熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00.3_スタッフブログ

2025年までに全ての新築を等級3へ

こんにちは★津川です。

2018.9.20 新建ハウジング(住宅の専門新聞)の記事です

20180928140558_00001.jpg


熊本地震そして北海道地震が日本を襲いました

そんな中、一般社団法人耐震住宅100%実行委員会が、目指すべき耐震性能基準を、
新築では耐震等級3とし、2025年までに100%とする新しい方針並びに
木造の平屋と二階建てに関しては、
建築の一部の審査が省略される『四号特例』の廃止
視野に入れていく方針を示したそうです。

そもそもこの記事を見て、『新築は耐震等級3ぐらい確保してあるものじゃないの?』『四号特例って何?』と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、残念ながら新築で建てられている住宅が果たして安心安全かというとそうではありません。厳密に言うと、安心安全ではない新築住宅が約9割も建ち続けているのが現状です。

『地震で人が死なない家』を当たり前に。。。。と記載されていますが、
現在では『地震で人が死なない家』が当たり前ではないということですね(><)


構造の専門家である村上氏が無造作に抽出した実際に建てられた100棟の木造住宅の耐震性能を許容応力度計算(構造計算)で検証したところ、100棟すべてで何らかのエラーが見つかったそうです。


要するに、この100棟の家は、四号特例によって簡易的な計算しかされずに、新築された住宅ということです(><)


毎回大きな地震がくる度に、木造住宅が壊れ、被災者を苦しめています
知識のない営業マンは木造が弱いと言い、一般の消費者もそれを信じます
なぜ木造住宅が地震で壊れるのか?その原因が許容応力度計算(構造計算)を行っていないからだと答えることができる住宅会社で建ててもらいたいものです。
もっと言えば、構造計算を標準で行っている会社の方が安心ではないでしょうか。。。

多くの住宅業界の人ですら、理解できていない現状
一般消費者の方も勉強し、後悔しないための家づくりをスタートされてください。。

『地震で人が死なない家』当たり前に。。。。。

公開日時: 2018年9月28日 14:33

撮影

こんにちは(^^)/
木村雅です。

本日は、雑誌『住まいの提案 熊本』の内観撮影を行いました。
ダークな木目の落ち着いた雰囲気もあり、
子供部屋のカラフルなブラインドや吹き抜けの大きな窓など
沢山こだわりの詰まった印象的なご自宅でした

公開日時: 2018年9月19日 14:32

気密測定について




こんにちは郡山です(^^

 

今回は、気密の測定について

 166559944499449.JPG

皆様家づくりにおいて家の隙間と光熱費は密接な関係にあることをご存じでしょうか?

 

 

家の隙間が少ない事を「高気密」とよばれます。

 

家の隙間が少ない事は室内と室外の空気の行き来が少ない事につながりますので

 

エアコンで涼しくした空気や暖めた空気が逃げない事で熱の効率が向上し

 

光熱費の低減につながります。

 

また、換気システムで室内の空気を入れ替える際に家の隙間が多いと奥まで

 

空気が循環していないのが、実状となります。

 

下記参照

 259599959559959.JPG

他にも気密性が高いと、室内と室外の温度がぶつかる場所が減り

 

結露を起こす箇所がへりますので

 

家の耐久性にも大きく影響を及ぼします。

 

ぜひ、住宅会社に行かれる際は気密性を確認されて下さい!!!

 

気密はC値とよばれる数値で確認することが出来

 

数値が小さい程、家の隙間が小さいことになります!!

 

住宅業界ではC値が0.7以下でないと空気が循環しないことが

一般的になっておりますので、標準仕様で0.7以下なのかを

 

確認されることをお勧めします!!

3656564449494.JPGのサムネール画像

詳しく知りたい方は、お気軽にご相談下さい!!!

 

 

公開日時: 2018年9月18日 22:34

家づくりセミナー


こんにちは、福嶋です。

今週3連休だー!と思っていたら、次も3連休なんですね

公開日時: 2018年9月16日 11:41

地鎮祭

こんにちは(^^)/
木村雅です。

9月も半ばに入り、少しだけ涼しくなりましたね

公開日時: 2018年9月15日 15:19

撮影

こんにちは☆
木村雅です(^^♪

昨日は、雑誌「住まいの提案 熊本」の取材と撮影に行ってきました。
午前中は少し雨が降っていたので、外観の撮影ができるか心配でしたが撮影の時には
雨もやみ無事撮影する事ができました♬
今回は、お施主様のご協力もあり夜の外観・内観の写真も撮影させて頂きました。
お施主様には、照明の調節やモデルのお協力も頂きありがとうございました。

IMG_3177.JPGのサムネール画像

IMG_3181.JPG

IMG_3182.JPG

IMG_3193.JPG

IMG_3200.JPG

IMG_3204.JPG

昼の雰囲気もいいですが、夜もまた全然違う雰囲気ですよ☆

IMG_3220.JPG

IMG_3218.JPG

IMG_3215.JPG

IMG_3214.JPG

スマートフォンで撮影したので、なかなか良さが伝わりにくいのが残念です(>_<)
実際は、素敵な写真が沢山撮れてます

公開日時: 2018年9月13日 10:33

アトリエ建築家との家づくり

5d2c2c381cabb0094a3c403f0b80aad9_s.jpg

こんにちは。

武谷です。

皆さん「動線(どうせん)」という言葉をご存知でしょうか。

動線とは、建物の中を人が動く時に通ると思われる経路を線であらわしたもので、

暮らしやすい間取りを構成する上でとても重要になってきます。

170527_blog-01.jpg

動線といっても色々ありまして、例えば...

お友達など、お客様が来たときの「来客同線」や、それとは逆の「家族同線」

洗濯する⇒干す⇒畳む⇒収納するなど、家事に関わる「家事動線」

朝起きて食事や支度をから出かけるまでの「通勤動線」

洗面所やトイレなどの水回りの位置関係や使い方に関する「衛生動線」などです。

どの動線にも共通していえることですが、重要なのは「短さ」です。

これらの動線計画をしっかりと考えておかないと、

毎日の暮らしがとても億劫になってしまい、せっかく家を購入したのに

間取りに合わせて生活する住み心地のわるい家になってしまいます。

せっかく新しく家を購入するなら、暮らしに合わせた

住み心地の良い間取りが良いですよね。

優秀な設計士はこの「動線」を上手くデザインすることで、

肉体的な負担や、時間の短縮を図り、家族と過ごす時間を豊かなものに

するところまで考えてくれます。

更に、現在の暮らしだけではなく、5年後や10年後といった

ライフスタイルの変化まで考慮されていると最高ですよね。

限られた広さやご予算、また他のご要望もあるなかで

これらを上手くデザインするには専門的な技術やセンスが必要です。

実は私も某住宅会社でプランしてもらったことがあるのですが、

こちらが伝えた要望は入っていたものの、何か漠然とした不安や物足りなさを

感じていたのを覚えています。少し前に部屋の整理をしていて、

そのときの図面が出てきたのですが、今思うとその漠然とした

不安や物足りなさの原因が、そういったプロとしての提案がなかったからだと

いうことに気づきました。

img_architect01.jpg

R+houseのアトリエ建築家は設計のプロです。

「建築士」という資格を持った上で、それに加えて暮らし方の提案や住みごこち、

デザイン、予算の中におさめる能力を持ち合わせています。

また、日本全国から厳選された能力の高いアトリエ建築家たちは、

ドイツの職人マイスター制度に習い「マイスターズクラブ」という組織を結成していて、

建築家同士で互いの設計事例を公開し合い、共同で職能向上のための研修や勉強会を開催し、

切磋琢磨しています。

皆さんもそんな建築家たちと家づくりをしてみたいと思いませんか?

ご興味のある方は是非お問合せください。

今回お話した動線以外にもプランをする上で重要なことは他にもありますが、

そのお話はまた次の機会に...。

では。

公開日時: 2018年9月 7日 20:01

« Newer Entries  6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16  
お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP