熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00.3_スタッフブログ

錯覚

こんにちは★

広報の冨田です(^^)/

 

 

先日、友人に誘われて『トリックアート展』に行ってきました!

▼魔人()に追い詰められたり

 blog0823.jpg

▼土俵入りを果したり・・・()

 blog3-3.jpg

 

 

すべて『平面』に描かれているものなのですが、確かにそれっぽく見えてなんだか不思議な空間でした。

『トリックアート』その名のとおり、これらは全て目の錯覚を利用して作られているそうです。

 

錯覚といえば、お家づくりでも生かされていることが多々あります。

例えば間接照明などは、部屋に奥行き感を出す視覚効果があり、部屋を広く見せてくれます。

kansetusyoumei 2.jpg

打越モデルハウスの間接照明です。

 

打越モデルハウスには、空間を広く見せる建築家の工夫が随所にちりばめられていますよ!

是非一度、ご来場いただければと思います✨

 

【お問い合わせ】096-346-0230までお気軽にお電話下さいませ(^^)

 

 

 

 

公開日時: 2019年8月23日 11:27

大切な行事ごと

こんにちは。片岡です(^^)


皆さんはどんなお盆休みを過ごされましたか?


多い方で今回は最長9連休のお盆休みでしたね。


私は台風に好まれているのか、休みの日は台風と共に過ごしました。


123.jpg


そういえば2年前の私の結婚式当日も台風に祝ってもらったのを懐かしく思います。笑


今回の台風は、超大型だったので心配しましたが、熊本はたいしたことがなく良かったです。

 

明日から仕事で憂鬱になっている方も多いと思いますが、私の仕事の話をさせていただきます!

 


入社して初めて上棟式に同席しました。


 人生において一大イベントである家づくりを一緒に進めていく中で、こうした行事は大事なことだと


学ぶことができました。


お施主様ご家族の笑顔も拝見でき、私自身も非常にうれしくなりました。

 

 

上棟式とは...


333.png

 

建物の守護神と匠の神を祀って、棟上げまで工事が終了したことに感謝し、


無事、建物が完成することを祈願する儀式。


上棟式は平安時代初期から行なわれ、中世に盛んとなり、居礎(いしずえ)、事始め、


手斧始め(ちょうなはじめ)、立柱、上棟、軒づけ、棟つつみ等、


完成まで の建築儀式が数多くありましたが、江戸時代になって、これらの建築儀式を代表する形で、


上棟式だけが行なわれるようになりました。


このように昔は建築儀式がたくさんありましたが、時代の変化とともに儀式(上棟式)も


変わりつつあります。


一般的に上棟式は、新築の家の土台が出来上がり、柱、梁、桁、力板などの骨組みが完成したあと


棟木を 取り付けて補強する際に行ないます。

 

このように上棟式は建築工事の途中で行う儀式で、工法にもよりますが、


木造軸組では棟木を棟に上げる時に、鉄骨造では鉄骨工事が完了したとき、


鉄筋コンクリート造では躯体コンクリートの打ち込みが終了したころに行います。


また上棟式では、魔よけのための幣束(へいそく)を鬼門に向けて立て、


四隅の柱に酒や塩、米などをまき、天地四方の神を拝む。地域によっては、


餅やお金(硬貨)をまくところもある。

 

大工さんや、家づくりにかかわる人とのとのコミュニケーションは


こういった行事ごとでしかなかなかできないものですので、


これからもお施主様との関われる時間を大事にしていきたいとも思いました。

 

一生の家づくりで弊社を選んでよかったと


暮らしている間ずっと思っていただけるようこれからも日々精進していきたいと思います。




logo01.gif



公開日時: 2019年8月18日 23:49

熊本アートポリス


こんにちはアドバイザーの津川です☆

みなさんアートポリスってご存知ですか?



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

くまもとアートポリス(Kumamoto Artpolis,略称:KAP)とは、建築や都市計画を通して文化の向上を図ろうというコンセプトで実施されている熊本県の事業。1988年から行われている。

当時知事を務めていた細川護煕は、高度経済成長によって画一的になってしまった日本の町並みを反省し「熊本らしい田園文化圏の創造」を目標として掲げ、後世に残し得る文化を熊本県で実現させることを目指していた。1987年西ドイツで開催されていたベルリンIBA(国際建築展、国際建設展覧会)を視察したことにヒントを得て、建築をはじめとする環境デザイン全般に対する意識、都市文化・建築文化の向上を図ることを目的としてはじめたプロジェクトである。  


熊本には有名な建築物がたくさんあるので、私たちがお付き合いしているR+houseの建築家は口を揃えて『熊本はいよね~』と仰います(^^)


先日、R+houseの長谷部建築家から、せっかく良い建築がたくさんあるんだから、アートポリスについて紹介したら?と提案され、色々と調べることにしました。


『あっ!!これ知ってる』という有名な建物がたくさんありましたのでご紹介します☆


Project 01  熊本北警察署

d81b9e3104dba046f303724cc4561e46_1456717405.jpg

▼建築家▼
篠原一男さん

▼建築概要▼
ガラス張りの警察署と呼ばれるように正面はすべてハーフミラーが採用され、従来の警察のイメージを一新している。建物は大きく2つの機能に分けられ、西側に当たる正面には交通か、道場など、パブリックな用途、そして東側には事務的な用途が置かれている。東西2つのブロックは内部機能を反映して、構造形式も異なる。西は鉄骨造、東はSRC造が採用されている。正面の醸造部分には、柔剣道場やギャラリーが配置されているため、上に行くほど広がる構造になっている。屋上は、集会場としても使うために、空調奥が行き来は、側面に吊り下げた黒い筒の中に収められている。


Project 04  三角港フェリーターミナル

10000.png


▼建築家▼
葉 祥栄さん

▼建築概要▼
三角港フェリーターミナルは、巻貝と同じように内外の二重螺旋のスロープの床版によって連続的に補強されたコンクリート外殻構造で、直径34m、高さ25mの円錐型である。円錐が頂部のトップライトは、自然光を導入し、夜間は逆に発行してコンクリートのフレームを照らす。歴史ある港のランドマーク、まち起こしのシンボルとして視覚的に認識され、エンドレスの二重螺旋のスロープを上下して景観を楽しみ、また景観を形成する一つの環境装置としての機能を果たしている。

熊本にはたくさんの有名な建築があるので、これからもたくさんご紹介していきます(^^)

公開日時: 2019年8月18日 18:13

お盆明けの「完成見学会」in熊本市北区

こんにちは☆
広報の水洗です。

お盆休み、皆様どうお過ごしでしょうか。

190813blog2.jpg

家族でお墓参りに行ったとき
3歳の息子に「ひぃじぃちゃんと、ひぃばぁちゃんがいるんだよ~」と言ったところ
お墓の後ろに隠れていると思ったらしく「ひーじーちゃんとばーちゃん見たい!!」と言っていました。(笑)

その後、ひぃじぃちゃんと、ひぃばぁちゃんはお空にいるんだよ~と説明しましたが
「なんで?」の時期なので、なかなか納得せず。

「命」の話は、まだ難しいようでした^^


さて、お盆明けの週末


熊本市北区にて、「完成見学会」を行います。


190813blog.png


ポイントは、2つの動線を備えた、真っ直ぐに伸びた土間。

キッチンに立つママとコミュニケーションがとりやすいリビング・ダイニング

遊び心のある「子ども部屋」


などなど見所もりだくさんです。


保育士のいるキッズルームもご準備しておりますので
お子様同伴でもゆっくりとみていただけます。


スマホ・PCからのご予約は→イベント予約サイトにアクセス☆




公開日時: 2019年8月13日 17:48

ワシリー・チェア

こんにちは、総務課(経理・人事)の福嶋です。

 

お盆休みで9連休という方もいらっしゃると思いますが

 

皆様いかがお過ごしでしょうか(^^)

 

高平モデルハウスにあるバルセロナチェアーに続き

 

今回はマルセル・ブロイヤー作のチェアをご紹介いたします♪


0812blog.jpg

 

まず、マルセル・ブロイヤーという者は、バウハウス(ドイツの造形学校)の

 

1期生で、後にバウハウスの教授を務めることになった建築家兼デザイナーです!

 

そのマルセル・ブロイヤーの最も知られている作品と言われているのが

 

このワシリー・チェアです★

 

blog0812.jpg


マルセル・ブロイヤーは鋼管という素材に注目し、多くの家具をデザインしてきたそうです。

 

このアームチェアは、自転車のハンドルバーからヒントを得て

 

スチールパイプを曲げて家具を作れないか?ということから考えたそうです!!

 

そして出来上がったのはスチールパイプと張地のみでつくられた世界初の構造だそうです。

 

当時はスチールパイプを屋内用いすに使用することは画期的なことで

 

その後の椅子のデザインに大きな影響を与えた椅子です。

 

この後からル・コルビュジエやミース・ファン・デル・ローエといった

 

有名な世界の大物デザイナーがスチールパイプを使い始めました。

 

またこの椅子はワシリー・カンディンスキー(画家)に贈られたことから

 

彼の名前を取って『ワシリー・チェア』と命名されたそうですよ。

 

1925年にこの椅子を生み出したそうですが、約100年も前のことなのに

 

現在あっても違和感なくオシャレだな~と感じるってすごいですよね^^

 

 

さて、話は変わってお盆明けのイベントもお伝えしておきます!笑

 

"子供の成長を見守る家"完成見学会


190817_event.pngのサムネール画像のサムネール画像

 

日時:817()18()

 10301630 ※受付は16時までとなります。

 

場所:熊本市北区(詳しい住所につきましてはご予約時にお伝えいたします。)

 

 

建築家は、建築+α設計一級建築士事務所(@京都)の宮武淳夫先生です!

 

予約制ではございませんが、混雑時は予約の方優先になりますので

 

ご予約されることをオススメ致します。

 

またご予約された方には花火セットをプレゼント致します★

 

当日はキッズルームには保育士もおりますので、安心してお子様も連れてご来場くださいませ。

 

ご予約は096-346-0230までお願い致します(*^^*)

公開日時: 2019年8月12日 12:40

スイッチの種類



こんにちは!工務の宮本です。
日中は日差しが強く暑いですね(;´・ω・) 
室内でも熱中症になることがあるので水分補給はこまめに取りましょう!


さて、今回はスイッチの種類について調べてみました。

スイッチといえば毎日使うものであまり普段は気にすることがないですが、沢山種類が
あるのはご存知ですか?



一般的な住宅についているのはコチラ↓↓↓
1.jpg
片切スイッチといいます。私の家も昔からある家なので全部このスイッチです。
パチパチするのが何気に好きです。





cosmo_img01-9_zoom.jpg


ad_img01-12_zoom.jpg


現在の新築住宅ではパナソニックのスイッチが一般的に取り付けられているそうです。
バウハウスでもパナソニックのシリーズを使用しています。

操作面が大きく軽く押すだけでオンオフが切り替えられるので両手がふさがっている場合でも
肘などで切り替えることもできます。

またほたるスイッチ(電源がオフの時にランプが光り場所を教えてくれるスイッチ)がついているものは暗闇でもどこにスイッチがあるかがわかるので廊下や階段などにつけるととても便利です。




76614cab307198033c6540d497619908.jpg

これはトグルスイッチといいます。
オシャレですよね!レバーがつまみ状になっているもので上下左右に押し倒すことで電源の
オンオフを切り替えるタイプのものです。

デザインは他のスイッチよりとてもかっこいいですが調光等の機能性はなくオンオフだけになるので
注意が必要です。



スイッチにも種類が多くあるのでリビングで使うもの、寝室で使うものなど用途に分けて機能性、
操作性、デザイン等に考慮して選んでいくとよいと思います!






公開日時: 2019年8月11日 13:47

暑い夏の注意点

こんにちは★

普段は玉名店にいる広報の冨田です。

 

最近の日差しって、なんだか強すぎやしませんか・・・?

日焼け止めを忘れて一日外にいたら・・・・大変なことに・・・・・なってしまいました・・・・・・( ;;)ケアしよう・・・

 

 

 

さて、これだけ暑いと心配なのが熱中症。

熱中症と聞くと、グラウンドや屋外など炎天下を想像しがちですが

意外にも「自宅」で発症する人の割合が一番多いのです。

H27.69月の東京消防庁の統計データによると

熱中症で緊急搬送された場所は

自宅などの住宅内が43.1%と、全体の割合の半分近くを占めています。

自宅熱中症は、室内の気温や風通し、そして体調に注意して発症を防ぐことが大切です。熱中症の発症が多くなるのは、外の気温が28℃以上の日、太陽が一番高くなる午後1時をピークに前後23時間ですから、自宅内にいても安心せずに、しっかりと暑さ対策をとりましょう。適切な水分補給も心がけたいものです。

対策の一つとして適切なエアコンの運用が必要ですが、電気代も心配ですよね・・・

しかし背に腹は代えられない。断熱・気密性の低いお家や賃貸住宅では、そういった光熱費問題もお悩みの一つではないでしょうか。

 

しかし、BAUHAUS.が自信をもって建てる家は、高気密・高断熱のお家です。

簡単にいうと、お家の中が魔法瓶のような状態になっています。

その為、高い冷暖房効果を得ることが出来、家の中を快適な温度に保つことが出来ます。お家のすき間から冷気が逃げる心配もないので、電気代の節約にもつながりますよ!

お家づくりを検討される際は、是非『お家の性能』にもこだわることをお勧めいたします✨日本特有の四季を楽しみつつ、快適なマイホームライフを手に入れましょう!!

 

◆見学会のお知らせ◆

817()18() 10301630 ※1600受付終了

熊本市北区にて、住宅完成見学会を開催いたします!

住宅展示場などのモデルハウスとは違い、実際にお施主様が建てられたお家の見学会です。2日間限定の開催となっております。

【子供の成長を見守る家】

◆設計ポイント

・南側からの直接光のみならず、北側からの間接的な光も取り込める窓の配置

・来客時、玄関から室内が丸見えにならないようプライバシーを配慮した設計

・土地を有効活用した総2階に近い家の形

 

高気密・高断熱のお家の快適さと合わせて、この機会にぜひご体感くださいね✨

 

会場の詳しい住所は、ご予約の際にお伝えしております。

 

ご予約・お問い合わせは

096-346-0230までお気軽にお電話下さいませ!

 

 nakajimasama.png

公開日時: 2019年8月 9日 10:00

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  
お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP