熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00.3_スタッフブログ

お客様は知らない現場での作業 その3

こんにちは!

BAUHAUS.の西宮です!

事を担当してますので

宜しく御願い致します!



今日は文章を、変えて

ドキュメンタリー番組風にしてみました!


DSC_0156.JPG


この風景は上棟が終わって会社に戻ってきた3人です。

上棟とは、お家を建て始めるスタートの日!

大工さんや他の職人さんが参加して

家の骨組みが出来上がります。



その職人さん達は、上棟が終わると帰りますが

彼らは、明日の準備や発注作業と

色々な作業があります。

去年入った社員の皆さんですが、仕事への意欲は人一倍!


DSC_0170.JPG

そして、全ての作業が終わると

日報をつけるのが最後の日課です。


作業の反省点や改善点など

気づいた部分を書き綴ってます。

今日の反省を明日へのバネにするのが若さの特権です。



でも、今日は上棟した大工さんがやってきて

上棟後の打ち合わせが始まりました。

DSC_0190.JPG


今後のスケジュールや

特別な収まりの部分などの打ち合わせです。



こういった作業をするかしないかで

現場での出来栄えが変わってきます。



建築家が間取りの方向性を決めて

インテリアコーディネーターが色彩や魅せるインテリアを加える!


最後に、工務スタッフや職人さんが作っていくのが

『住宅創り』です。


人が少なくなった事務所で

打ち合わせは続きます。


まだまだ勉強中の彼ら!

とはいっても

先輩社員や職人さんからの知恵を借りながら

日々成長をしています。

この地道な作業が

未来の現場監督になっていく道のりなのです。

頑張れ!未来の監督さん!



なっなんだか堅苦しい感じが・・・

こういった、お客様は知らない作業もあるのを知ってほしくて

ブログに書きました!

肩こりがしてきましたので、今日はここまで!

でわ、次のブログでお会いしましょう!

公開日時: 2020年3月27日 06:46

シンボル

こんにちは!

広報の冨田です★

 

以前ブログでご紹介した玉名展望館(※ブログリンクはコチラ)に続き、熊本アートポリス建造物を訪れました!実は、コロナが流行する前の1月頃に行ったのですが、やっと文章を書き起こしました()

 

建造物はというと、宇城市三角町にある三角港フェリーターミナル。

通称《海のピラミッド》です。

 

三角錐の、ぐるぐると渦を巻いた佇まいが印象的な建物で、遠くから見るとまるで貝殻のよう。

 

調べてみると

三角港は、島原へ向かうフェリーのターミナルとして重要な拠点である。
現在のターミナルがある東港と反対側の西港は、明治13年、オランダ人ムルドルによって設計された石作りの港として現在も使われている。
「海のピラミッド」は、この歴史ある三角港のシンボルとして設計された。
海からアプローチすると三角の貝殻のような建築が三角港に近づいたことを教えてくれるだろう。

 

建築概要

三角港フェリーターミナルは、巻貝と同じように内外の二重螺旋のスロープの床版によって連続的に補強されたコンクリート外殻構造で、直径34m、高さ25mの円錐型である。
円錐頂部のトップライトは、自然光を導入し、夜間は逆に発光して、コンクリートのフレームを照らす。歴史ある港のランドマーク、まち起こしのシンボルとして視覚的に認識され、エンドレスの二重螺旋のスロープを上下して景観を楽しみ、また景観を形成する一つの環境装置としての機能をはたしている。

 

(参考文献:熊本県HP)

 

との事。

 

設計を担当した建築家は、熊本県熊本市出身の

葉 祥栄(よう しょうえい)氏。

 

 

 

中に入ると、らせん状の階段が頂上まで続いています。

mismi.jpg

巻貝の中に入ったような不思議な空間でした。

ぐるぐると上まで登っていく途中、海面の反射が屋内へと入って柔く揺らめいていました!

misumi.jpg

西日が差しそうな時間帯を狙っていったのですが、見事にいい感じの光が・・・!

なんかPVとかとれそうですよね・・・テンション上がりました。

BLOG1.jpg

もしかして、これも計算して設計されている・・・?!すごい!

と建築家の発想力と自然を取り入れたデザインの素晴らしさに感動しました(^^)

 

建築家は"建物本体"だけを考えるのではなく、その建物周辺の景観も含めて設計されているんですね。

これは、Rhouseの建築家たちも実践されています。

例えば、敷地の北側に桜並木が並ぶ土地なら、その景観を切り取って家の中に取り込む"ピクチャーウィンドウ"を配置するなど、施主様のライフスタイルを重視したうえで、"プラスα"の要素として提案してくださったりします。

 

日常の一コマに、ちょっとした"プラスα"があることってなんだか素敵だなあと思います。

 

 

来週末開催される『鳥が羽ばたく 光の家』の設計ポイントにも、"プラスα"がたくさん組み込まれていますよ!


完成見学会は2日限定での開催となっておりますのでこの機会にぜひ、ご来場ください(^^)

お問い合わせは℡096-346-0230までお気軽にお電話下さいませ!

 

尚、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、イベントスタッフのマスク着用、ご来場者の手指アルコール消毒のご協力をお願いしております。ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

公開日時: 2020年3月26日 16:07

結婚式の次に・・

こんにちは☆

広報の水洗です!

先日、取材にお伺いした時にお施主様ご夫婦と
こんな話をしました。
200320blog2.jpgのサムネール画像

「家づくりって、結婚式の次に夫婦の絆が試されると思う・・・」と。笑


結婚式(披露宴)って準備がめちゃくちゃ大変らしいです。
招待者の数決めから、招待状、ゲストの好き嫌い、引き出物、料理から飲み物にデザート決め、ドレス、お色直しの回数、登場の仕方、音楽、エンドロール・・・・

などなどなど・・・

休みのたびに、打ち合わせ・・・
夫婦お互いのゲストもいるので、お互いのゲストが楽しめるように
色々と考えて、予算と相談しながら・・・同時進行で招待状作ったり、ウェルカムボード作ったり・・・といった感じです。


そんな中、夫婦のどちらかが
「いいや、もう面倒だし勝手に決めていいよ。」
なーんて言っちゃったもんなら、「は?!じゃあ辞める!?」みたいな喧嘩が勃発しかねません_:(´ཀ`」 ∠):

200320blog.jpegのサムネール画像

「良いものを作りたいなら、お互い同じ目線で、同じように悩みながら決めないといけない」


あ〜家づくりもそうなんじゃないかなぁ・・と思いました。

夫婦のどちらかが「面倒だから勝手にして」というスタンスだと
任せられた方も、任せた方も、きっといつかは後悔します。

「結婚式」も、「家づくり」も人生を左右することです。

たくさんの時間を使い、学び、悩み、形にしていく。
作る人全てが同じ方向を見て、同じように悩み、作り上げていく。
そんなモノが悪いものであるわけが無い、と私は思います。



ちなみに、取材させていただいたご夫婦はお互いにとても勉強家で
家のことも分からないことはお互い調べて、報告相談し合う。という素晴らしい関係性でした。


「分からない」ってとてもストレスですが、「分かる」ようになると俄然、家づくりも楽しくなります。

「家なんて、どれも同じじゃないの?色々、考えるのめんどくさいな〜」
なんて思わずに
「ちょっと家のこと勉強してみようかな〜」という気持ちになっていただければ嬉しいです^ - ^


200320blog3.jpg







公開日時: 2020年3月21日 13:53

住宅産業プチ予想 その2

こんにちは!

BAUHAUS.の西宮です!

事を担当してますので

宜しく御願い致します!


今年の車の祭典のオートサロンより

家電の祭典のCESで注目を浴びた

SONYのVISION-S!

thumb.jpg

ついにSONYが車を出すのかーーー!と

一人有頂天になっていた私ですが

車を出すというより

車の色々な部材の紹介がメインだったというのが大体の予測です。

でも、本当はテスラみたいに

SONYが車を出すようになると

既存車メーカーも焦りだすでしょうね・・・



住宅産業も2030に向けて

色々な対策や

新しい技術

そして、新しい法律などがたくさん溢れています。

そのひとつに気候変動というキーワードがあります。

ひとたび災害が発生すると

想定外の災害に発展することも増えてきました。

想定できる災害のリスクと

想定できない災害のリスク

想定できない災害としては

やはり地震でしょうね

本当に驚きました。

突然の揺れに。



あの恐怖は、もう体験したく有りませんね(T_T)

それに、その後の避難生活。

私のアパートは被害が少なかったので

次の日から災害の復旧活動に入りました。

毎日、ブルーシートを屋根に掛けて回ったのは

忘れることが出来ない記憶です。



そして、最近の言葉に

フェーズフリー住宅という単語が出来ました!

突然の災害でも生活の質を確保する!

普段のサービスも

そして住まいも

突然の災害は予測はできません。

でも、備えたり

安心を確保できるような家創りは出来ると思います。



復興はまだまだですが

つらかった記憶は薄れていくものです・・・

安心の住まいを提供できる住宅会社は多くありません

フェーズフリー住宅の最初の一歩は

構造計算だと私は思います。



次の勉強会や完成見学会でも

なぜ?構造計算が必要なのかを聞いてみて下さい。

安心を届けたい思いがある住宅創り

バウハウス.の理念のひとつです。


なんだか

真面目な話になってしまったので、今日はココまで!

次のブログでお会いしましょう!

公開日時: 2020年3月21日 07:53

建築家➂

こんにちは郡山です(^^

 

建築家➂

前回の続き!!

周辺環境を読み解き、法規がクリアされる中で

 

もちろん重要なポイントのひとつとして

 

ご家族様の住み方と要望や好み

 

ライフスタイルの変化等を加味します!!

 

ご家族様により生活のスタイルは千差万別!!!!

 

更に、土地の属性や周辺環境を踏まえ

 

家の形と配置をまず考えます。

 

配置で周辺環境や駐車場、庭や車の止め方まで計算して

 

プライバシーの確保や光の入り方、風の抜け方をプランニングします!!

 

配置と家の形でクリアできることを行い

 

最後に、まどのサイズや位置を配置していくことで

 

今後、長く住む家の使い勝手をご家族様にあわせて

 

いきます!!!

 

家づくりの間取りのプロである

 

建築家と創る家づくりは

 

世界で一つの家となります!!

 

もちろん間取の自由度は

 

構造や性能がしっかりして初めて自由な間取りをつくることができます!

 

次回に続きます(^^)/

公開日時: 2020年3月14日 14:47

住宅産業プチ予想

こんにちは!

BAUHAUS.の西宮です!

事を担当してますので

宜しく御願い致します!


1月に国土交通省が

ミャンマーで既存建築物耐震化セミナーと

耐震診断セミナーが開催して

200名を超えるミャンマーの技術者の参加に

日本の技術者の皆さんが驚いたそうです!

http://www.mlit.go.jp/report/press/house01_hh_000096.html

(国土交通通省より


諸外国でも地震は発生しており

その地震発生の頻度も

日本と同等の地域もいくつかあります!



日本の技術の『耐震化!』という言葉は

①新しく造る建物を強くする!

②今の建物を壊れにくくする!の2種類あり

とてもスゴイ技術なんです。


新築の耐震化といえば

構造計算ですが

古い建物の耐震化といえば

耐震診断になります。

簡易な診断から

柱、壁を一ヶ所づつ計算した診断まであります!

大変な計算は

すべてコンピューターがしてくれるので

最初の入力をいれるのが人間です



人間といえば・・・

今後、AIが建築業界でも普及するらしく

色々な事をAIが計算してくれるようになると


AI
『あなたの建物は、壁量計算なので壊れます!

安心を求めるなら、構造計算をオススメします!』


なんて、やり取りも出てくるかもしれませんね!


間取りもAIが作成!ってものありそうですが

さすがに間取りや外観は

人の気遣いが入ったものを選びたいですね~

AIは、どんどん進化するんでしょうけど

AIが住む人の気持ちを本当に理解するまでは

人のオモイが鉛筆を動かした間取りに

住みたいなと思った今日このごろです(`・ω・´)ゞ



さて、私の家のスマートスピーカーのアレと

お話ししたくなったので

今日はここまで!

でわ、次のブログでお会いしましょう!

公開日時: 2020年3月13日 20:10

絆のある二世帯の家

こんにちは!

広報の冨田です☆

 

先日発売された『住まいの提案、熊本』に、BAUHAUS.の施工事例が掲載されております✨

 

今回のブログでは、雑誌の中身を遠目でお見せしちゃいます('ω')

sumai hyousi.jpgsumaiteian.jpg

 

《絆のある二世帯の家》

私も取材に同行させて頂いてのですが、とっても素敵なお家でした!

お話をお伺いしていく中で、BAUHAUS.で建てた新しいお家での過ごし方や感じた快適さのお話をはじめ、家づくりのきっかけや途中のエピソード等をお聞きすることが出来ました!

 

快適に、しかもライフスタイルも理想どおりに過ごせてます!などなど、喜びのお声もたくさんいただきました(^^)

住まいの提案、熊本vol.23号は、熊本県内の書店やコンビニエンスストアにて販売中です!

BAUHAUS.以外の物件や、お家づくりの情報もたくさん載っておりますので

家づくりをご検討中の方も、そうでない方にもご覧いただければと思います。

 

BAUHAUS.本店・玉名店にも置いてありますので、ご来店の際にもチェックしてみてくださいね!

 

さて、来週は『後悔しない為の賢い家づくりセミナー』が開催されます!

こちらも、お家づくりのためになる情報や住宅業界のウラ話等、充実の内容となっておりますので、この機会にぜひご参加ください。

お問い合わせ、ご予約はコチラ!


公開日時: 2020年3月13日 16:39

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  
お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP