熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00.3_スタッフブログ

断熱材について


こんにちは郡山です(^^)

 

 

本日のテーマは断熱材

 

 

住宅を検討している方で断熱材を気にされている方が

 

多い印象を受けます。

 

その中でどんな断熱材がよいのかを聞かれますが

 

一番重要なことは隙間がないことになります!

 

日本の家づくりで家の寿命が短くなる一番の原因は

 

結露です!!

 959595191915.JPG

 

現在、壁の中で結露をおこしてる住宅が多いのが現状です。

 

なぜかといいますと壁の中で断熱材が入っていない箇所があると

 

外気温と室内の温度がぶつかる箇所ができ、空気中の湿気が

 

つめたい壁の中で水滴となり、結露をおこします。

 

例えば、夏の室内でエアコンを使用して、そこに冷えたビールの


入ったコップを置きますと

 

コップの回りに水滴がつきます。

 

結露とほぼ同じ原理です!!

 

温度の違いがうまれ暖かい空気に含まれていた湿気が


冷たいグラスにぶつかり水滴に

 

なります。

 

これは壁の中でも同じで壁の中に断熱材の隙間ができると


冬の冷たい空気に触れた

 

壁の中のボードに水滴が出来てしまいます。

 

ですので、断熱材の隙間ができにくいことが重要になります。


隙間ができにくい、施工性が高い断熱材を使用されていることが

 

結果的に断熱性能へとつながってきます

 

 

 

例えば、工場で均一に断熱材を作り、現場ではめ込むだけの


施工性だと隙間ができにくい上でさな隙間に


吹付の断熱材を吹く事で更に隙間がなくなります!!

 

吹付の断熱材は柔軟性が重要です!!

 

地震等、小さなな揺れでも経年と共に柔軟性がなければ


剥がれるリスクが高まります。

 

また、吹付の断熱材だけですと吹く人により差が生じますし

 

ふわふわの断熱材でも施工する職人さんや環境条件で


壁の中に隙間ができる可能性が高くなります。

 

施工する職人さんで性能に差ができてしまうので


よい家もあれば悪い家もある状態では運任せになります。

 

他にも住宅の性能には家の隙間(気密性)も重要になります。

 

家の隙間が大きいと隙間風がはいります。

 

イメージして頂きますと

 

外の空気が室内に流れるということはエアコンの効率が悪くなり

 

いつまでも温まらない、いつまでも涼しくならない家になりますので

 

光熱費にも大きく影響致します。

 

現在では、実際に住む家の気密性や断熱性は数値で確認できる時代に

 

なりました!

 

ぜひ皆様「いえづくりのモノサシ」をもって住宅会社をまわられることが

 

後悔しない家づくりの第一歩だと思います!!

 

ちなみに断熱はUa値やQ値で確認でき気密(家の隙間)はC値で確認できます!

 849955955292.JPG

どちらも一般的に0.6以下が業界内では必要といわれています!

 

数値が小さい程性能が高いということになります!!

 

住宅会社に行かれた際はぜひお聞きください!!


どの住宅会社でも詳しく教えて頂けると思います!!!

 

公開日時: 2018年11月13日 22:36

照明のアイデア①



こんにちは、福嶋です!

すぐに実践できる照明のアイデアという記事が

デスクの近くに落ちていたので。。。(笑)

ご紹介します!(笑)

まぶしい光というのは、生活の中で障害になり

やわらかな光は心身ともにリラックスする効果があるそうです。

(まぶしい光のことをグレアというそうです)

なので、このグレアに気を付けて設置することを心がけてください^^

照明には

部屋全体を明るくする"全般照明"と

部分的に照らして彩と奥行きを与える"部分証明"があります。

間取りや家具の配置に合わせて、いくつかを組み合わせることで

簡単に立体的な空間を演出することができるそうです♪


20181111164944_00001.jpg

ダウンライトとペンダントのみ↑

最低限の明るさは確保していますが

ソファー側の壁面の暗がりやソファー手前の空間が澱んで見える...


ですが、ここにフロアスタンドを加えると、、、!

20181111164944_000012.jpg

空間の余白も埋めてくれ、壁面に反射する光も現れたため

空間全体が明るく華やいだ印象へと変化しました(*^^)


一つの部屋に一つの証明とは限らないんですね

公開日時: 2018年11月11日 22:33

あなたの車、エアバッグついてる!?

こんにちは★
アドバイザーの津川です。
最近、福嶋の知り合いの方に似顔絵を描いてもらいました(^^)

1541900167637.jpg

似てますか?
ちなみに私のチャームポイントでもある鼻にも、ホクロが書いてあるんですよ(笑)


これからもよろしくお願いします(^^)


さて、題名にもありましたように。。。。
『あなたの車にはエアバッグついてますか?』


今の時代、新しく車を購入した時にエアバッグがついてない車はないですよね
エアバッグとは、そもそも命を守るための備えとして今や標準で備え付けられています。

命を守るために備え付けられているのが当たり前だと消費者は思うので、エアバッグついていますか?なんてまず聞きませんよね

では家と置き換えてみましょう

人生の大半を車で過ごす人は滅多にいないと思います(笑)
ほとんどの方は、人生の大半を家の中で過ごします

そもそも車にはエアバッグをつけるつけないの選択肢がないにもわ関わらず、家には命を守るための構造計算が選択制になっている現状に驚きです(><)

命を守る構造計算がされていない木造の住宅は、約9割もあります。。。
要するにエアバッグがついていない車が、今の世の中に9割もあるということですよ。。


こういう視点で考えてみるとなんだかビックリしませんか?

20181111101425_00001.jpg

M's構造設計の佐藤氏は、新潟に『構造塾』を立ち上げてから9年目。
去年は200回以上の講座を行い、今年は250回以上実施するそうです。佐藤氏は、地震で倒れない安心・安全な木造住宅を普及させたいと常に訴え続けている方で、私たちBAUHAUS.も住宅事業部立ち上げ当初から、佐藤氏と同じ考えで、家づくりのお手伝いをしています。

相次いで大きな地震が発生し、その都度、住宅の耐震性能が課題として議論されているにも関わらず、足元を見れば住宅業界では依然として構造計算しないまま建ち続けている木造住宅が圧倒的に多いという厳しい現実があります。

佐藤氏が言い続けているように
耐震等級3をスタンダードに
木造住宅の構造計算をしっかりやろう!!

公開日時: 2018年11月11日 16:58

無事に地鎮祭終了☆

こんばんわ!荒木です。

IMG_0543-thumb-350x350-3011.jpg

昨日は私の姉の地鎮祭を行いました!
地鎮祭の間は雨かと心配でしたが、雨も降ることなく無事地鎮祭を終えることができました。

姉です!持ち方を祖母から指導され、笑いの中の地鎮祭となりました。
IMG_0587.JPG

家族と言っても見ての通り、僕以外は祖母と姉二人で女性ばっかりです。

肩幅広いけど、肩身は狭いです。笑

IMG_0588.JPG

竣工まで、無事故・無災害で終わることを願いました☆

久しぶりに家族も揃った時間となりました!

姉ちゃん良かったね!おめでとうございます!!

IMG_0589.JPG

久しぶりに大勢の人に囲まれて祖母が1番はしゃいでいるように感じました。

IMG_0590.JPG

これからもっと、ワクワクすることができる楽しい時間になるといいなぁー!と思えたひと時になりました。

最後にお知らせです↓

勉強会と完成見学会を開催致します。

☆事前にご予約いただきますよう、よろしくお願い致します☆

1118bkk02.jpg


20181110184753_00001.jpg


寒い時期になりますので、皆様お身体ご自愛ください‼

以上、荒木でした!!







公開日時: 2018年11月10日 14:34

断熱材について



こんにちは郡山です(^^

 

 

本日は、断熱材について

 

皆様、最近「高断熱」というワードを耳にする機会が多いかと思います。

 

実際に高断熱にするにはどうすればよいのでしょうか??

 

断熱材を気にする方が多いように感じますが

 

そもそも、施工がしやすいのか?が重要になります。 


1125559955.JPG


どんなに優れた断熱材を使用しても、隙間ができてしまうと

 

断熱されない箇所が出来てしまいますので、夏のビールジョッキにつく

 

水滴のように、壁の中で結露を起こすことにつながります。

 

結露とは、温度差があり、空気中に含めなくなった水分が、水滴となって出てきます。

 

226595988.JPG


つまり、壁の中で外気温と室内温度に差ができ、ぶつかる箇所でおきるのです!!

 

また、家の隙間も大きく影響しますので、快適性や健康への影響も考えるので

 

あれば、断熱材の施工のしやすさ、家の隙間の少なさを確認することが重要に

 

なってきます!!

 

まずは、壁の中で隙間ができにくい、断熱材と施工をご確認頂き

 

家の隙間についてはC値とよばれる数値を確認して頂ければ

 

快適な家づくりにすすんでいくかと思います!!

 

3659594848.JPG


気になりましたら、お気軽にご相談下さい!!

 

 

公開日時: 2018年11月 6日 19:24

換気について




こんにちは郡山です(^^

 

今回は換気システムについて

 

皆様、家づくりにおいて大事なことは非常にたくさんあります!!

 20181031221809_00001.jpgのサムネール画像

その中でも、家の性能が、快適性や家の耐久性、光熱費の低減につながります。

 

また、性能と直結しますもので、換気があります!!

 

フィルターを通して室内の空気が換気されることで、埃やダニ等の低減に

 

つながり、健康への影響は非常に大きなものになります。

 

まず換気システムは大きくわけまして3種類にダクト式とダクトレスに派生します。

 

それぞれのメリットとデメリットについて

 

 

1種換気(強制吸気、強制排気)

・メリット

 熱交換型になりますので、エアコンで暖めた空気や冷やした空気の熱の効率が

 

向上します(快適性アップ)

 

室内の温度が一定になりやすく、より結露がおこしにくくなります。

 

・デメリット

吸気と排気をファンで行いますので、月々の費用は他の換気システムより上がってしまします。(月10002000円程)

 

ダクト有りの場合は換気の風量計算を行い、必要な箇所に吸気口や排気口を設置されます。

 20181031221911_00001.jpg

ダクトレス換気

壁に換気扇がつき1部屋に2つのイメージになります。

片方が吸いもう方片が空気をはき1分置きにいれかわることが多い換気

 

設計、設置が容易で目にみえるのでメンテナンスしやすい

 

2つ対になりコストが高くなってしまうのが大きなデメリットになります。

他にも空気の逆流現象や換気扇を壁が貫通する箇所の多さによる雨仕舞等施工性が高くなってしまい、家への耐久性が低下する恐れがあります。

 

2種換気(強制吸気、自然吸気)

・メリット

 一般的な住宅ではほとんど採用されません。(主に病院等で採用)

 強制的に空気を取りこみ外との気圧差をうみだす事で室内への埃等の浸入を防ぎます。

 

・デメリット

室外の温度を一番室内に伝えてしまう為に、高断熱住宅でも、快適な温度にするためにエアコン等を強く必要とします。(光熱費が高くなってしまう)

 

3種換気(強制排気、自然吸気)

・メリット

排気を行うファンが一つのために換気システムの電気代は安価になります。

・デメリット

気密性(C0.7以下;一般的に推奨されている数値)家の隙間が多いと

 

室内の空気が換気されなくなります。

 

 20181031222033_00001.jpg

上記のメリットやデメリットを参照に家づくりの際の換気システムを

 

検討されることでより快適な家づくりにつながるかと思います!!!!

公開日時: 2018年10月30日 22:45

勉強中です!

こんばんわ!荒木です(^^)/

10月も終わりに近づいてますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私事になりますが、今月は東京で4日間研修を受けてきました!!

IMG_E0552.JPG

R+houseの仕組みや、他の加盟店方とお話もできて勉強になりました。

研修中は他の加盟店の方からアドバイスをいただいたり、
研修が終わるとご飯をご馳走していただいたりと、とても充実した環境で研修を受けることができました!!ありがとうございました!

R+houseは全国の加盟店の方との横の繋がりもあり、心強いなと思いました。

研修の内容をしっかりと自分で吸収して、お客様のお役に立てるよう早く成長していきます!!

そして、

20181029173146_00001.jpg

20181029173146_00002.jpg

格好良い個人のポスティングのチラシが出来上がりました☆

1人でボチボチポスティングしていますので、チラシがポストに入っていても捨てないでくださいm(_ _)m

モデルハウスにお越しの際は事前にお電話をいただけるとスムーズにご案内できますので、よろしくお願い致します。

あと個人の似顔絵書いてもらったので貼ってみます!!

IMG_0545.JPG

なかなかの完成度に驚きました!少しでも僕の顔を覚えていただけたら幸いです☆


温度差のある季節ですが、お身体ご自愛ください!
以上、荒木でした!

公開日時: 2018年10月27日 22:00

« Newer Entries  10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20  
お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP