熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00.3_スタッフブログ

アドバイザーブログ 津川 あずさ / 郡山 俊介 / 武谷 英伸 / 増井 昭浩 / 荒木 宏孝

土地購入するためには!?

こんにちは郡山です(^^

 

 

今回は土地を購入するためには!


 

住宅を検討するにあたり

土地を探されている方は多いかと思います!!

 

ですが、一般的に住宅会社を決められてから土地を探されること

 

が、お勧めだといわれます。

 

理由として2点あります!

 

1点目は

まず購入の方法にあります!!

 

多くの方は住宅ローンを借り入れて

 

土地の購入をします!

 

住宅会社が決まっていないと建物の金額や諸経費部分がわからずに

 

総額を決定することができません。

 

そのために、気にいった土地が見つかっても

 

住宅会社選びや銀行の審査等がでてきてしまい

 

仮で抑えていた期間を過ぎて(一般的に3週間程度)

 

別の方が購入してしまうケースがあります。

 

また、運よくスムーズに進んだ場合でも土地に費用をかけすぎて

 

ご希望の建物が建てられずに後悔される方が非常に多い印象を

うけます。

 

そのために住宅の性能がおざなりになり、結果的に光熱費等で損をしてしまう

 

可能性もあります。

2点目が

 

土地の売買価格で購入し、その後に建物がスムーズに

 

建築ができるかはわかりません。

 

例えば、水道管が敷地に引き込まれているかどうかでも数十万変わります。

 

他にも、建築基準法で建物が建てられない、もしくは数百万もの造成工事と

 

申請費用がかかる土地もあります!

 

昔の家が建っていても、現在の基準法では建てられない土地もありますので

 

家が建っていたからといってあてにはなりません。

 

下記写真は基準法のごく一部です!!

 

ぜひ、土地をご検討されるときには

 

住宅会社に相談されることをおすすめします!!!!

公開日時: 2020年5月23日 23:34

伝えることが繋がること

こんにちは!

BAUHAUS.の西宮です!

事を担当してますので

宜しく御願い致します!



最近

『おっ!やるな!』と思ったことがありました!

今年、入った工務の女性スタッフの犬束さんに

宇野くんが大事な事を教えてます。

kyounoshigotoDSC_0001.jpg

現場に置いてあるスリッパや備品の保管用のBOX!

その掃除を二人でしてました!



一度、現場で使ってしまうと

備品BOXにホコリや

入っていたスリッパに木くずが沢山ついてしまいます!

それを、キレイにしてました!


うーーーむ。


なかなか、やるな宇野くん!

現場から帰ってきた備品を

キレイキレイにしてあげて

次の現場で

気持ちよく使って頂こうという気遣いが

成長したのかなと思いました!


犬束さんも

せっせと頑張ってました!


最近は、工務などの部署に入る女性スタッフを

建設小町なんてハイカラに呼んだりします。

女性の観点で、現場を見ると

清掃も一ランク上になりそうです♪

たしかに

犬束さんの方が拭き取り方がキレイだったのは

宇野くんに内緒にしておきます!



建築家からバトンタッチされた

インテリアコーディネーターさんも

同じような気持ちかもしれませんね。

女性の観点で

色彩豊かなコーディネートをしたり

外壁も微妙な色つかいでも

素敵にコーディネートします!

ko-deline-toDSC_2167.JPG
(最近、見学会をしたお家です)

全体的にブラックでデザインをして

軒をグレーでコーディネート!

丁度いいグレーですね!

DSC_06161.JPG

お客様の意向を組んで

建築家のデザインを全体的にみて

内部の壁の色を決めて

洗面台のタイルの色を決め

そして、照明の配置を決めていきます。

DSC_0241.JPG

お客様が伝えたことが

素敵にデザインされた住む家へと繋がる。


今日も、コーディネーターさんが

会社に来て打合せをしてます。

まだまだ、マスクは外せないけど

その下には、お客様の笑顔が溢れてます。


きっと素敵なお家になるんだろうな~と思いつつ

今日はここまで!

でわ、次のブログでお会いしましょう!

公開日時: 2020年5月23日 07:19

ゾーニング

こんにちは!広報の冨田です★

 

 

新型コロナウイルスへの警戒は引継ぎ行われる中、自粛要請が解除される地域も出てきましたね。

ただ、自粛が解除されても、ウイルス自体がなくなるわけではありません。

ワクチンや薬の開発も進んではいるものの、流行と減退を繰り返しながら終息に向かう為、しばらくは予防意識を保ちつつ、活動していかなければなりません。

WITHコロナ』という言葉も耳にするようになりました。

 

 

新型コロナウイルスに限らず、感染症対策の手段の一つに『ゾーニング』することがあります。

ゾーニングとは、ざっくり言うと空間を用途別に分けて配置する事です。

ウイルス対策を例にするなら、玄関は汚染区域と考え、帰宅後は身に付けたものを脱ぎ、外で使用したカバンなどもここに置く。近くに洗面スペースがあれば手を洗ってから着替えもしくは入浴し、清潔区域であるリビングで過ごす。といった感じです。

 

 

 

ところで、家づくりにおいても『ゾーニング』の考え方があるのはご存知でしょうか。

 

建築におけるゾーニングとは、建築やインテリア計画における設計計画のプロセスの一つです。空間を機能や用途別に分けて、それぞれに必要な広さや位置をゾーンとしてとらえ、相互の関係をみながら空間全体の中での位置関係を決めます。

住宅の設計では、家族みんなが使う「パブリックスペース」と、個室などの「プライベートスペース」に分けて考える方法があります。また、二世帯住宅などでは、親世帯スペースと子世帯スペース、共用スペースに分けて考える方法があります。機能や用途面から全体像をとらえて配置していくことで、暮らしやすい間取りや使い勝手のよい設備を追求するものです。

建物の上下階に渡って垂直に空間配分するものをバーチカルゾーニングといい、水回りの位置や上下階での音の響き方なども配慮されます。水平空間の配分はフロアゾーニングといいます。ゾーニングには家事動線などの暮らしやすさや、住む人のライフスタイルに応じた空間配置が考えられます。

 

R+houseを手掛ける建築家の先生方も、専門家の目線でこのプロセスを使って間取りを作り上げていきます。もちろん、家族のライフスタイルや土地のメリットも加味されます。

 

そんな建築家の知識と技により、"住み手の暮らしやすさ"が沢山詰まった建築家住宅。

5/30()31()10301600の間、2日間限定で完成見学会が開催されます。

会場は玉名郡長洲町。ほか、イベント詳細はコチラ

 suefijisamatei-kengakukai-01.jpg

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策の為、同時刻でのご見学は最大2組様までとなっておりますので、早めのご予約をお勧め致します。

お問い合わせ、ご予約は℡096-346-0230まで!

 

また、参加スタッフ全員のマスク着用を義務付けており、

ご来場者の方へのマスク着用・アルコール消毒をお願いしております。

会場内は換気を徹底し、ウイルス除去効果の見込めるアロマオイルを使用しての加湿、空気清浄機を常時稼働いたしております。

ご理解・ご協力のほど、宜しくお願い致します。

 

 

公開日時: 2020年5月22日 11:47

見学会in長洲町「旗竿地」「ライトコート」ご存知でしょうか?


こんにちは☆

広報の水洗です。


今月30日(土)31日(日)に長洲町にて完成見学会を行います!


200530_event.jpg


ポイントは

「旗竿地(はたざおち)」
「ライトコート」

旗竿地とは・・

旗道路(公道)に接する出入口部分が細い通路上の敷地になっていて、その奥に家の敷地がある形状の土地のことを指します。

こんな土地です↓↓
200521blog02-01.jpg


そして・・見学会の立地は、こんな感じです↓

200521blog-01.jpg


そう、お隣さんに囲まれています。

そもそも旗竿地は、周辺を建物に囲まれていることが多いです。

「おとなりさんの家が気になりそう・・・」

「窓(カーテン)開けられなさそう・・・」

「暗そう・・風通し悪そう・・・」

と、思いますよね。


確かに、周辺の建物のことを考慮せず建てれば、確実にそうなります。

そんなときに、知識と設計テクニックを発揮するのが「建築家」


あら、不思議。隣家の存在が気になりません。

もちろん隣家が消えたわけでは無いので、隣家は存在しますが、とにかく気になりません。

カーテンを閉めっぱなしということもないでしょう。


「なぜ?」

これは本当に、見てみないと分かりません。
百聞は一見に如かずです。


その他にも

「ライトコート」(別名:光庭)

もポイントになります。

ライトコートとは、採光や風通しが期待できないような土地に用いられる設計手法のひとつです。

しかも、旗竿地で一番デメリットになりやすい

「駐車」

旗竿地は縦列駐車になりやすいですが、
例えば夫婦共働きで、車の使用頻度が高いと・・後ろに停めた車は前の車が邪魔で出られないので、わざわざ出してもらわないといけないし、めちゃくちゃ不便です。


旗竿地って、こういったデメリットがあるので道路に面した土地より安かったりします。

こういったデメリットを解決してくれるのであれば、めちゃくちゃ良い立地に変身もできます。


デメリットをメリットに変えるって、こういうことなのか!


ということを分かっていただける物件です^^

ぜひご来場くださいませ。

ご予約はこちらから→イベント予約サイト

公開日時: 2020年5月19日 12:18

お客様は知らない現場での作業 その5

こんにちは!

BAUHAUS.の西宮です!

事を担当してますので

宜しく御願い致します!



最近、知ったのですが

ヤマト運輸さんの荷物受け取りのチャットで

最後に『にゃ』をつけると

チャットの語尾も『にゃ』で返してくれます!


yamato2.jpg

少し、ホッとする内容ですね!

次の荷物の受取も

チャットでしたいにゃ!



その話題ではないのですが

今月のお引渡しのご自宅に

カメラ担当補佐として同席しました!

DSC_2165.JPG

お引渡しの時って

最後の確認作業や掃除作業をします!

DSC_2159.JPG

全員で、敷地内に落ちているゴミを拾います。

普段、ゴミ拾いはしてても

やっぱり、少し残っているんですよね(T_T)


ゴミ拾いも終わると

ちょうど、お客様も来られて

式典が進みます!

DSC_2190.JPG

滞りなく式典が完了すると

最後に記念写真です!

DSC_2237.JPG

4月入社のスタッフさんも

初めてのお引渡し式に参加できて

とても嬉しそうでした!


工事現場のゴミが無くなることはなくても

無くなるように続ける事が大事なこと!

新人さん達も地面を凝視して

拾っていたので

今回は、100%に近づいたはず!


彼らが

お客様の担当として

名前を覚えてもらうのは

まだまだ、少し先のお話し!

でも、こういった地道な作業を覚えて欲しいな~と思います。

地道だけど大事な作業!

その作業がお客様の笑顔へ繋がることを

感じて欲しいと願います!


そして今回も、素敵なご夫婦の新たな出発の瞬間に

立ち会えて良かったですにゃ!

でわ、次のブログでお会いしましょうニャ!

公開日時: 2020年5月16日 07:56

携帯の進化

こんにちは!

 

アドバイザー増井です。

 

最近はコロナの影響で子供たちが家にいます。


平日が休みの私には大変うれしい事なのですが、嫁は勉強をするように今は毎日監視しなくてはいけない事が大変だそうで...。とくに息子は勉強をしているのか心配です。

将来の夢がユーチューバーと言って、堂々とYouTubeを見ています。

みなさんのご家庭はどうでしょうか?


昔では、考えられない時代になっています。


昔と今で変わったなと思うものは電話です。

電話自体がダイヤル式の少年期を過ごした私ですが、 

携帯電話なんて昔は高価な物でお金持ちが持っているイメージでした。

電話の進化はすごいです。


昔の携帯電話はこれ↓↓


 a.png

 

今では考えられないですね(笑)


 

どんな物もそうですが徐々に進化していきます。

住宅も同じことが起こっています。


車と同じで、家の燃費(光熱費)が大切にになっています。

その為!

建てる前に家の燃費が分かるすごい時代になっています!


 みなさん昔の常識にとらわれずに色々と住宅の勉強をされてみてください。

ハッとすることがあるかもしれません。



 

 

 

 

 

 

 

公開日時: 2020年5月12日 02:36

観葉植物

こんにちは、総務課(経理・人事)の福嶋です。

 

外出もできず家にいるのも飽きちゃいますね...

 

気分を変えるためにも模様替えしようかなという方もいらっしゃるでしょう!

 

でもいろいろするのも面倒なとき簡単に雰囲気を変えるものの一つとして

 

観葉植物を置く!というのも一つだと思います。

 

私自身は植物に疎いですし、家においてもないので調べました()

 

まず飾り方として、余白になっている場所に飾る!

 

大きな観葉植物を飾るときは部屋の隅か、空間の余白になっている場所に飾ると

 

背景として緑の景色を演出してくれるようです。

 

小~中サイズの観葉植物であれば、卓上サイズだと棚の上

 

中くらいであればサイドボードの横に飾ると癒しの空間が出来上がるそうです。

 

また、左右対称で置くことで安定感も生まれるそうです。

 

部屋の雰囲気に合わせて鉢のカバーを購入するのもいいと思います^^

 

ただ、どこにでも置くのではなく、気候の条件を確認しておいた方がいいです。

 

日照不足にならないよう、光が入るかどうか、日当たりの良い場所があれば

 

生長しやすい環境になります。※直射日光には注意

 

次に気温ですが、観葉植物のほとんどは高温多湿の熱帯地方が原産となるそうです。

 

15℃を下回る季節になったら窓から離し、暖かい場所に移動してください。

 

そして、風通しがいい場所へ置くことです。

 

無風状態だと、葉を落としたり、病害虫への抵抗力を失って枯れてしまうそうです。

 

ですが、エアコンの風を長時間当てると人間と同じ様に体調を崩してしまうそうなので、注意してください!

 

気候を確認した後は、どんな風に育つ植物か注意して購入してください。

 

上に向かって育つ植物(ヤシ類やパキラなど)

pakira.jpg 

下に向かって育つ植物(ポトスなど)

 potosu.jpg

育ち方を考慮して、置く場所を決めてくださいね。


また、いい方法を見つけたらお知らせしますね^^


公開日時: 2020年5月11日 18:14

« Newer Entries  5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  
お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP