熊本県全域・熊本市内全域、施工致します。
バウハウス.|注文住宅(熊本)の工務店なら当店で施工 建築家と創る家。熊本の注文住宅の工務店なら安心のバウハウス.へ。

00.3_スタッフブログ

梅雨



こんにちは!工務の宮本です。
最近毎日雨が降っていますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?


thumb5-1.jpg



雨の日の大敵といえば湿気ですよね!(-"-)
窓に結露が出来ていたり洗濯ものが乾かなかったりフローリングや畳が湿っていたり・・・



梅雨時期の湿気は住宅に悪影響を及ぼします。


①結露
風通しの悪い場所で結露が起こります。家の中で結露が起こりやすい場所は
押し入れ・クローゼット、エアコン、浴室、トイレ、洗面所、靴箱、植木鉢などなど・・・
挙げたのは一部です。



②カビ発生
結露を放置してしまうとカビが家中に発生してしまいます。
するとカビを餌にするダニの大量発生や繁殖に繋がります。またカビのほかに木を腐らせる
木材腐朽菌といわれる菌が構造材を腐食し、家自体が危険になってします可能性もあります。


③害虫
腐った木材はシロアリなどの餌になりますます悪影響です。シロアリが増えてしまうと住宅が
倒壊してしまう恐れがあります。


④疾患
カビやダニはアレルギー疾患の原因ともいわれています。
代表的なものとしてアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、花粉症、気管支喘息などが挙げられます。


komatta_man2.png




ではこのような問題からどのように大切な家を守ればいいのでしょうか。



答えは通気性を良くし、結露を起こさないことです。


つまりは「換気」です!!!!



R+houseでは高い気密性を確保し、計画的な機械換気を行いいつもちょうどよい湿度に保つ
24時間換気システムを採用しています。



201707051741456ed.png


☆第一種換気
 給気と排気の両方にファンを使って、強制的に換気するタイプ。

☆第二種換気
 給気にファンを使って強制換気をして、排気は自然換気するタイプ。
 室内の気圧が屋外よりも高くなるので、室内にホコリなどが入りにくい。
 そのため、病院の手術室や精密機器の製造工場などで使われている。

☆第三種換気
 給気は自然給気で、排気にファンを使って強制換気するタイプ。
 最も一般的に使われている方式です。


主にR+houseでは第一種換気と第三種換気を採用しています。



これから住宅を建てられる方は換気などの性能についても
調べて見てください^^






公開日時: 2018年6月21日 17:22

無垢材と合板   床

 

こんにちは郡山です(^^

 

今回は床材について

 

床材(木)とはまず大きくわけて2種類ございます!!

 

合板フローリングと天然無垢材になります!

 

合板フローリングは0659599595959.JPG

複数の板を接着剤で張り合わせた木材になります。

 

■メリット

 

まずは安価であること

次にシートに印刷しているものもある為に、均一に見える点

施工が容易で安定しやすい点

床暖房にも使用できる

 

■デメリット1848484484.JPG

 

シックハウスやアレルギーが起きる可能性がある

経年劣化が早く10年程で張替を検討しなければならないので

総合的な価格が上がる可能性があること

接着剤で固めているために踏み心地が固く足に負担がかかること

断熱性能が低く冬冷たく、夏暑い

 

天然無垢材2599594848.JPG

 

■メリット

 

見た目にも高級感がある

張替のリスクが少なく長期的に使用できる

アレルギー関係の問題が非常にすくない

足触りが基本的に良く断熱性も高いために冬は暖かく、夏はひんやりしている

 

■デメリット365959494949.JPG

 

合板よりも高価

水を含みやすく、シミや反り等の発生リスクがある

温度や湿気の影響を受けるために床暖房の使用は不可

 

 

どちらにも一長一短ありますが、長期的な視点で見た場合に

コスト的な問題はメンテナンス費用も含めると、価格差はなく、

むしろ、天然無垢材のほうが経済的といえる。

他にも健康への影響は大きく、人体への影響や、日々の生活の

安全性まで検討されますと、天然無垢材のメリットは大きいと

思います!!

 

標準仕様で床が何を使用しているかお聞き頂くと

 

今後住む家での住みやすさに直結しますので

 

ぜひ、気にされて下さい!!

 

公開日時: 2018年6月20日 00:41

アフターメンテナンス

暑い日が続いておりますが如何お過ごしでしょうか。

武谷です。

今日は、「家価値サポート」の研修がありました。

「家価値サポート」とは、R+houseのアフターメンテナンスシステムのことです。

家は建てて終わりではありません。

永い間快適に過ごすためには適切な維持と管理が必要になります。

もちろん、高気密、高断熱、高耐震高耐久の家であれば、

その期間は長くなりますが、全くメンテナンスが不要というわけではありません。

ie1.jpg

仕様によっても違いはありますが、メンテナンススケジュールを立てて

都度都度、適切なタイミングで適切なメンテナンスを行うことが大切です。

mente.jpg

そして、その記録をしっかり保存していくこと。

これを「住宅履歴情報」といい、以前もブログでお伝えしましたが、

2018年から宅建業法が変わり、中古住宅の売却時に、住宅の図面情報や

維持管理の状況の明示が求められるようになりました。

これらを怠ってしまうと、家の資産としての価値が損なわれ

将来売却したりする場合の評価も下がってしまします。

今後、バウハウスもアフターメンテナンスの更なる充実の準備をしております。

また詳細が決まりましたら、ホームページ等でもご案内いたします。

では。

公開日時: 2018年6月15日 09:38

家づくりの"ものさし"

こんにちは。
木村雅です(^^)/

随時開催しております「後悔しないための家づくり勉強会」。

今月は6/23(土)に開催致します。

0623-02.jpg

全国でも多くのご家族に参加頂きご好評いただいております

公開日時: 2018年6月13日 15:14

完成見学会1日目終了

こんにちは!荒木です。

今日は、『家族の成長を描く モノクロの家』 完成見学会の1日目でした。

a1.JPG

天候にも恵まれ、絶好の完成見学会日和となりました‼

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

a3.JPG

a5.JPG

お客様のお子様のお世話もさせていただきました‼

a2.JPG

完成見学会も明日、2日目が最終日となります!

20180602195502_00001.jpgのサムネール画像

皆様のご来場お待ちしております。
以上、荒木でした。



公開日時: 2018年6月 9日 20:54

地盤改良のリスク

暑い日が続いておりますが如何お過ごしでしょうか。

武谷です。

今回は地盤について少しお話させていただきます。

家を購入する際に、建物には皆さんよく注力されるのですが、

意外と見落としがちなのが地盤です。

もちろん、家を建てる前には地盤調査を行うのですが、

気をつけていただきたいことはその地盤改良の"方法"についてです。

何も考えずに住宅会社まかせで地盤改良を行うと

後々恐いことになるかもしれません...!といいますのも、

地盤改良の方法には代表的なもので大きく分けて下図の三つの方法があります。

shurui.jpg

コスト面などからも、殆んどの場合がセメントを用いたものを採用している

住宅会社が多いのが現状と言われています。

しかし、このセメントを用いた地盤改良にはリスクがあります。

一つ目は、あのアスベストと並ぶ発がん性物質である「六価クロム」

発生する可能性があるということです。

六価クロムが発生しない材料もあると言ってくる住宅会社さんもありますが、

可能性はゼロではありませんのでご注意を。

risuku1.jpg

公共工事では検査が義務付けられていますが、残念ながら一般住宅には

規制がありません。

なので、家で無農薬野菜の家庭菜園を♪なんて思っていても、

それどころの話ではありません。

二つ目は、土地の資産価値を下げてしまうかもしれないということです。

risuku2.jpg

もし、土壌が汚染されていると、その浄化費用や、またセメントなどが地中に

埋まっていると産業廃棄物扱いになり、撤去費用のリスクも出てきます。

今後、住宅性能が上がって、中古住宅の流通価値が上がってくると言われている中、

せっかく良いお家を建てても、土地の資産価値が下がってしまうのようでは本末転倒です。

三つ目は、液状化に対するリスクです。

risuku3.jpg

セメントが十分に固まっていなかったり、また、支持層といって固い地盤まで上手く

届いていなかったりなど、液状化に対する強さが十分に確保できない場合もあります。

これらは、住宅会社が地盤の部分を土木と考えていて、また、建物の方にコストを

掛けたいといった思惑があるこで比較的費用の安いセメントによる地盤改良を

行っていることによると言われています。

セメントを使用しない地盤改良もありますので、気になる方はお問合せください。

是非、見落としがちな地盤にも目を向けてみてくださいね。

では。



公開日時: 2018年6月 8日 11:23

資格講座

こんにちは☂
木村雅です。

先日、東京より株式会社TPC(http://www.tpcom.jp/)より出張講座をして頂き
「CPP 個人情報管理者資格講座」を2日間受講させて頂きました✎

CPP2 (2).jpegのサムネール画像のサムネール画像

2005年4月「個人情報保護法」の全面施工により、企業における
個人情報保護体制の強化が義務付けられるようになり、いづれの企業においても
、セキュリティー体制の構築はもちろんの事、個人情報を取り扱う従業員の教育の
ニーズが高まっています。

2日間の座学を終え2日目の最後は試験です。

CPP1(3).jpeg

試験に合格すれば、JPPAより「認定CPP資格」が付与され、個人情報保護管理者としての
知識・教育が備わっているものと証明されます。

その後、色々なHP等でも見られプライバシーマーク取得の申請が可能になります。
プライバシーマークとは・・・

d12318-9-8339812.jpg

ニュースなどでよくみる個人情報漏洩。
漏洩事件を起こした企業は民事、刑事訴訟を受け経済的損失を被ると共に社会的な信用を失ってしまいます。
社会的信用を得るために個人情報保護体制の構築が急務であり、また他社との差別化として
ビジネスチャンスの拡大が図れます。
プライバシーマークは個人情報の取り扱いを適正に行っている企業に対し認定される
制度であり、顧客や社会からの信用度も高いといわれています。

6月末の試験結果までドキドキです(>_<)





公開日時: 2018年6月 6日 14:30

« Newer Entries  4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14  
お問い合わせ・資料請求
  • tel.096-346-0230
  • fax.096-341-3531
  • お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP