熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00.3_スタッフブログ

☆お引渡し☆

こんにちは☀
木村雅です!(^^)!

本日は、「縁を結ぶ中庭のある家」様邸の引き渡し式を行いました。
ご家族を代表して息子さんがテープカットをされました✨

IMG_0005.JPG

IMG_0003.JPG

IMG_0007.JPG


お施主様のこだわりの詰まったシンプルでオシャレな家に仕上がっております。

DSC_1013.JPG

DSC_1040.JPG

DSC_1043.JPG

雑誌掲載のご協力も頂いているので、今月・来月と撮影や取材に入れせて頂く予定となっております。
楽しみです(^^)/

今日でお引渡しになりますが、何かございましたらお気軽にご連絡下さい。
今後とも、宜しくお願い致します。

本日は、誠におめでとうございます。


公開日時: 2018年8月 1日 15:41

外観撮影

こんにちは☀
木村雅です。

本日は、M様邸の外観撮影を行いました。
外構が完成して、はじめてお伺いさせて頂きました。
お施主様がお庭のお手入れを綺麗にされたいらっしゃったので
とてもオシャレでいい写真が取れました。

1.jpegのサムネール画像

2.jpeg

3.jpeg

ご協力ありがとうございました。
出来上がりがたのしみです(^^♪

公開日時: 2018年7月31日 12:05

勉強会準備

こんにちは!マーチです! いや、荒木です。

暑いですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

台風も少し心配なところですね。

さて、明日は待ちに待った勉強会です‼

4a.jpgのサムネール画像のサムネール画像

今回も大勢の方からご予約をいただきまして、ありがとうございます。

詳細は、お問合せいただきますようお願いいたします。

本日、設営を行いました。

j4.JPG

あまり写真を載せると明日の楽しみが減るので、明日会場でお楽しみください!!

家を建てられた後に、後悔されるかたは全体の7割の方に及びます。

後悔する前に、このセミナーに参加していただきくと、

ご自身の中の『判断基準』をお持ちいただくことができると思います。

その他重要な事はたくさんありますが...残りはセミナーでのお楽しみです!!


モデルのほうも、よろしくお願い致します!!

20180630202919_00001.jpgのサムネール画像のサムネール画像

ご来場の際は事前にご連絡いただけると助かります。

以上、荒木でした!

公開日時: 2018年7月28日 18:37

後悔しない為の賢い家づくりセミナー@フードパル熊本



こんにちは、福嶋です。

毎日とても暑いですね...少し外に出るだけで汗だくになってしまいます

公開日時: 2018年7月22日 17:02

暑いですね!

こんにちは!荒木です。

最近モデルや事務所に打ち合わせのお客様から、カピバラとかコアラとか動物に似てると言われます!

せめて人間にしてください。笑

暑いですが、皆様、熱中症にお気をつけてお過ごしでしょうか?

早めの水分補給と塩分補給は大事です☆

蝉もジリジリと鳴いていますが、そんな中ポスティングに行ってきました!

IMG_0396.JPG

少しでも動くと汗が流れますね!

内容はこちら↓

20180708214815_00003.jpgのサムネール画像

バウハウス.では、いろんなイベントの開催やモデルもオープンしております。

☆詳しくはお電話ください☆

さて、勉強会のお知らせです。

4a.jpgのサムネール画像

予約制になりますので、早めにご連絡ください!

モデルハウスはイベント時を除き、毎日オープンしております。
20180630202919_00001.jpgのサムネール画像

こちらも事前に、ご連絡いただいてからのご来場いただきますようよろしくお願い致します‼

暑い日が続くと思いますが、無理なく体調を崩さないように気を付けましょう‼

以上、荒木でした‼

公開日時: 2018年7月21日 17:00

土地選びを失敗しない為に

toti1.jpg


連日、暑い日が続いておりますが、皆さん如何お過ごしでしょうか。


武谷です。


今回は土地選びの注意点についてです。


家を建てるには何が必要か?


資金や、住宅会社を決める正しい判断基準もそうですが、


その他にも重要なもの。それは土地です。


土地がないと家は建ちません。


実は、土地選びは資金計画の段階から既に始まっているんです。


最初の資金計画を間違えると、土地に予算がとられて、


希望の建物が建てられなかったり、また無い土地を延々と探し続けて、


住宅購入の時期が遅れ、そうしている間に金利や物価が上がり、


賃料もかさんで、結果として当初予定していた総予算より多く費用が


掛かってしまうなんてことになり兼ねません。


そうならない為にも、土地の選び方をしっかりと学んでおく必要があります。


まず、土地を選ぶ際に知っておきたいこととしての1点目は、


100点の土地に出会うことはとても難しいということです。


上でも申し上げましたが、理想の土地を探し続けていると、


その間に月日が経って、その間の賃料が掛かってしまします。


その消えてしまった分の賃料があれば、もっといい土地を買えたなんてことも


良くありがちなケースの一つです。


なので、土地の希望を書き出して、優先順位を付けておくことが重要です。


例えば10個希望条件を書き出しておいて、その中の7個を


クリアすれば合格!など合格点を決めておくことです。


2点目は、決して掘り出し物はないということです。


「これは安い!」と思ったら、"何かある"と疑いましょう。


例えば、前面道路がとても狭かったり、訳あり物件だったり...


他にも色々と考えられます。


出来るだけ多くの土地を実際に見て、相場観を養いましょう。


3点目は、自分の判断だけで購入しないということです。


普段からお仕事柄、不動産関係を触られている方ならは話は別ですが、


土地には法的な制限が掛けられていることがあります。


「これは!」と思って土地を購入したは良いものの、


家を建てるには工事や申請が必要で、追加で数百万の費用が掛かり、


こんなはずじゃなかった...なんてこともありえます。


ご自身だけで判断されず、良さそうな土地をみつけたら、まずは


住宅会社などプロの意見を仰いでみましょう。


4点目は、ライバルは多いといことです。


スーパーやコンビニが近い、駅やバス停にも近い、綺麗に造成されている、


学校にも近いなど...


土地は建物とは違って皆狙う土地は同じような条件です。


迷っているうちに、他の人に買いわれてしまったなんてこともよくある話です。


予め、予算や条件を決めておいて、すぐに動ける状態に準備しておきましょう。


このように、土地を買うことは簡単ではありません。


toti2.jpg


住宅会社は、そこに家を建てて、永い間幸せに暮らしていただくことを前提に


土地を吟味します。なので、住宅会社と一緒に土地を選ぶ方


後々の失敗や後悔のリスクを回避できます。


今から住宅を購入の方は参考にされてみてください。

公開日時: 2018年7月20日 08:55

省エネルギー法について

こんにちは郡山です(^^

 

 

今回は住宅の省エネルギー法について

 

皆様、今住宅業界は大きな変革期を迎えているのをご存じでしょうか???

 

2020年に現在の住宅の断熱性能はある一定の基準を満たさなければ

 

提供してはいけなくなります。

 

つまりその数値を住宅会社に聞くことにより

 

実際に住む家の断熱性能が比較できる時代になりました!!

 

その数値はUa値とよばれる数値になります!

 

もちろん実際にはこれだけでなく、気密性(家の隙間の少なさ)

 

断熱材(施工のしやすさ;均一性)

 

構造の詳細な計算、防蟻処理、メンテナンス性等

 

たくさん確認しないといけませんが

 

今回は断熱について

 

 15656959595.JPG

■国土交通省より引用

断熱性能に関する指標を床面積あたりの熱損失量である熱損失係数(Q値)から外皮表面積あたりの熱 損失量(換気による熱損失量を除く)である外皮平均熱貫流率(UA値)へ変更。 z日射遮蔽性能に関する指標を床面積当たりの日射熱取得量※である夏期日射取得係数(μ値)から外皮 表面積あたりの日射熱取得量※である冷房期の平均日射熱取得率(ηA値)へ変更。

※ここでの日射熱取得量は単位日射強度あたりの日射熱取得量を示す。

 

上記ではなかなか理解しにくいと思いますが

 

旧基準では床面積を基準とした計算方法から

 

新基準の外皮(壁や窓等)を基準とした計算方法(世界的に一般的な計算方法)

 

で統一することで、より正確な断熱性能の結果が得られるようになります。

 

ちなみに現在使用されている基準は平成11年に定められた基準となり

 

20年も前の基準になります!262659595959.JPG

 

世界的にみれば、2020年の基準ですら、遅れている状態になりますので

 

ぜひ新基準、その先の基準を見越した数値を住宅購入の際の

 

ひとつの指標とされることで、快適性や光熱費の低減につながります!!

 

Ua値は熊本で0.87以下

 

数値が低いほど断熱性が高くなります。

 

その先の0.6以下をクリアする住宅が業界では

 

最低減のラインといわれますので

 

ぜひ、標準仕様でUa値はどのくらいかを確認されることをおすすめします!!

 

家づくりにおいて後悔しないように必ず断熱の性能にはこだわることが重要です!!

 

 

公開日時: 2018年7月18日 00:52

« Newer Entries  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  
お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP