


アレルギー持ちの方が増えている原因としては、この大量に摂取する空気の質が問題なのではないでしょうか。

大事な家族の健康を損なうような家づくりは、誰しも決してしたくないと考えているはずです

しかし、お困りごとランキングにも堂々と上位にランクインしてくるはずなので、残念なことに結果としては家によって健康を損なっている可能性があります

では、どのようにすれば新鮮な空気を吸うことができるのか??

簡単です!!
結露を発生させない家づくりを行うことなんです。

結露が発生しなければ、カビが発生することもなくなります(^^)

みなさんのお困りごとは、全て建物の性能に関係しているということなんですね。。

今や共働き時代に突入

洗濯物の部屋干しの実施状況について聞いたところ、「毎回部屋干ししている」世帯(22.8%)と、雨の日など「状況に応じて部屋干しすることがある」世帯(62.0%)を合わせた「部屋干し実施世帯率」は84.8%にのぼったそうです。

結露が発生する環境の家で、さらに室内干しをするなんてもっと環境を悪化させ結露を発生させているようなものです

1日に20キロもの空気を家族全員が摂取していると想像してみてください

自分が選択する家によって家族の健康までも脅かされるのか、もしくは快適に健康に暮らしていくのか?自分たちの選択次第で決まります。

幸せな家づくりをスタートされる方がもっともっと増えていくことを願っています★


公開日時: 2019年6月21日 08:35

しっかり抑えておきたい!

こんにちは。
木村雅です(*'▽')

人生3大資金と呼ばれる
①住宅資金 ②教育資金 ③老後資金
皆さん聞いたことありますか?
家を計画する前に抑えておきたい重要な3大資金❕❕

私自身も3人の子育て中です(^^)
こかれから先の教育資金の為と思って学資保険・自分の将来のための個人年金などかけているものの、これ以上にお金がかかる事が他にもたくさん...

住宅資金には、購入費はもちろん、税金や光熱費、メンテナンス費が含まれています。
住宅に関しても、トータルで物事を考えないといけませんが、それにもまして、教育資金、老後資金も
とても重要なのです。

お子様1人の教育資金だけでも、私立や県立など色々ありますが1500万~3000万と言われています。
2人ならもちろんその倍!

また、厚生労働省が2018年7月に公表した簡易生命票によると、2017年の日本の平均寿命が男性で81.09歳、女性で87.26歳といわれている。
これから、老後までの毎月の生活費などその他色々考えたら年間通しての資金計画って大事だなとつくづく思います。

考えれば考えるほど気が遠くなりそうですね"(-""-)"
新聞広告などの住宅会社のチラシを見たりして
簡単に「今払っている家賃と変わらないぐらいなら」と思って家づくりをスタートされるのは危険です。

まず、きちんと3大資金はもちろんの事その他の事も含めてきちんんと資金計画をされることをおススメします。
そして、家づくりは資金の他にも住宅の性能、後悔しない家づくりをする為の抑えておきたいポイントなどたくさんあります。

大半の御家族が足を運ぶのは住宅展示場。
始めは最新の住宅を見て楽しい、面白いと思うかもしれません。
しかし何件も何十件も見ていると、次第に「一体なにを基準にえらべばいいのか?」迷ってしまうのです。
どこも素敵ではあるけれど・・本当に私たちにとって良い家ってどんな家?
こうなってしまうと出口の見えない迷路に迷い込んだ気持ち・・そう「楽しくない家づくり」となってしまいます。
だからこそ展示場に行く前に「家づくりの判断基準」を学び、家族にとって本当に良い家とはどんな家なのか?
見極める力を付けていただきたいのです。
だから私たちバウハウスでは定期的に「後悔しない為の家づくり勉強会」を行っています。
ありがたい事に満足度は90%以上。
「他の会社では教えてくれなかった事を教えてくれた」「勉強会に来ていなかったら絶対に後悔していた」との声を頂いています。
家づくりをお考え中の方、まだ先だけど勉強しておこうかなとお考えのかた是非1度ご参加ください。

event190630.png
ご予約やご不明な点などありましたら↓
予約特設サイト
☎096-346-0230
お問合せ下さい!(^^)!


公開日時: 2019年6月20日 14:47

なんの数字でしょう。


広報の水洗です。

さて、いきなりですが ↓ のグラフは何の数字でしょう?

190615blog-01.jpg
正解は「1日(平日)の男女別"家事をする時間"」です。(NHK国民生活時間調査報告書より)

黒は「女性」灰色が「男性」です。

最近、共働きの夫婦が増えたとはいえ、やはり家事負担は女性が多いようです。


それプラス子育て世代は「育児」の時間も追加されます。


私も、そうなんですが毎日の家事と育児に追われ
ちょっとしたことでもイライラしたり、こどもに時間をかけられないことに悩んだりということがあります。


そういうイライラや悩みを「家の間取り」で解決できるところがあります。


例えばこんな風に・・

190617blog-01.jpg
家の中をぐるぐる回れる回遊性のある間取りにすると
行き止まりが無いので、家内の移動がとてもスムーズです。

↓は世界的にも有名な、あの家族「サザエさん」の家の間取りです。
↑と同じアクションを取ろうとするとこうなります。

190615blog2-01.jpg

線(動線)が同じところに集中しています。
この場合、目的を果たすために行ったり来たりしないといけません。

そういった、ちょっとしたことが毎日積み重なって「家事ストレス」になったりします。


現に、お客様のお家で完成見学会をさせていただくときに
いつも、こう思います。
「あ~家事、しやすそうだなぁ」と。

うらやましくてしょうがないです。笑


実際に、見て動いていただければ
この快適さが分かります!


ぜひ、バウハウスの完成見学会、またはモデルハウスでご体感ください。

こちらからご予約できます☆
→ バウハウス予約サイト


公開日時: 2019年6月18日 13:34

窓【縦滑り出し窓】

こんにちは、総務課(経理・人事)の福嶋です。

 

窓シリーズ!今回は滑り出し窓についてです!

 

 

縦滑り出し窓と横滑り出し窓とあるのですが今回は【縦滑り出し窓】に(^^)


4006.jpg


 

縦滑り出し窓というのは、窓枠の上下に設けられたレールに沿って窓を

 

外に滑り出させて開ける窓のことを言います。窓にぴったりとはまる為

 

気密性が高いと言われています。

 

また、縦滑り出し窓にすることで、風通しが良くなります。

 

建物間を吹き抜ける風を効率よく取り入れることができます。

 

引き違い窓の場合だと、窓の正面から吹く風は取り込むことができますが

 

建物に沿って流れるような風を取り込むのは、なかなか難しいです。

 

隣家がある場合だと隣の建物によって正面からの風を遮られることが多いので

 

その場合は縦滑り出し窓を設置するとうまく風を取り入れることができます♪

 

引き違い窓が取り付けできないようなスペースでも開閉が出来る窓として

 

設置することも可能です。

 

窓の種類の設置場所などもどのような土地なのかに(隣家の有無や、風の吹き方など)

 

合わせて設置すれば、風が入ってこない、隣から家の中が丸見えなどの心配が減りますが

 

私たちでは土地を読むことは難しいことです。

 

ですが、建築家の先生は実際にその土地を見て、そこの土地はどのように風が吹くのか

 

など土地を読んでプランを考えられますので、安心です(^^)

 

ぜひ、実際に見学されて体感されてみてください!

 

 

★毎日公開中のバウハウス打越町モデルハウス★

"光が降り注ぐ内に開く家"


20180422-1.jpg



時間:10001700

夜の見学も可能です。(17002100まで)

夜見学の場合は要予約となります。※当日の1700までの受付です。

 

場所:熊本市北区打越町40-23

 

バウハウスのお家を見てみたいという方はぜひ、ご来場くださいませ!

 

毎月実際に住まわれるお客様のお家をお借りしての完成見学会も開催しております✿

 

バウハウスイベント情報を要チェックお願いします(^^)

https://www.kimura-bauhaus.jp/event/

公開日時: 2019年6月17日 18:33

照明②


こんにちは!工務の宮本です!




今回も引き続き照明についてです(^^)
前回はシーリングライト、ダウンライトを紹介しました。照明にはほかにもいくつか種類があります。



★ペンダントライト
a75kolmio_01.jpgのサムネール画像

ペンダントライトは天井から吊り下げられた照明器具の事です。
装飾が多く豪華に見える類のものをシャンデリアと呼びます。下方向につけるタイプや
ダクトレールなどを用いて複数のライトをつけるものもあります。

ダイニングやキッチンなどに使用されることが多いです。





★ブラケットライト
ob081034ld-1.jpg

ブラケットライトは壁に直接取り付けるタイプのものでインテリアのアクセントの一部にもなります。
壁に出っ張るように取り付けるので場所によっては光が暗くなったり、人にあたって邪魔に
なったりするので壁との距離や高さなどに気を付ける必要があります。

デザインや種類が多くあり、階段や廊下に取り付けることが多いです。


その他にもスポットライトやスタンドライト、足元灯などなど・・・
これらを使い分けることによってお家の中の印象が全く変わってきます。

デザインや形がオシャレなものもたくさん販売されているので色々調べてみるのも楽しいですよ(^^♪










公開日時: 2019年6月16日 10:31

彩光の家

こんにちは★

広報の冨田です^^

 

今日は明日から2日間限定開催される『彩光の家』完成見学会

設営に行ってきました!

saikounoie.png


























 

・デザイン性と機能性を兼ね揃えたスタイリッシュな外観

・ライフスタイルの変化に合わせて間取りを変えることが出来る設計

・プライバシー性を確保しつつ、室内を光で彩る坪庭のある家

 

この他にも、建築家の工夫や知恵が盛りだくさんです。

ご家族の生活をより豊かにする建築家の設計力を、この機会にぜひご体感ください。

また、設営中外では汗だくになるスタッフもいましたが、お家の中はエアコン一台でかなり快適な室温となっておりました。

 

じめじめ、ムシムシの梅雨時にも少ないエネルギーで快適に過ごすことが出来るのも『BAUHAUS.』がご提供している家の大きな特徴です。

だんだん外に出るのが億劫になるこの時期こそ、高性能住宅のすばらしさをご体感頂ければと思います。

 

完成見学会に関するご予約・お問い合わせは℡【096-346-0230】までお気軽にお電話下さいませ!皆様のご来場、心よりお待ちしております✨

公開日時: 2019年6月14日 18:14

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  
お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP