熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00.3_スタッフブログ

『灯の家』引渡式

こんにちは。荒木です!

段々と暖かくなり、桜も満開ですね!
花見をされている方々を良く見かけるようになりました。
みなさん花見はもうされましたか?

つい先日ですが、『灯の家』の引渡式を行いました。

S__58892292.jpg

思い出せば、熊本地震で家が大規模半壊で取り壊し。。。
同じ屋根の下で住んでいた家族はバラバラになりました。

719541E4-B817-4E8B-98B7-82643F905356.jpg

私は、プレハブ暮らしで、友人宅でお風呂を借りたりしていました。
姉はみなしのマンション暮らし。
なかなか家族が集う事も無くなりました。
『当たり前の生活』や『いつも通りの日常』の大事さを感じました。
実家がまず再建し、私がバウハウス.入社して初めての物件が姉の家です。
家族としての想いもあったり、会社の営業としての責任を感じ、いい経験が出来たと思います!
こんな経験が出来たのも社長はじめ、同じ職場のスタッフ、家づくりに関わる業者の方々、
大工さん、家族と多くの人のお力添えがあったからです。
ありがとうございます!!

話は姉の話になりますが、地元の交通安全委員で朝から横断歩道に立っていたり、
小学校では消しゴムはんこクラブの先生をしたりしています。
地震をきっかけに、東京や全く知らない他県の方々から支援物資を頂きながらの生活の中で、
自分は何ができるのかと考え、
『復興支援 のぼり旗』を作成したり、
県道の高森線の熊本市内から益城の入り口のところに『モニュメント』を地元の中学生と作成もした姉です。
地域の灯台になるような、また、近所のコニュニティーとかシンボルになるような家にしたいと言っていたのが印象に残っています。
姉の家が出来たことでようやく家族が集う荒木家の日常が戻りそうです☆

S__58892293.jpg

『家』は建てられる方の想いや夢が詰まったモノだと思います。

それぞれ違います。
色々な家族のカタチもあればライフスタイルも違います。

安心して過ごせること・快適に暮らせることが大事ではないでしょうか。

私は家が無くなってから、再建した時に、

『家』は命を守っているものということを感じることができました。

少しでも多くの方が後悔のない家づくりができるように、これから色々な方のお手伝いができればと思います。

以上、荒木でした!!

公開日時: 2019年4月 4日 14:03

受け継がれていくもの

皆さんこんにちは。
 

武谷です。


新元号が「令和」に決定しましたね。


一つの節目が終わり、また新たな時代がスタートを切ったわけですが、


バウハウスでも新しく新入社員が入社し、入社式が行われました。


私自信が入社したときのことを思い出し、その頃の自分と今の自分を比較したり、


今の自分の立ち位置の再認識など、見つめなおす良い機会にもなりました。


4月7日から玉名支店もオープンし、会社もどんどん大きくなっていきます。


そうなったときに、一人一人が自分の役割をちゃんと認識できているかや、


組織としての体制が整っているかがとても需要になってきます。


バウハウスでは様々な会議や研修が行われています。


43024087_2087476264596783_6830887068990701568_n.jpgのサムネール画像


46654503_2161173030560439_2457164611246358528_n.jpg


43104966_2087476281263448_1180157159246135296_n.jpg


その中で出た課題や様々な情報を共有し、問題の発見と改善を繰り返すことで、


ルールができ、より良いものをお客様にお届けできるようになります。


そうやって組織として体制が整っていくことで、例えば仮にもし、


誰かが病気で休んでしまったときも、常に情報を共有しておくことで


お客様にご迷惑をお掛けすることなく、スムーズに業務が進んだり、


また、新しいスタッフが増えても、しっかりとしたルールやマニュアルが


あるかどうかで、品質や文化が守られていくかが決まります。


私もまだまだ勉強しないといけないことばかりですが、


わからないことや壁にぶつかったときは、


自分の置かれている状況や役割を見つめなおしながら、


お客様に本当に良いものをお届けし、素敵な暮らしを送っていただくために


協力し合いながら頑張っていきたいと思っております。


家を造るのは人です。営業マンの人柄やトークの上手さだけで住宅会社を


決めるのも一つの判断基準かもしれませんが、


会社の理念や使命、組織としての体制など、そういったところも


重要な判断基準になると思います。



公開日時: 2019年4月 1日 23:57

暖かく迎える家完成見学会

こんにちは☆

広報の水洗です。
ついに新元号「令和(れいわ)」に決定しましたね!

頭文字はR!!
R+houseと同じ"R"!!
なんだか良い年になりそうです。笑


さて、先週末に「暖かく迎える家」様邸で完成見学会を行わせていただきました。


190401_blog.jpg

ご協力いただいたオーナー様、誠にありがとうございます。


今回の物件は、自然が多く、緑がたくさんあるとても気持ちの良い土地でした。


しかし、お施主様は当初、自然が多い環境だからこそ
「虫が多いのが気になる」とおっしゃていました。


その不安を担当建築家の田淵先生に伝えたところ
「虫が多いということは水が綺麗だということ、虫が住みやすい場所ということはその分、環境が良いんです。子どもが庭で遊んでいる・・というイメージをお持ちのお施主様にピッタリな場所になりますよ」
と言われました。


それを後から聞いた私もハッとしたのですが、デメリットだと思われることでも見方を変えればメリットに変わる。
そして、その見方を教えてくれたこそ、その土地を好きになる。


例えばこれが、「まぁ虫が多いのは土地柄しょうがないですよ。」くらいで設計を進められても、おそらく不安が消えず、それが完成後の不満になっていくと思います。


建築家は、そんな悩みや不安を一緒に解決しながらプランを創りあげます。
家づくりは「リビングの広さが~」とか「個室は〇個で~」という話だけではありません。


もちろん「おしゃれ!」というデザイン性の高さもありますが
「問題解決力」←この力が長けているので、建築家との家づくりには「満足」があるのだと思います。


「暖かく迎える家」様邸の建築家打ち合わせで、またまた建築家の「凄さ」に触れられました。


公開日時: 2019年4月 1日 12:48

準備中です



こんにちは!工務の宮本です。


暖かくなってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は花粉症で毎日目が痒いです・・・季節の変わり目は体調を崩すタイプなので気を付けます(; ・`д・´)



さて、バウハウスでは毎週末のイベントや玉名店オープンに向けて各部署がそれぞれ準備を進めています!
4月になるとお引渡する物件がいくつかありますが、工務では引渡式の際に渡す資料をまとめている最中です!




84565464984.jpg

こちらのボックス。中を開けると


11154.jpg aaaaaaaa.jpg


お施主様に渡す沢山の書類を入れています。


主に取り扱い説明書、瑕疵保険地盤保証書、気密測定結果報告書、長期優良書書類などです。
他にも消耗品の交換部材や、各業者連絡先等も入っているので何かあった時にすぐに確認、連絡ができるようになっています。






555555.png



このボックスを準備する度にもう引渡か・・・とうれしい気持ちと寂しい気持ちが混ざって毎回勝手にしみじみとなっています(笑)


ただ引き渡し後もアフターメンテナンス等でお会いする機会がありますのでお施主様には今後とも末永くお付き合いしていただければと思います!





公開日時: 2019年3月31日 14:06

☆後悔しない為に☆

こんにちは☆
木村雅です!(^^)!

3/24㈰サンライフ熊本にて「後悔しない為の賢い家づくりセミナー」が開催されました。

IMG_4633.JPG

先日、知人から「契約してもう1年以上経つんだけどまだ完成しないし、最初と間取りがだんだん変わるんだけど・・・」これって今の段階でも解約とかできるのかな・・・と聞かれ、その様な話は、事例として聞いたことがある程度でしたが、実際自分の知人がそのような経験をするとはビックリしました(;゚Д゚)

いつの時代もマイホームは家族の夢です。
近年の社会環境においてはマイホーム購入にあたって不安や疑問も尽きないことかと思います。
金利や税制、自分の年齢や家族の状況、将来設計とそれぞれのライフプランを検討して、自分にとって最適な住宅購入を見つけるのが理想です。

しかし、実際はとりあえず住宅展示場を見に行かれる方がほとんどです。
何の予備知識もない状態で家を見て営業を受ければ、その会社が良く見えてきます。
そして、「家のこともよくわからないし、外観も好みだし予算も合いそうだから」などという理由で決めてしまう方が少なくありません・・・

本当にそれでいいのでしょうか。

分からないことが多いまま住宅会社を選ぶのはとても難しく危険です❕❕
人生で一番大きな買い物といわれるマイホーム。
なんとなくの知識で家づくりをスタートするのは避けたいもの!

当社では、一人でも多くの方に後悔しない家づくりをしていただきたいという
強い想いから、毎月、家づくり勉強会を開催しております。

知人の話から、さらに家づくりの判断基準を持つこと・しっかりと勉強して家づくりをスタートすることがどんなに大事かを再確認しました。
是非、皆さんにも判断基準をしっかり持って頂き、実際体感して頂きたいと思います。

190330_event.png

お問い合わせは
☎096-346-0230
http://bauhaus-event.net/



公開日時: 2019年3月28日 10:16

家の快適な暮らしを続けていくために

こんにちは、武谷です。


近年、住宅の省エネ化が進んでいます。


残念ながら2011年に打ち出された2020年の省エネ法義務化は


事実上の延期となってしましましたが...


先送りの理由は、この2020年基準に適合している住宅会社がまだまだ少なく、


業界の反対が根強いことが原因です。


消費者目線えではない今回の省エネ法の先送りには疑問を投げかける声も多くあり、


お客様のことを思えば、この省エネ法のレベルは最低の最低でもクリアして


あたりまえの基準だと私は考えます。


こうした動きもあって、日本の住宅は「次々と建て替えてる」のではなく


「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う」


ことが求められるようになってきます。


つまり、今後は中古物件の流通が増えてきます。


そうなってくると今後住宅会社は、いつ、だれが、どのように新築や修繕、改修等を行ったかを


記録した"住宅履歴情報"をしっかり残していくことが重要になってきます。


こういった情報がしっかり管理されていないと、いざリフォームや家の売却が必要になった際に、


メーカーや住宅会社への余計な確認作業に時間や手間を取られたり、


最悪な場合、当時の担当がいないので分からないなどといったことにもなりかねません。


この他にも、家の資産価値を守る為に重要なポイントがいくつかありますので、


お伝えします。


①住宅履歴情報が管理される状態になっているか?


②アフターメンテナンスの内容がどんな内容になっているのか?


③リフォーム工事に掛かる費用まで考慮して準備ができているか?


④給湯機などの設備機器のメーカー保証が終了した後の準備ができているか?


⑤住宅会社が倒産しても、30年、40年先も家を守ってくれる制度があるのか?


⑥シロアリから家を守る準備ができているか?


⑦家のメンテナンス計画が準備できているか?



⑧引き渡しのときに、長期修繕計画を作成してもらえるか?


⑨第三者による定期点検は実施してもらえるか?


家は建てて終わりではありません。


今後、住宅会社を回られる際は、上記の様なポイントを注意して回られてみてはいかがでしょう?



公開日時: 2019年3月25日 21:58

家を建てたいと思ったら...

こんにちは!広報・アシスタント課の永田です。

皆さんは、「家を建てたいなぁ...」と思ったら、まず何をしますか?

■モデルハウスや展示場に行ってみる
■雑誌やインターネットで情報収集する
■まずは土地を探してみる
■いくらお金を借りられるか銀行などに問い合わせてみる

などなど、いろんなことが思い付くと思います。

ですが、BAUHAUS.でおすすめしているのは、

■まず、勉強会に行ってみる  です。

「家を建てる」ことは、ほとんどの方にとって、一生に一度あるか、ないかのことだと思います。
建てた後に、「やっぱりあぁしとけばよかった、こうしとけばよかった」と思っても、やり直すなんて、
そうそうできることではありません。
一生に一度のことだからこそ、絶対に失敗はしたくありませんよね。

そのために必要なのが、知識を身につけることです。

勉強会と聞くと、敬遠される方もいらっしゃるかもしれませんが、これから大きなお金を支払って、
永く住んでいく家を買うためですから、ぜひその努力は惜しまないでいただきたいと思います。

押さえるべきポイントは、ほんの数点です!しかも、そんなに難しい話でもありません。

これから家を建てる方々が、本当に後悔のない家づくりができるように、スタッフ一同願っています。

家を建てたい!と思ったら、まずは勉強会にご参加ください(^-^)

毎月開催しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

TEL: 096-346-0230

20190323173748_00001.jpg




公開日時: 2019年3月23日 18:00

« Newer Entries  5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  
お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP