熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00.3_スタッフブログ

家づくりセミナー


こんにちは、福嶋です。

今週3連休だー!と思っていたら、次も3連休なんですね

公開日時: 2018年9月16日 11:41

地鎮祭

こんにちは(^^)/
木村雅です。

9月も半ばに入り、少しだけ涼しくなりましたね

公開日時: 2018年9月15日 15:19

撮影

こんにちは☆
木村雅です(^^♪

昨日は、雑誌「住まいの提案 熊本」の取材と撮影に行ってきました。
午前中は少し雨が降っていたので、外観の撮影ができるか心配でしたが撮影の時には
雨もやみ無事撮影する事ができました♬
今回は、お施主様のご協力もあり夜の外観・内観の写真も撮影させて頂きました。
お施主様には、照明の調節やモデルのお協力も頂きありがとうございました。

IMG_3177.JPGのサムネール画像

IMG_3181.JPG

IMG_3182.JPG

IMG_3193.JPG

IMG_3200.JPG

IMG_3204.JPG

昼の雰囲気もいいですが、夜もまた全然違う雰囲気ですよ☆

IMG_3220.JPG

IMG_3218.JPG

IMG_3215.JPG

IMG_3214.JPG

スマートフォンで撮影したので、なかなか良さが伝わりにくいのが残念です(>_<)
実際は、素敵な写真が沢山撮れてます

公開日時: 2018年9月13日 10:33

アトリエ建築家との家づくり

5d2c2c381cabb0094a3c403f0b80aad9_s.jpg

こんにちは。

武谷です。

皆さん「動線(どうせん)」という言葉をご存知でしょうか。

動線とは、建物の中を人が動く時に通ると思われる経路を線であらわしたもので、

暮らしやすい間取りを構成する上でとても重要になってきます。

170527_blog-01.jpg

動線といっても色々ありまして、例えば...

お友達など、お客様が来たときの「来客同線」や、それとは逆の「家族同線」

洗濯する⇒干す⇒畳む⇒収納するなど、家事に関わる「家事動線」

朝起きて食事や支度をから出かけるまでの「通勤動線」

洗面所やトイレなどの水回りの位置関係や使い方に関する「衛生動線」などです。

どの動線にも共通していえることですが、重要なのは「短さ」です。

これらの動線計画をしっかりと考えておかないと、

毎日の暮らしがとても億劫になってしまい、せっかく家を購入したのに

間取りに合わせて生活する住み心地のわるい家になってしまいます。

せっかく新しく家を購入するなら、暮らしに合わせた

住み心地の良い間取りが良いですよね。

優秀な設計士はこの「動線」を上手くデザインすることで、

肉体的な負担や、時間の短縮を図り、家族と過ごす時間を豊かなものに

するところまで考えてくれます。

更に、現在の暮らしだけではなく、5年後や10年後といった

ライフスタイルの変化まで考慮されていると最高ですよね。

限られた広さやご予算、また他のご要望もあるなかで

これらを上手くデザインするには専門的な技術やセンスが必要です。

実は私も某住宅会社でプランしてもらったことがあるのですが、

こちらが伝えた要望は入っていたものの、何か漠然とした不安や物足りなさを

感じていたのを覚えています。少し前に部屋の整理をしていて、

そのときの図面が出てきたのですが、今思うとその漠然とした

不安や物足りなさの原因が、そういったプロとしての提案がなかったからだと

いうことに気づきました。

img_architect01.jpg

R+houseのアトリエ建築家は設計のプロです。

「建築士」という資格を持った上で、それに加えて暮らし方の提案や住みごこち、

デザイン、予算の中におさめる能力を持ち合わせています。

また、日本全国から厳選された能力の高いアトリエ建築家たちは、

ドイツの職人マイスター制度に習い「マイスターズクラブ」という組織を結成していて、

建築家同士で互いの設計事例を公開し合い、共同で職能向上のための研修や勉強会を開催し、

切磋琢磨しています。

皆さんもそんな建築家たちと家づくりをしてみたいと思いませんか?

ご興味のある方は是非お問合せください。

今回お話した動線以外にもプランをする上で重要なことは他にもありますが、

そのお話はまた次の機会に...。

では。

公開日時: 2018年9月 7日 20:01

撮影

こんにちは(^^)
木村雅です。

昨日は、「暮らしやすい家づくりのアイデア100'2019'」の雑誌の撮影に行ってきました。
お施主様自らこの日の為にインテリアを揃えて頂き、
照明の設定などへのご協力も頂きとても素敵な写真がたくさん撮影できました。
ありがとうございました。
ご紹介したい写真は沢山ございますが、私がスマートフォンで撮った写真を
いくつかご紹介しますね(^^♪

IMG_3077.JPG

IMG_3078.JPG

IMG_3083.JPG

IMG_3089.JPG

IMG_3096.JPG

IMG_3100.JPG



IMG_3121.JPG

IMG_3137.JPG

IMG_3141.JPG

IMG_3138.JPG

IMG_3147.JPG

いかがでしたか(´▽`*)
完成が楽しみです☆


公開日時: 2018年9月 6日 16:01

家の結露について



こんにちは郡山です(^^

 

本日は家の耐久性に関わる話になります!!

 

木造の住宅で家の寿命を短くするのは何だと思いますか?

 

大きな原因は白蟻と結露になります!!

 

前回白蟻についてお話しましたので

 

今回は結露について

 

なぜ結露が起きるかといいますと

 

温度差があるからです!!!!

 

室内と室外の温度差が生じる部分に空気中の水蒸気が水滴になります。

 

多くの方は窓回りで経験がないでしょうか??

 

冬の寒い日に室内でファンヒーターを使い、窓に大粒の水滴が・・・・

 

それが窓だけなら、まだいいですが

 

基本的に壁の中でもおきています!!

 

壁の中で結露をおこしますと

 

断熱材にもよりますが保水性が高い場合

 

水分を含み、カビの原因になります!

 

またその水分が木材の移ることで腐り出すのが

 

木造住宅の寿命が短い原因になります!!

 

ですので壁の中に結露をおこさないことが

 

寿命を大きく延ばすことにつながります!!

 

そのためには正しく断熱材を施工し

 

隙間をなくすことで、外気と内気がぶつからないようにし、

 

極端な温度差が生じる部分をなくすことが重要です!!

 

他にも室内側と室外側の両方に水分が壁の中に伝わらないように

 

水分を遮断する部分が必要となります!!15555555555555555.jpg

 

断熱材の気泡がある部分ではなく、シート状のもので

 

水分を遮断し、且つ湿度は抜けることが重要です!

 

ぜひ住宅会社を回られる際は

 

断熱材の施工方法と家の隙間が少ない事をご確認されることで

 

家の寿命や後々にかかってきますメンテナンスコストが大幅に変わってきます

 

何かありましたらお気軽にご相談下さい!!

 

公開日時: 2018年9月 5日 00:25

風と光が解け合う子供の声が響く家


こんにちは、福嶋です。

次の土日は住宅完成見学会となります

公開日時: 2018年9月 2日 17:05

« Newer Entries  12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  
お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP