熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00.3_スタッフブログ

アドバイザーブログ 津川 あずさ / 郡山 俊介 / 武谷 英伸 / 増井 昭浩 / 荒木 宏孝

なぜ?隙間が悪いの?

こんにちは!

 

BAUHAUS.の西宮です!

 

工事を担当してますので

 

宜しく御願い致します!

 

 

本当に建築系ユーチューバーが増えており

 

自社の特色のみを話すユーチューバーもいれば

 

公平な目線で話すユーチューバーもいます。

 

もちろん、話すのが上手な人もいれば

 

話すのが苦手だけど、一生懸命に話す人もいます。

 

中には、反対意見を持つユーチューバーもいるので

 

皆様も色々と参考になっていると思います。

 

 

断熱性能や耐震性能をいうユーチューバーは多いのですが

 

少ないけど換気のことに拘って話をしているユーチューバーもいます。

 

今日の話は、私も参考にしている換気に拘ったユーチューバーさんです。

 

そのユーチューバーさんに触発されたのか

 

私も色々考えてみました!

 

 kanki02.jpg

 

 

この図は気密性能が悪い住宅のイメージです。

 

丸い円の中に小さいな円が2つ入っているのが換気扇です。

 

換気扇は、空気を出すのが目的なのでが

 

気密が悪いと①のところから入ってた空気を

 

そのまま出しているだけになるので

 

家全体を換気しているとは言えません。

 

この現象を『ショートサーキット』と言います。

 

入って、出て、入って、出てと

 

小さな運動場をグルグルまわるイメージなのでショートサーキットです。

 

でわ、②や③のような部分から入って空気はどうなるのでしょうか?

 

実は、時間とともにその場所から出たり入ったりを繰り返すだけになります。

 

その現象を温度差現象や気圧現象と言います。

 

家と外の気圧の差でも変化をします。

 

じゃ、オレンジの部分に汚染物質があると④の部分から出ているのか?

 

実は、出にくいのです。

 

④の付近の空気を入れ替えても

 

オレンジの部分までは効果が少ないのが空気の特性なのです。

 

もし?空気の移動(熱や汚染物質など)が活発だと

 

冬場は寝ているだけで凍死します。

 

北国のかまくらが温かいのは

 

空気の熱移動が少ないからです。

 

つまり、隙間が多いと汚染物質の排出を妨げるということです。



しっかりとした熱交換や


空気交換(汚染物質を出したり、空気を濾過)を出すのに必要なのが

 

シン換気システムこと、『マーベックスの澄家』なのです!

 

いやいや、第一種換気扇なら普通にOKです!

 

その後のメンテナンスや


交換時期の工事のしやすさを考えると

 

候補がいくつかに絞られますが

 

床の上の汚染物質を的確に排出できるとしたら

 (天井タイプと違って、床に空気を吸う部分があるのでフィルター掃除が楽)


『マーベックスの澄家』一択になります。

 

ma-be.jpg

 

このように悪い空気は下にたまるので

 

下に空気を吸い込むところがあるのが便利!

 

よく考えられた換気扇です。

 

ただ、メンテナンスは大事なので

 

空気清浄機が家に付いていると思って

 

メンテナンスを頑張って頂ければと思います。

 

でわ、今日はここまで!

 

でわ、次のブログでお会いしましょう!

公開日時: 2021年10月23日 07:05

"年に一度の大切な日"


こんにちは(^^)
アドバイザー津川です。


私が日課にしていることがあります


毎朝、手帳を開きお客様の"年に一度の大切な日"を確認することです


誕生日近くになると手書きで送られてくるお手紙に、ついつい嬉しくなってしまう自分がいます

気持ちを相手に伝えるって、自分も相手もハッピーになりますよね(^^)


やると決めたら絶対にしないと気がすまない性格のため((笑)

本当はお手紙を書きたいところですが。。。(出来ずに悔しい)


736249715.jpg

毎年絶対にできるようにラインで連絡を入れるようにしています


お子様の誕生日には、たくさんのお客様が成長した写真を送ってくださって、ほっこりします



1614053178371.jpg

1633240352270.jpg

16334031421161111.jpg


こうやって、"年に一回の大切な日"を共有できるって幸せだなと感じます

BAUHAUS.の家で、ご家族それぞれの『暮らし』があり、家族の笑顔があります

これからも、良い家を提供していくために日々精進していきます(^^)


公開日時: 2021年10月19日 12:09

今は話題が少なくなったシックハウスについて

こんにちは!

 

BAUHAUS.の西宮です!

 

工事を担当してますので

 

宜しく御願い致します!

 

 

 

昔といっても10数年前のこと

 

新築の家に住んで

 

目がチカチカ

 

めまい・頭痛

 

ひどいときには湿疹や化学物質過敏症などに


発展した事例が沢山ありました。

 

そのシックハウスの主な原因が『ホルムアルデヒド』。

 

建材に使うと防腐効果が高いので

 

昔はよく接着剤の成分の一つに使っていた物質なのです。

 

 

そのような物質から身を守るために

 

20037月に法律で決められました。

 

  ホルムアルデヒドが少ないような建材を使うようにすること

 

  家の換気を2時間で1回交換するようにすること

 

となりました。

 

実は、問題を解決したように思えるのですが

 

ホルムアルデヒドは住宅の部材以外にも

 

家具にも入っており

 

外国製の家具を購入して

 

目がチカチカすると言った事例も近年増えています。

 

beto.jpg

(このマークのベッドなら安心して使えます。)

 

逆にC5.0以上のような低気密住宅だと

 

家中を隙間風が勝手に換気していた可能性もあるので

 

影響が少なかったのですが

 

近年の住宅のように

 

高気密でもない

 

そして低気密住宅でもない中間層の家が多く

 

汚染物質が残っているのが原因と言われています。

 

 

その際に、換気をしていればよかったのですが

 

暑い日、寒い日で窓を開けて換気をする人はいません。

 

では、そこで②の2時間で1回の換気をするシステムが必要になります。

 

換気システムも住宅用に2種類ありますが

 

気密性能を良くしておかないと

 

換気システムを使っても効果は少なくなります。


rifo-mu.jpg 

 

この資料だと

 

中間層の気密性能の住宅(C2.0)だと

 

外部から65%の空気が勝手に入ってきます。

 

このグラフが意味しているのは

 

入ってくる空気になるので

 

出ていく部分がないと汚染物質は家に残ったままになります。

 

汚染物質を適切に出すのが換気システムになります。

 

 

ただ、換気システムも

 

下の換気のようなトイレやユニットバスの換気を利用した

 

なんちゃってシステムを採用した家が多く汚染物質を出す効果は少ないのです。

(赤丸の部分の空気は移動しにくい。二重の赤丸は排気している場所)

 

 kanki.jpg

 

採用するなら、本格的な第一種換気扇や

 

電気代が安く、空気を出すことに特化した第三種換気扇を使ったほうが良いのです。

 

 

に本格的な換気システムを『シン換気システム』と呼びます。

 

なんちゃって換気システムを『ニア換気システム』と仮に呼びます。

(トイレ・ユニットバスで換気するシステムの方)

 

シン換気システムの中でもファーストと呼ばれる第一種換気扇は

 

kanki2.jpg


単純に換気扇が2台あるので電気代は倍になりますが

(1ヶ月約1000円程度)

 

空気を出す時に、逃げる熱も戻ってくるので本当に便利なシステムです。

(換気扇の電気代より熱交換(85%の交換率)した方が電気代は安くなる)

 

ニア換気システムは

 

熱交換もしませんし、空気を出すのにも特化していません。

 

さらにニア換気システムを採用している建物は、気密性能も悪く

 

エアコン1台で快適になるのは難しいのです。

 

 

またメンテナンスは、シン換気システムであっても


ニア換気システムであっても必要です。

 

バウハウスの点検は、毎回、換気システムの掃除状態のチェックし


1年・3年・5年などの節目の点検では

 

24時間換気扇本体のチェックをします。

 

なので、点検に時間がかかりますが

 

大事な部分なのでお願いしたいと思います!

 

断熱性能も大事です。

 

そして、気密性能も大事です!!

(ちゃんと機械を使って、すべてお客様の住まいの測定をしているのかがポイント!)

 

そして、その性能を活かすためにはシン換気システムも重要なのです!

 

今でこそシックハウスは話題が少なくなってきましたが

 

でも、気をつけてないと

 

新築に住んだのに健康被害が発生した!

 

となりかねません。

 

さて、換気システムをシンとかニアとか言ってるのは私だけになりますので

(普通は、第一種換気扇や第三種換気扇と言いますm(_ _)m)


誤解をされないようにお願い致します!

 

でわ、今日はここまで!


次のブログでお会いしましょう!

(でも、シン換気システムって言い方カッコいいなぁ・・・)

公開日時: 2021年10月16日 11:15

金利のお話

こんにちは郡山です(^^

今回は金利のお話しです!!!


住宅をご検討する際に、ほとんどの方は住宅ローンをご検討されると思います。

住宅ローンは数百種類もあり、何がお得なのかが、なかなわかりづらいですよね。

今回は耳にされたことがある方も多いと思います「フラット35」について

一例をご紹介いたします。


下記は金利の推移になります。


2725757.JPG


よく、現在は金利が低いと言われますが、その通りで数年前の2~3%でも底と

言われた時代から、35年間固定の金利は現在

85466266.JPG

1%台で推移しています。

35年間固定の金利ということは金利が確定してしまえば、

金利の上昇は一切ありませんので、今後の返済総額が確認でき

今後の支払が視える化することで、ご安心できるポイントになります。

また、現在は住宅性能が高い場合に金利の優遇があります。



下記は少し前の金利を使用していますが

ご参考になるかと思います。

5464995.JPG
5774747.JPG

住宅をご検討の際に住宅会社選びで迷われる方は多いと思います。

検討される際に、その会社がお金の話しが出来るかどうかで

同じ金額のお借入でも返済の総額は数百万変わることもあります!!

住宅の性能で支払金額は大きく変わります!!


3659414989.JPG





今回はほんの一例になりますので

ご家族ごとの条件によりお得な金融機関は変わります。

また「フラット35」とは住宅金融支援機構(独立行政法人)が扱っており

直接、お施主様とは打ち合わせを行いませんので、同じ「フラット35」でも

扱う金融機関で、金利等中身が変わるのが現状になります!!

ですので、お金の話しが出来る会社も住宅選びの際に重要な点の一つと

思います!!

他にも住宅の性能(気密・断熱)や構造等

家づくりで重要な事はたくさんありますので

ご興味ある方は一度ご相談下さい。

家づくりにおいて後悔する方が一人でも減るように

お手伝いしていきたいと思っています!!!!!






                        

公開日時: 2021年10月12日 14:09

気密性能って国が決めてるんですよね?

こんにちは!

 

BAUHAUS.の西宮です!

 

工事を担当してますので

 

宜しく御願い致します!

 

 

実は、意外や意外なのが気密についてのお話です。

 

気密性能は、国が基準を定めているのでは無く

 

建築関係の団体が定めているのでも無く

 

各ハウスメーカーや工務店に委ねられてます。

 


なんか意外ですよね?

 


目安としては

 

隙間大きさは(C値)が5.0以下であれば良い。

 

寒冷地などはC値が2.0であればという暗黙の了解があります。

(昔は基準があったが数値がいまいちだったし、この数値は良くない!)

 

基準を定めてないのには、

 

明確な理由があるわけではありませんが

 

気密性能は施工が難しいということがあります。

 

C1.0位までは、なんとか出来ても

 

その先のC0.5


今のバウハウス.C0.2台まではかなり難しいのです。

 

今回の話のメインはこれになるのですが

20210913085956_00001.jpg 

 

 

気密性能が低い住宅(C3.2)を

 

あとから気密を良くした住宅(C2.6)の記事です。

 

C値は住宅全体の隙間なので

 

大きい住宅だからとか不利とか

 

小さい住宅の方が有利とかではなく

 

隙間の合計面積(㎠)÷家の気積(各部屋の面積と小屋裏や床下の面積㎡)C値㎠/

 

となります。

 

100平方メートルの大きさの建物(約30坪)の時に

 

C5.0だと

 

5㎠/㎡×100㎡=500

 

つまり家じゅうの隙間の合計が

 

雑誌やノートパソコンと同等の大きさになります。

 

C0.2だと

 

0.2/㎡×100㎡=20

 

つまり、家じゅうの隙間が名刺サイズになります。

 

 

 

ここで数値の話をしていても

 

よく分からないと思います。

 

足元や家の寒さで表すと

 

C5.0以上が昔のお爺ちゃんやお祖母ちゃんの家

 

冬場にキッチンに立つ際には、足元は厚手の靴下にカーペットが必要です。

 

あまりに寒い時には、キッチンの足元にはヒーターが置いてますよね。

 

 

C2.0から3.0が最近のアパートや通常の家

 

この数値だと、冬場は足元にヒンヤリ感を感じます。

 

お風呂の脱衣所だと、壁に結露が発生していたり

 

トイレでたまに白い息が出たりします。

 


C0.5以下が

 

あれ?この家エアコン1台だけで暖かいのは何で?と感じる家です。

 

家じゅうが暖かく涼しく快適です。

 

私たちが目に見え体感出来るとしたら

 

こういったものがモノサシになりますが

 

大事なのはここから!

 


壁体内結露!

 


人は、水が必要ですが

 

家は、水は必要ありません。

 

むしろ、少ないほうが良い!

 

沢山の隙間から、外部の湿度や温度が入ってきます。

 

隙間(Cが値が低い)が少ないのが素晴らしいのは

 

隙間の大きさによって

 

入ってくる湿気・温度が比例では無いのです。


一緒では無いのです!

 

比例せず、反比例のような曲線になります。

 

rifo-mu.jpg


 

なので、高気密高断熱と言っている住宅会社さんも

 

  高気密の定義がないので本当はC値2.0から5.0になっている

  (測定してないので分からない)

 

  換気システムがトイレ・ユニットバス兼用で換気している

(換気システムがイマイチだと壁体結露が発生しやすい)

 

  壁体内結露が発生しやすい断熱材を使っている

(透湿抵抗が低い断熱材や適切な施工方法が確立されてない)

 

このような事が言えます。

 

 

C値が小さく

 

壁の中の結露対策を講じていれば

 

壁体内結露が発生しにくくなります。

 

もし?壁の中で壁体内結露が発生したら

 

カビが人の健康を脅かします!

 

その一例が皮膚炎!

 

赤いブツブツは細菌や真菌(カビ)のせいかもといわれてますので要注意です!

 

 

sick_shisshin_man1.jpg


最近、私も皮膚炎が気になるので

 

今から、住んでるアパートの隙間を無くすようにしたいと思いますので

 

今日はここまで!

 

でわ、次のブログでお会いしましょう!

公開日時: 2021年10月10日 07:18

家で生活が変わる

こんにちは★

広報の水洗です。


私は今まで、「家」という存在をしっかり考えたことがありませんでした。


211009blog.jpg


「住めれば良い」
「+新しくて、オシャレなら尚良い」

のような感じでした^^;



しかし、バウハウスで家づくりをするご家族に関わらせていただけたり、
身近で、想いを乗せた家ができていく過程を見ていると


「あぁ、家って、ただ"家"じゃない、その家族の"基盤"と言えるほど大事なものなんだ」と
思うようになりました。


お引渡しをするたびに

「こんな家なら、夫婦喧嘩しなさそう」とか

「毎日の家事が少しでも、楽しくなりそう」とか

「ここから緑が見えて、気持良い風が吹いて・・気持良いんだろうなぁ・・」とか


どんな家に住むかによって、そこに住む人の「人生が変わる」といっても過言ではないと。


211009blog2.jpg


「賃貸じゃ、もったいないから」

「家族が増えて手狭になったから」

「今の家に不満があるから」

家を建てようと思う、理由は人それぞれですが


「暮らしが、より豊かになるような家づくりをしてくれる住宅会社」と出会っていただきたいと思います。

そういう家を建てる会社の人は

「熱量」が違うのではないかと思います。

事務的ではなく、自分の想いと、家づくりをする方に対しての想いを受け止め
「本当に良い家づくりをしてほしい!!」と思っている人には
やっぱり「熱意」があります。

最近は、コロナの影響もあり、なんでもWEB上で済んでしまう流れにもなっていますが、
私としては、大事な選択だからこそ、直接会って、話して、一緒に考えて、悩んで行きたいなと思います^^





公開日時: 2021年10月 9日 11:16

私の笑顔あふれる時

こんにちは(^^)アドバイザー津川です。


先日、お引き渡しして約1年になるU様が
BAUHAUS.に遊びにきてくださいました★


完全にアポ無しで(笑)
でも奇跡的にお会いすることができたんです!!!

「U様が下にいらっしゃってるよ」と聞いた瞬間、

私だけではなくインテリアコーディネーターも駆け足でU様の元へ(^^)


123456.jpg


321654.jpg


お引き渡しした時は、お子様がまだ産まれたばっかりだったのに、

もう歩き回っていて、一緒に時間を共有させていただけたことがとっても嬉しかったです。。。


引渡してからも、このようにオーナー様と付き合っていけることに幸せを感じます(^^)

本当に、BAUHAUS.で建てていただけたことに感謝

オーナー様もBAUHAUS.のアフター等の対応がしっかりできているので

"良い関係"

築きあげることができていってるんだなと。。


こういう光景を、すかさず写真におさめてくれているのは、
やっぱりうちの西宮です(^^)笑

西宮がアフターに行った後、オーナー様のことを色々と教えてくれるので

お会いしていなくても繋がっている感じです★★

ふとした時には、いつも「オーナー様元気かな」
なんて考えている津川でした

公開日時: 2021年10月 5日 18:56

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  
お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP