熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00.3_スタッフブログ

アドバイザーブログ 津川 あずさ / 郡山 俊介 / 武谷 英伸 / 増井 昭浩 / 荒木 宏孝

体感してみて!

こんにちは!

アドバイザー増井です!

 

もう暑さが我慢できない季節。夏になってしまいました!

夏は暑いのは仕方がないですが、蒸し暑いのが日本の特徴です。

 

こういうときは打越のモデルハウスに行くと高気密高断熱の快適さが分かります。

打越にあるモデルハウスに行くとなんて快適!!

2階建てでエアコンは2台付けていますが、全室温度差がほとんどありません。


冬はエアコン1台で快適に過ごせますが、夏にエアコンは2階建てであれば1階と2階には必要です。ただ、高効率エアコンではなく一般のエアコンで十分に対応でき尚且つ、除湿せず湿度が下がります。高気密高断熱の住宅の特徴ですね。

打越モデルハウスに見学に行けば蒸し暑さが無くなっていることが実際に分かりまよ(^^)

 

夏の暑い時期でしか体感できない、高断熱高気密住宅にご見学にお越しになりませんか?


ご興味がある方はお気軽にご連絡ください。

 a6.pngのサムネール画像


 ↓↓コチラへご連絡ください!

tel.096-346-0230

熊本市中央区坪井6丁目17-15
営業時間 9:00 -18:00

 

公開日時: 2020年7月21日 07:33

貴方のなかの宝石箱に

こんにちは!

BAUHAUS.の西宮です!

事を担当してますので

宜しく御願い致します!



建築家さんって

プレゼンテーションが上手だな~と思うことがありました!


人に個性がたくさんあり

十人十色と呼ばれるように

お土地にも、分譲地だったとしても

個性があります。


お土地に

良い個性もあれば

そうじゃない部分もあったりします。


でも、その部分の個性を

活かすのが設計手腕なのです。

その手腕の説明とも言えるのが

プレゼンテーション!


お土地を見たときの第一印象を元に

お客様の感性と

建物の性能を意識しながら

説明が始まります!

t-samaDSC_4447.JPG

一通りの説明が終わると

いよいよメインの模型を使った説明です!

今回は、届いた模型を開けてもらってます!

t-samaDSC_4462.JPG

最高の瞬間です!

おおぉぉ!という歓声の言葉もあり

しばし、将来住むお家を眺めてます。

t-samaDSC_4491.JPG


t-samaDSC_4497.JPG

今回は、アドバイザーの津川も

箱を開けるのをお客様にして欲しかったみたいで

本人も、立ち上がって見ています!



お客様も

建築家 齊藤真二先生も

そして、アドバイザーの津川も

笑顔の瞬間がありました。


建築家さんって

ある意味

砂漠の中で宝石を探すような人たちです。


お客様とのインタビューを頼りに

お土地の風景を思い出しながら

お家という宝石を探すのです。


笑顔の瞬間に

お客様のなかの宝石箱に

お家という名の宝石が入ったのかもしれません。


その宝石は

これからインテリアコーディネーターや工務スタッフが

磨いていくのです。


そして、最後に

貴方のなかの宝石箱に

楽しかった家創りの想い出という宝石をプレゼントするために

バウハウス.は頑張ります!

今日はここまで!

でわ、次のブログでお会いしましょう!

公開日時: 2020年7月18日 06:19

備え

こんにちは!広報の冨田です★

 

 

7月も半ばを過ぎ、いよいよ本格的な夏が始まりますね。

玉名店の裏の古民家では、アブラゼミが力強く鳴き始めました()

 

さて、今日は久しぶりに揺れましたね。熊本地方が震源地だったようです。

熊本地震で余震を何度も経験しましたが、あまり慣れるものではありませんね。

毎回心臓がドキッとします。

 

 

自然災害の中でも、現在の科学技術では詳細な予測が難しいとされる地震。

『いつ起こりうるか分からないが、起こるであろうとされているもの』に関して、日頃からの備えが大切であると思います。

 

 

備えるもの・・・食料や防災グッズはもちろんですが、『家』そのものはどうでしょうか?

近年では、『耐震』という言葉を耳にされる方も多いかと思います。

ではその『耐震』の基準って皆さんご存知ですか?

 

【耐震等級3相当】と【耐震等級3】の違いとは、いったい何だと思いますか?

 

答えは7/18()19()開催の『後悔しない為の賢い家づくりセミナー』にてお確かめください!10組様限定でのご案内で、残りあとわずかとなっております。

 

一生に一度の家づくり。見た目のカッコよさはもちろん、強くて高性能なお家づくりを検討されている方にもおすすめです。耐震をはじめとするお家の性能に関するお話や、失敗しない土地の選び方、知って得するお話など、充実の内容となっております。

 0717ben.jpg

お問い合わせ・ご予約は℡096-346-0230又は【BAUHAUS公式スマホサイト(http://www.kimura-bauhaus.jp/sp/seminar/)】からお待ちしております。

 

 

公開日時: 2020年7月17日 15:45

建築家とは!!

 

こんにちは!郡山です(^^)/

 

建築家とは?

 

皆様建築家とはどんなイメージでしょうか?

 

良く聞くのが、おじさんとか、髭にメガネ

 

こだわりが強くてとっつきにくそうとか

 

耳にしますが、本物の建築家とは家に対して、真剣で

 

お話ししやすい方になります!!

 

 

まずは、

社内設計士と建築家の違いって何!?と思われている方も多いように

 

感じます。

 

資格は同じ一級建築士や二級建築士になります!

 

独立した事務所を構えているのが建築家

 

社内で活動しているのが、設計士と業界で呼ぶことが多いです!

 

〇〇家とは、その分野のプロになります!

例えば、漫画家や画家、書道家等

 6595999449494.JPG

 

その一番の違いは提案力と言われます!

 

社内設計士は会社員になりますので、会社に規程にのっとり

 

お客様の要望を聞いて、間取りを、反映させますが

 

建築家は住まい方や、土地条件を含めて間取りの構成を考えます!

 

お客様の満足度に自信があり、独立された方の提案は

 

レベルが違います!!!!

 

提案によって、ご満足いただき、御飯を食べてますので

 

適当なプランで依頼されなくなると生活できません!

 

ですので、風の抜け方や光の入り方

 

プライバシーの確保まで、住むご家族様の生活スタイルにあわせて

 

土地に足を運び、プランを作成するので、満足度が大きく変わります!

 

家とは土地が変われば配置や窓や壁の位置は大きく変わるのが普通ですので

 

とりあえずプランをだして、土地が変わってもプランは変わらないということは

 

裏をかえせば、提案力がないことになります!!

 

ぜひ、一生に一度の家づくりにおいて建築家と建てる家は

 

3040年住む家において、日々の暮らしの豊かさや過ごしやすさに

 

つながりますので、一度ご興味を持って頂く事をお勧めします(^^

 

もちろん、どんなに優れた間取りでも、住宅の性能

 

断熱と気密にこだわらなければ、快適な空間にはなりません!

 

ですので、断熱はUa値、気密はC値をまずは確認されてから、間取りのお話しを

 

することが、本当の意味でのご家族様のための快適な家づくりにつながります!

 

数値が低ければ低い程、断熱性能、気密性能が高いことになり、どちらも

 

0.5以下の数値になりますと、高断熱、高気密と言われる数値になります!

詳しくは、お気軽にご相談ください!!!

 

公開日時: 2020年7月11日 18:26

床下にはオニさんがいるんだよ

こんにちは!

BAUHAUS.の西宮です!

事を担当してますので

宜しく御願い致します!



現在、各地地で大雨による災害が多発してます。

被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

皆様も十分に気をつけて、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。



定期点検をして

補修箇所や24時間換気扇のチェック等が終わると

床下の点検をします。


床下に潜ると

チビッコ達が興味しんしんに目を輝かせて見に来ます!



何してるのー?』とか



頑張れ!頑張れ!』なんて声援もあったりします!



でも、床下は、お子様には危険なので

西宮

『床下は、オニさんがいるから入ったらダメだよ~


あっ!オニさんがこっち見てる!』


なんて、やり取りを毎回してます。



つい最近、点検にお伺いしたお客様宅で


ご主人様

『バウハウスの建物って、床下がメッチャきれい』


別のお客様

『他の住宅会社で建てた友達は


1年半経っても来ないのに


バウハウスは点検がスゴイですね!』(を2名から)


という話しを、ここ最近、聞くようなってきました。




なぜ?床下の全部の点検するようにしたのかというと


お客様は、目に見える範囲はわかると思います。


でも、ご自身が床下に潜るとなると


抵抗のある方がほとんどです。



床下の点検が終わり


その時撮影した写真をお客様にお見せすると


皆さん、スマホの画面をジックリと見ます。


普段、住んでいても


見ることは無いからですね。


でも、見えない範囲もチェックする方が


お客様には安心感があると思います。



バウハウス.理念に


良質で資産価値の高い家創りという文字があります。


良質という言葉を守るためには


見えない部分も点検する方が良いと思います。



定期点検時に床下に潜って


床下全部を調査している建築会社を


あまり聞いたことがありません。


どちらかというと


定期点検の時間は早めに切り上げる会社が多いように思います。


軽めの定期点検をこなして


アフターメンテナンスを重要視していない会社も多いのです。


最近の傾向として


大手ハウスメーカーなどは


すでにアフターメンテナンスの重要性を考え


アフター部門の強化をしている会社も増えてきました。



バウハウス.もアフター部門を強化し


住んだ後も安心を送りたいと思います。



お子様たちの声援に守られながら


今日も、定期点検で床下のチェックを頑張りますので


宜しくお願い致します!


でわ、次のブログでお会いしましょう!

公開日時: 2020年7月11日 06:08

コンビニで。

こんにちは!

アドバイザー増井です!

 

7月になり日常でココは変わったなって思うことが1つありました。

それはレジ袋有料化です。

当たり前のように近くのコンビニへ行き、お弁当を持ってレジへ行き、いざお会計...

 

「レジ袋は必要ですか?」

 

「お必要であれば○○円かかります。」

 

と言われ私自身がビックリしてしまい出てきた言葉が

 

「大丈夫です。」と答えてしまいました(-_-)

 

弁当を温めていたことに気づいて最終的にはレジ袋を頼みました。理由はお弁当が熱すぎて持てなかったからです()

いざ有料化になり、当たり前だったレジ袋ないとこんなに不便なものだとは思いませんでした。

 

レジ袋でお金を取るのかよとか思われている方がいるかもしれませんが、何の目的で始まったかというと...

g.pngのサムネール画像のサムネール画像

 プラスチックは、非常に便利な素材です。成形しやすく、軽くて丈夫で密閉性も高いため、製品の軽量化や食品ロスの削減など、あらゆる分野で私たちの生活に貢献しています。一方で、廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの課題もあります。私たちは、プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していく必要があります。


このような状況を踏まえ、令和2年7月1日より、全国でプラスチック製買物袋の有料化を行うこととなりました。これは、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。

↑↑

これは経済産業省のホームページの文章です。

この文章に書いてある通り、とてもいいことだと私は思いました。

最近は異常気象が増えていますがその原因は地球温暖化ともいわれています。

これかの地球のことを思うのはこれからの子供たちの為にもなるので、レジ袋を使わないことに慣れようと思いました!

 

住宅では廃材(ゴミ)が必ず出ます。その廃材も捨てるのにコスト(お金)が掛かってきます。

レジ袋有料化と考えは同じです。住宅を造る上で廃材は必ず出ますが最低限の廃材で済むようなつくり方もあります。そうすることによって無駄なコストもかけなくていいですし、エコにもなりますね。

 

みなさんもエコに繋がることを始めてみませんか?まずはレジ袋がないことに早く慣れることかもしれません。


ではまた次回。

 

公開日時: 2020年7月 7日 06:18

新登場のコーヒーカップ

こんにちは、総務課(経理・人事)の福嶋です。

 

何回かに一度やってくる、、、

 

バウハウスにある小物紹介コーナー!笑

 

今回は最近バウハウスの食器棚に加わったこちらをご紹介致します★


12263892710581.jpg


普通のコーヒーカップに見えるかもしれませんが

 

実はあるモノでつくられたコーヒーカップなんですよ!

 

 

 

何と、、、

 

"コーヒーの抽出かす"で作られたコーヒーカップとソーサーになります!!

 

デザインしたのは、ジュリアン・レヒナーというドイツ・ベルリンのデザイナーです。

fe1f5ce21de2e84ebb21f6bc3b238491.jpg


イタリアでプロダクト(製品)デザインの勉強しているときに

 

毎日カフェなどで大量に消費されているコーヒーの抽出かすが捨てられていることから

 

このようなアイデアを思い付いたそうです!

 

再利用素材からモノ作りをする"KaffeeForm"(カフェフォルム)という

 

プロジェクトが始まりました。

 

ドイツ人1人当たりの年間コーヒー消費量は6.5㎏で世界3位。

 

そして日本はドイツに続き世界4位らしいです。。

 

環境先進国のドイツならではで、リサイクルの想いが具現化されていったそうです。

 

一つのカップがつくられるまで、5週間ほどかかり

 

原料となるコーヒーの抽出かすは、すべてベルリンのカフェから提供されています。

 

ジュリアンさんは、週3回、ベルリンのさまざまなカフェから原料となる

 

コーヒー抽出かすを収集し続けてるそうですよ。


12263892655410.jpg

 コーヒー用だけでなく、写真右側の小さいサイズ(エスプレッソ用)もあります。

 ※エスプレッソ用カップ1個につき、エスプレッソ約6杯分の抽出かすを使用されます。

 

最近は暑いので、なかなかホットコーヒーが出ることが無いので

 

出番が少なめですが、このコーヒーカップが出てきたときは

 

カップの匂いも嗅いでみてください!コーヒーの香りがする、、かもです!笑

(わたしは苦いような匂いがするな~という感想です笑)

 

このようにバウハウスでは、食器や小物などにも、こだわって置いていますので

 

気になられたものがあれば、声をかけて頂ければと思います^^

(忘れているものもあると思うので、その時は次回までに復習しておきます!)


他にも、新しく加わったものがありますので、またご紹介いたします♪


公開日時: 2020年7月 6日 11:11

« Newer Entries  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  
お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP